property="og:title" content="ページタイトル" /> property="og:image" content="画像URL" /> はみ出し者の閾値
FC2ブログ
アメカジの・・と言うか、ジーンズの良い所は、
【普段着 兼 オシャレ着 兼 作業着】 ・・である所だと思う。

生地が弱ってくるまでは、しっかりと履いて、
生地が弱ってきたら、落ちた色を楽しみながら、時々履く。
・・・そうする事で、消耗の激しいボトムにおいても、消費を抑えることができる
(そういう意味において、「資源の消費」としては、エコロジーだとは思うのだが、
実際には綿花の栽培や選別、染色の工程においての環境負荷は高いので、
声高に「エコロジー」だとは言えない。) 。

なによりも、修理や破れもまたアジになる衣料の代表格だ。

ジーンズ好きな人や、アメカジの人は同じようにしているだろうと思うが、
高い頻度で履くジーパンを1本 “現在のメインジーパン” と決めておいて、
それ以外は、たまに履くだけにして、消耗を押さえている。
つまり、メインで履くジーパンは、 【普段着 兼 オシャレ着 兼 作業着】 だ。
私の場合は、メインで履くボトムは、その時によって違い、
5 pockets Jeans か、 Over All もしくは、 Painter Pants だ。
いずれの場合も、ブルーデニムや、ダッグ、ヒッコリーストライプなど、
丈夫な生地のものだ。


2017年9月15日の投稿 【忙しい人 (ジーンズが足りない)】 で書いた
Lee 101B 1944年model (復刻) は、もうとっくにメインでは履いていない
(あの後、1985年の501のデッドストックを1本メインにしたが、それも勿体ないので、
ある程度の色になったところでメインから外し、今はアメリカ生産最終期 (1999年製)
をメインにしている。シルエットは好きではないのだが・・・。) 。

この Lee 101B 1944model に関しては、
色がこれ以上落ちてほしくないし、大腿部分は今にも破れそうな程、薄くなっている。
それに、今の私にはコイツは、大きすぎる。


・・ってなわけで、 “保管” という事になるのだが、一応直してから保管したい。


直しの必要な所は、ポケットの糸切れだ。
101b1944poketbefore.jpg

Lee JAPAN のレプリカに使われている綿糸と同じ色・・
だと思われる綿糸を持っているのだが、
この部分に使われている糸よりも太い、#8 だ。
しかも、 “洗濯により色の変わった糸” と、 “新品” では違う色の糸に見える。

・・・悩んだ末に、#8 のその糸を使用することにした。
101b1944poketafter.jpg

『何だよ、目立つじゃねーか!。』・・と思うでしょう。

仕方ないです。 解れ防止に、返し縫いもしてますから・・・。
101b1944poketafter2.jpg




          にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
          
               



2020.02/09 Sun 13:08|洋裁 (リペア・改造 等)||TOP↑
ウーハン (武漢) の若者が配信している映像を見た
(是非、見てほしいです。→こちらです。)。


映像を作ったのは、 リン チェン (林晨) さん という方で、
Yahoo JAPAN JAPAN のニュース記事でこの映像のことを知った。


武漢の町が、大都市であることは知っていたが (地理は好きだ。) 、
ものすごい都会である事を映像で知って、ビックリした。

短い映像の中で、町の人が都市機能を維持しつつ、
淡々と事態の収束を待つ姿勢が、写っている。
彼が、このような映像を撮って配信したのは、とても素晴らしいと思う。

私には 何も力は無いが、せめて私が知っている知識だけでも、ブログに書くことで、
どう対応すればいいかわからず困っている人に少しでも参考になれば幸いだ・・
・・と思い、本稿を書くことにした。



ウイルスについて・・・。
ここでは、風邪やインフルエンザのようなウイルスについて述べます。
もちろん、今回騒がれているコロナウイルスも同じようなものですので
(風邪症候群は、コロナウイルスなのです。) 、ご参考に (↓以下↓) 。


子どもが幼稚園の時、カアチャンB が
『ウイルスを殺さなければならないでしょ!。』
『ウイルスがこの上で繁殖してしまったらどうすんのよ!。』
・・などと大騒ぎをしていたが
(またこのように書いてしまう 私は、心の底からあの人が嫌いなようだ。) 、

ウイルスはモノの上で単体で繁殖などしないし、
大抵のウイルスは、短時間で勝手に死ぬ
(但し、ノロウイルスのような 特殊な しぶといヤツは、除く。)
(だから、「2時間で空気中の98%のウイルスを除去(1㎥)」 とか言ってるモノには、
あまり意味はない。 しかも、すごく狭い空間の実験であることを、すご~く小さな字で隅の方にコッソリと記述してあったりするので、たちが悪い。
ウイルスを放出し続けている人がいる室内ならまだしも、
そうでない場合は、換気した方が早い。「どうしても!」・・って方は、業務用を!。)。
※※追記 (2020年2月7日) ※※
↑この↑ように書きましたが、カミサンから、「最近のは、もっと性能いいみたいよ。」
・・と、言われました。 
「マジ?。でも、結構デカいんじゃないの?。ちゃんと除去する為には、吸い込み量
を上げなきゃならんからなぁ。」 と・・尋ねると、カミサンは 「そう、大きいよ。◯△先生の家で見たけど、今年の最新モデルだって。」 と言う。 
このような性質の電化製品の場合、大きければ性能が良くなるのは当たり前だ。
あの当時から、業務用みたいに大きくして売ってればいいんだよ。 
イヤ、それ以前に、無意味な性能の物を恐怖を煽って売る姿勢や、有意義な性能にする
為に無駄に大きくして家庭に面積の負担を強いる事、何よりも、次から次へと何でも購入
をさせ続けようとする家電メーカーの姿勢そのものが、嫌いなのだ!!!。
だから買ってはならんのだ!。



なぜなら、ウイルスは生殖機能も持たないし、細胞分裂もしない。
捕食や排せつもしない。

・・ってなことで、 『生命ですらない。』 ・・と、学生時代に教わった。


では、どうやって生き延びているのか?。

生命ではないのに、遺伝子は存在するので、
宿主の生きた細胞を乗っ取って、その細胞に自らをコピーさせ、
コピーを大量に放出することで、
そのうち少数でも次の宿主にたどり着くことができれば、
絶滅を逃れうる・・・・。


・・・と言うことです (ウイルスだけでは、繁殖できないのです。) 。



次に、
感染について・・・。

前述したように、
ウイルスの感染・・・それは、【生きた細胞を乗っ取られる】・・と言うことです

私たちの皮膚は、傷つけない限り体液は出ません。
それは、死んだ皮膚によって守られているからです。
・・つまり、手や足にウイルスが付いても、感染しないという事です
(イボのように、湿った足などに感染するウイルスもありますが、
 風邪や肺炎を引き起こすウイルスはそんなことはありません。) 。

・・では、ウイルスはどこから生きた細胞に入り込むのか?。

・・・それは、生きた細胞がむき出しになっている所、
・・・つまり、粘膜です。
粘膜が外気に晒される可能性のある部分、それは数カ所しかありません。
目、鼻腔、口腔、性器・・・・それだけです (・・だよね?他にあるかな?。) 。


今回の話のウイルスの場合、基本的には、飛沫感染です。

くしゃみや咳による 目に見えないほどの唾液 などの飛沫は、
ウイルスが生きたまま、次の宿主に取り込まれる可能性は高いです
(前々回の投稿でも書いたように、だからこそ感染者及び疑いのある者が
 マスクを着けるのは、対策として有効
なのです。)。

飛沫感染の場合、非感染者は、
マスクで口や鼻を、眼鏡などで目を守ることができます。

また、手洗いをすることで、飛沫から手に付いたウイルスを、
飲み物のカップや箸やスプーンを介して口に取り入れることを防げます。
子どもは手洗いに関係なく、家の中だろうと外だろうとおかまいなく
手を口に入れるので、感染しやすいと言えます (ウチの子だ!。困ったモンだ。) 。
目もこすりますし・・・。


また、空気感染はしにくいのでしょうが、
人が密着していて空気の流れの無い空間の場合は、
感染者から放出される死んでいないウイルスを取り込むことは考えられます
(例えば、込み合った店内、混雑した電車内・・など。) 。
この場合は、マスクは無意味です。



・・では、どうやって感染のリスクを下げればよいのでしょう?。

まずは、 【必要も無いのに、密閉された人ごみに行かない事】 です。

しかし、都会の労働者にとっては、そういう訳にも行かないと思います。
毎日、通勤だけでもリスクが上がります。



鼻と目はそうそう守れませんが、性器は通常は下着などで守られています。
個人の力で守れるとすれば、口腔です。
・・・だから、うがいを勧められるのですが、
うがいの場合、家に帰ってきてはじめて、喉を洗い流すのですから、
それでは遅かったりするわけです (日本以外では行われていないらしいです。) 。

・・・ですので、(カゼの流行る時期には)
私は水筒を持ち歩いて、人の多い場所では
何度もを喉を流すことを心がけています

(ほとんど人ごみには行きませんが・・。)

そして、
子どもには、指を口に入れないように指導しています
(何度言っても、無駄ですが・・ね。それで毎度、感染するのです。困ったヤツだ。)
(手洗いも、全くやってくれないし、お手上げだゼ!。) 。



マスクを大量に買い占めても無意味な事が解っていただけるかと思います。
本来必要な医療機関や感染者に、マスクがいきわたらないような事態になるのは、
本末転倒です。

本来なら、企業や国には そのようなことにならないようにする責任がありますが、
なんせ、「お金儲け優先」の企業や 「お金持ち&大企業 優遇」のお金大好き政治屋
が動かしてる国ですから・・・。 イヤんなっちゃうゼ。


それでも、なお、マスクを大量に買い占めよう・・と思う方には
布や不織布の不完全なマスクなんかよりも、
完全防備である NATO軍最新装備の ↓コレ↓ をお勧めします。
SGE150 価格38,000円 送料無料。フィルター1個付き。楽天最安値!。
従来の各国軍のガスマスクのように、視界も狭くはなく、不審者感も少な目です!(笑)。



『・・ンなモン勧めんな!。
    N95とかN98でいいわ!。アホ!。』

・・って、思った方。 アレらは、ちゃんとした付け方があるのですよ
(医療従事者は、講習を受けた上で、装着しているのです。) 。


前の新型インフルエンザの騒ぎの時
(・・だったかな?。SARS以来、何回も騒ぎがあったよな・・。) 、
無意味な付け方してた人を何人も見かけました (爆笑) 。

ちゃんと講習受けて付けても、時間と共にズレてきますし・・。
コイツなら、ズレませんよ・・・。

※真面目な気持ちで書き始めたのに、
結局最後は、こんな風になってしまいました。 すみません。※

            にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
            
               


2020.02/05 Wed 10:57|主夫(主婦)の知恵 (工夫・節約・知識など)||トラックバック(0)TOP↑
スマートフォンを常に見続けている人たちは、何を見てるんだろうか?。

子どもが幼稚園の頃、
どうでもいい事即座に検索するカアチャンBを見て、
私は、『検討したり、思考したり・・・ってのが抜け落ちてるな。』
    『だから、記憶に残らないのかも・・この人。』
      ・・・って感じてた。

“すぐに、その場で検索” ・・・・・そんな光景が当たり前になった現在、
情報の共有の為、携帯電話やスマートフォンを持たない人間は許されない
(どうでもいい細かい事ばっかり押し付ける めんどくせー世の中だゼ!。) 。

子どもが幼稚園に入った頃、携帯電話をやめようと思っていたのだが、
『幼稚園からのお知らせメールの登録がされていないのですが・・。』
・・と、園側から言われ、
 【絶対に持っていなければならないモノ】 であることを思い知らされた
(家に置きっぱなしの “不携帯電話” だったのだが、子どもの高熱での早退の
「引き取り願い」 の電話が通じなくて、メールも当然見ていない・・・
・・・と、迷惑をかけてしまったのだ・・・。) 。

・・・だから、仕方なく携帯電話を持っている (荷物を持ちたくないのだ。) 。

その携帯電話だが、
子どもが小学校に行きだしてから、学校からのメールが頻繁に届くようになった。
特に多いのが、【不審者情報】だ。

もちろん、明らかにおかしな人の情報はある。
しかし、中には 『変な走り方をした若い男』 ・・とか、
『独り言を言いながら歩く30代くらいの女』 ・・などの、
【本当に不審者なのか怪しい情報】 も送られてくる。
こういうのは、おおかた子どもの話から情報を得たものであろうが、
子どもなので、言語に表出する力が不足していたり、
「社会には多様な人がいる」 という認識が乏しかったりするのだと思う。
だからこそ、子どもの話から、事実を想像したり検討したりする
大人の側の能力が試されていると思う。


・・まあ、いつも、ヒドイ文書を書いている私がこんなこと↑を言うのも
甚だオカシイとは思うのだが・・・
(前回の投稿なんて、全く主旨がわからない文だ。 要は、
「【商業主義と不誠実な行政対応とが、無知と混乱を助長している事】に、
腹も立つし、呆れかえっている」・・って事を書いたのだが、文は無茶苦茶・・・。
お恥ずかしい限りだ。機会を見て書き直さねばならん・・・。) 。



先日、去年から仲良くさせてもらっている聡明な方と、
「言葉と文字と教育」の話 (メールだが・・) をする機会があり、
“言葉を文章化する能力” について、アレコレ考えていた所だったのだが、
言葉が独り歩きしたせいで、無意味な事をしているかのような、
ビックリするニュースがあった (以下:青字) 。

岐阜中署は28日、建造物侵入の疑いで、いずれも自称、岐阜市加納鉄砲町、医師の男(87)を現行犯逮捕した。
逮捕容疑は同日午前9時10分ごろ、正当な理由がないのに同市神田町のビルに侵入した疑い。
署によると、目撃した男性が「ビルの1階にある銅像の胸をもんでいる不審者がいる」と110番した。
(銅像の胸もんでいる...87歳の男逮捕.岐阜新聞web:2020年01月29日)


・・・って、銅像ですよ、銅像
『揉む』って・・・・・、揉める訳ナイじゃん!。

通報者は、冗談のつもりだったのだろうか?。
しかし、使った言葉は、間違っているんじゃないか?。
『揉む』 って、
「指と手掌で力を加える」 ことか、
「両手で対象を挟んで、互い違いの方向にねじるような動きをする」 こと
・・・だとおもうんだけど・・
(後者は「方言なのかも・・?。」・・と思って、辞書を引いたが、
こちらの方が①となってた。他には「激しく揺り動かす(みこしなど)」・・
とかあったのだが、やはり 「銅像の胸を揉む」 ・・・
・・なんでことが当てはまるような意味合いは、無いようであった。) 。

基本的な言葉については、“検索” じゃなくて、辞書引こうぜ!。
IMGP5671.jpg
でないと、身に付かないかもよ・・ (私感です。) 。



半分冗談みたいな通報者の、ありえない表現の通報を受け、
『胸を揉む』って、部分だけを切り取って、その雰囲気に騙され、
銅像を触っている老人を逮捕してしまう・・・。


なんて、頭の悪い 世の中なんでしょう・・・。

頭の悪そうな文書を書くオレ以下だゼ!

思考が抜け落ちてるんだろうな・・・。





            にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
            
               


2020.02/03 Mon 04:57|未分類 (あれこれ)||トラックバック(0)TOP↑
新型のコロナウイルスが話題になってるが、
『ウイルスとは何か?。』 とか、基礎的な事もわからないメディアが、
騒ぎを煽っているような気がする。
もちろん、商売をする側からすれば、騒がれれば騒がれる程儲かるので、
騒ぎは歓迎なんだろうが、善良な庶民にとってはメイワク以外の何者でもない。

かなり前の SARS の時もそうだったが、
騒ぎに踊らされた人が狂ったようにマスクを求めていたり、
明らかにおかしなマスクの使い方をしていたりした。
そして、あの時も、店頭に積み上げられたマスクの山が見られたり
楽天の店には全くジャンルの違うマスク販売のページを設ける業者が沢山いたりした。

そして、医学的知識の欠片も無いのに、間違った情報を、
売る側も買う側も互いに煽り合い (レビューは酷いモノであった。) 、
私には彼らが、まるでカルト宗教に嵌った人たちに見えた。


そもそも、世間の感染予防に対する認識が間違っている。

マスクの繊維が ウイルスを止められようが 止められまいが、
吐息によって湿ったマスクは、一定のウイルス吸着効果をもたらすであろうし、
なによりも飛沫感染は防げる。
・・・つまり、その効果を最大限に発揮するためには、
非感染者ではなく、
感染者 (および感染疑いのある者) が
マスクをつけるべきである!。

このことをメディアが訴えているようには見えない!!
(テレビを見てないので知らんが、ネット上でそんな訴えを見たことはない。)


また、感染者は不用意に外出をしない事・・・であったり、
非感染者もこのような時期に不必要に人の多く集まる所に行かない事・・・
・・・・とか、イロイロ周知させなければならないことがある。
そもそも、マスクの付け方もテキトー過ぎるし・・・。


・・・・おっと、これ以上は脱線しそうなので、本題に・・・・ (以下) 。

不顕性感染とは、早い話が、 【無症状の感染者】 の事である。

つまり、またも前の話に戻るが、
自分が非感染者だと感じても、実は無症状なだけなのかもしれないので、
身近に感染者がいる場合は、外出時にマスクをすることは、
感染拡大を避けるためには大切なことである・・・。


・・・で、今回の投稿は、ウチで起こった不顕性感染について・・・だ。

3日前、突然カミサンが顔のほてりを訴えた。
頬が、少しだけ赤みかかっている。
『更年期じゃないかな?。』 ・・と言う私に、
『ん~、少し違う気がするんだよね。』 ・・とカミサンは答える。
『・・・だとすると・・・、アレ?。』 ・・・と、私。
『まさか?、そんなことある?。』 ・・とカミサン。
『アレは普通、子どもしかかからないし、大人がかかるのは稀だよな。』 ・・と、私。

「アレ」・・だけで話が通じてしまったのであるが、
いわゆる 【リンゴ病】 、伝染性紅斑 の事である。

私 : 『君の客に居た?、伝染性紅斑の子。』
カミサン : 『居ないよ。』
子ども : 『伝しぇんしぇーこーはん・・って何?。』
カミサン : 『リンゴ病っていう病気。軽い風邪みたいなモノだよ。』
子ども : 『それなら、◯◯ちゃん、この間なったわ。』
私とカミサン : 『不顕性感染だ・・。(笑)』

つまり、ウチの子どもが不顕性感染で、子どもからうつったらしい。

一応、トシのこともあるので、信頼する内科医に診てもらいに行ったのだが、
やはり、リンゴ病であった。
ちなみに、治療も何もない。
頬が紅くなった時には、既に感染は無いとされる。


何でもそうだが、分かっていれば全く惑わされることはないのだが、
知らない人が恐怖に負けてうわさ話に流されると、
とんでもない量のマスクを買ってしまったり、
誰かを差別してしまったり、
混乱や差別を助長したりしてしまう。

そして、もちろん、感染も拡大させてしまう・・・。


2週間前に子どもがインフルエンザに罹った時、
私は自分の不顕性感染を疑って、外出を最小限にし、
外出時はマスクを付けた。
これは、感染を広げないための心得だと思っている。



しかし、≪感染を広げないためのこのような知識≫を、メディアは報道しているか?。
今回のコロナウイルスの件も、ずっと前の SARS の時と同じように見える。
アノ時からほとんど進歩してないんだろうなぁ~、この国はよぉ~。

今回のコロナウイルスの件も、悪徳業者に騙されたりせず、
基礎疾患を持つ人や高齢者は当然だが、普通の人も、
不必要な外出をせず (空気の流れの無い所に行かない) 、
人のいる空間では予防につとめるようにしてほしい所です・・。

・・が、TV で煽られた所なんかに、
【行きたくてたまんない】人たちって、
たくさんいるんだよね。


自分の大切なモノ、 『私にはコレがある!。』 ・・てのを
持っていない人って、TV とか、流行とかに踊らされたり、
スマートフォンをいじり続ける依存になったりしやすいんだよね。
そして、そういう人たちって、
パニックをパンデミックさせるような企業の宣伝や
知識の欠落したメディアの情報にしっかり騙されて、
前回の SARS の時同様、また今回もパニック発言と行動 を撒き散らすのだ
・・・・と思うと、甚だウンザリするのです・・・。

やだね・・・。





・・・と、前回の SARS の時、マスクでぼろ儲けを企んで、出店者にマスクの仕入れを
煽りまくって、パニックをパンデミックさせた企業、楽天を、
批判してまいりました私ですが、実はその悪徳企業の手先なのです。
・・で、手先である私・・・からの広告です↓コレ↓。
      
      ・・ってなアフィリエイトで、
   儲かった例は無いです (大笑) 。




            にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
            
               


2020.02/01 Sat 16:51|未分類 (あれこれ)||トラックバック(0)TOP↑
どこかの大学で、准教授をハサミで刺したヤツがいたらしい。

・・・ハッキリ言って、私には どうでもいいニュース だ。
・・アホなヤツがいたんだね・・・ってくらいの感想しかない。

なんでも、レポートの期限が守れず、留年しそうだったから刺したらしい。
・・・刺したって、留年が覆るわけでもないのに。


こういうニュースを聞いて、知人やら遠い親戚やら (の一部) は、
 私がカッコをやめた時のことに思いを馳せてしまうのだろう。


毎年、年末恒例の “お叱り電話” を避けるために、
12月27日から携帯電話の電源を切っていたのが原因かもしれないが、
このニュースが流れた次の日から、早速
年末恒例の “お叱り電話” の該当者から着信。

もちろん、シカト! (笑)


・・ったく、コイツらは、どれだけ説明しても理解できないのだ。

私はこれまで、何度も説明してきた。
成績はダントツ1番だったこと。 もちろん、レポートは提出すれば、毎回 最高評定。

コイツらときたら、・・そこまで聞いて、反論できなくなったら、
『どうせ、なんか悪い事でもしたんだろ!。』 ・・・と、
インプットされたプログラムのように、どいつもこいつも 同じことを言う。
bot かよ! (笑) 。

『自分の将来をかけた進学なのに、ンな事するワケねーだろ!。』
 ・・・と言う私に対しても、

『お前が気づいていないだけで、何かをやってしまったんじゃねーか?。』
   とか、
『目立つ格好をしてるからだ。』
   ・・・・などと、コイツらは喰い下がってくる。


もう、ウンザリ!。何年経っても、毎度毎度、同じ話。



コイツらは、何故気が付かないんだろう?。

自分自身が理由を付けて叱りつけたくなる相手 (私) の
何がそういう気持ちにさせているのか・・・を。

そもそもコイツらは、理由など無くても無理矢理に理由を付けて、
これまでにも私を叱ってきた。


いいや、それ以前に、
初対面であいさつをする私に対して、
ヒドイ態度で接してきたではないか

 (私は、顔に似合わず、丁寧に頭を下げてあいさつするクセが付いているし、
   初対面の人が不快な思いをしないように気を付けているつもりだ。)

つまり、これまでにも何人かの人間に指摘されたが、
私は、 【ある一定の人たちには、 “生理的に” 攻撃したくなる】 何かを持っている
   ・・・・と言うことなのだろう。

コイツらは、自分の怒りの気持ちの源泉を、よくよく考えて、
そこんとこに気が付くべきだ。

・・・って、コイツらに言ってやれ・・・って言ってくれる友人たちもいるけど、
もう とっくに言ってある・・・ (笑) 。

コイツらは、 “ストレスのはけ口” として、私に興味があるのだろうが、
私は、コイツらには、興味はない!。

だから、サッサと私から離れて行ってほしい。
もう、電話もメールも年賀状も いらないって・・・。







            にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
            
               


2020.01/19 Sun 14:10|はみ出し者||トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

DANGER MELON 

Author:DANGER MELON 
はみ出し者と言われ続けて30数年の某県△△市在住197?年生まれ自称39歳の専業主夫。

履歴:高校在学中に無認可障害者施設開所運動に関わり、高校卒業と同時に開所。以後数年間施設職員。それ以後は仕事も無くアルバイト+他で何とか食い繋ぐ。医療職を目指し齢31で進学、6年次に難癖付けられて退学。以後専業主夫。

思想:平和と民主主義を望む。足元はブーツのみ。セーターは着ない主義。

嫌いなモノ:差別、キノコ、弱い者イジメ。

好きなモノ:多数。書ききれません。当ブログ内で少しづつ紹介していきます。

過去の日付の遅延投稿 ならびに 最新追記 については、カテゴリー【おしらせ】をお読み下さい。友人の皆さんへのメッセージもあります。リンクについての記述もございます。 


※限定公開記事のパスワードは、連絡が取れる方は本人にご確認下さい。
※文書および画像の無断転載、また日記的出来事のエピソードの流用を禁じます。それらを発見した時は、法的措置を取らせていただきます。
※但し、政治屋批判の画像に関しては、遠慮なくご自由にお使いください。断りも入れなくて結構です。
※エピソード流用をご希望の方は、ご連絡下さい。
※どうしても連絡が必要な方は、連絡方法をご面倒ですがお探しください。

※月別・カテゴリー別・記事検索結果は、古→新と表示されますので、最下部のOLDをクリックしても、新しい記事になります。

最新記事
カテゴリ
参加しています
検索フォーム
月別アーカイブ
アクセス
閲覧中
現在の閲覧者数:
リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR