property="og:title" content="ページタイトル" /> property="og:image" content="画像URL" /> 洋裁 (リペア・改造 等)はみ出し者の閾値
FC2ブログ

流行に関係なくずっと着れるから、アメカジが好きだ。

好みのスタイルは違っても、『大好きな服はいつまでも着たい。』と言う方は多いと思う。
しかし、アメカジの良さは、【ボロボロになっても、修理してあっても、おかしくはない】と言うところだと思う。
服飾産業に対しては、他にも言いたいことはあるが、後日改めて書かせていただくことにする。


今回は、もはや何ヶ所も修理の手が入った、BIG MACのコットンフランネルシャツのボタンホールの修理をおこなった。

bigmacnelreper2.jpg
↑袖のボタンホール部分が、長年の使用によりステッチ横の生地がちぎれてしまっている(右の穴が本来のボタンホール)。

まず、ボタンホールのステッチの残っている部分と穴の向こう側の生地を?ぐように、ジグザグにミシンをかける↓。
bigmacnelreper.jpg
私のミシンは汎用の職業用ミシンなので、ジグザグ縫いはできないので、ひと針ずつ縫いの向きを変えて繋げていく。

この後は、生地に沿って往復にステッチをかけて完成である。

右のように破損箇所が同じ色の場合は、ほとんど目立たない↓。
bigmacnelreperend.jpg


まだまだ着るよ!。
『もう捨てろよ』とか言わないでくれ! (笑) 。




            にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
            
               



2012.04/21 Sat 00:00|洋裁 (リペア・改造 等)||TOP↑
友人からのメッセージで、夜な夜な裁縫をしている話があったので、私も友人が手縫いしていることを考えつつ、夜な夜な手縫いの修理をすることにした。

まず、対応する体重をすっかり超えてしまっても使い続けている、だっこひもの修理をした(ベビービョルンのベビーキャリアの昔のモデルは、現行のモノよりも対応できる体重が2kgだったかな・・とにかく少ないのだ)。

その時に紺色の糸を使ったので、ついでなので少し前から気になっていた70年代の Levi's 70705 のボタンホールの修理をすることにした (以下) 。

  ↓こんな感じになっている。この時点で修理せねば、たいへんなことになっちゃうので、修理すべし。
      bh001.jpg




まず、生きている部分からかがり縫いをする。
bh002.jpg




                進んでいくと、ほつれた部分に架かっていく。
              bh003.jpg




反対側の生きている部分まで縫う。そして、一旦糸を結ぶ。
bh005.jpg

bh006.jpg



  次は、その部分からスタートし、反対向きに縫っていく。
1回目の縫い目の間に針を通していく。
      写真はかなり進んだところ。
bh007.jpg




 反対側 (最初のスタート地点) まで縫って、縫い終わり。
bh008.jpg



一応完成。
bh009.jpg


いつもは、この周りに沿ってミシンをかけるのだが、今回は夜中なので見合わせた。
bh009.jpg

これを本日は4ヵ所やって、終了。






            にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
            
               


2012.11/28 Wed 00:00|洋裁 (リペア・改造 等)||TOP↑
セントジェームスのバスクシャツは、大好きだ。
普段は、濃いアメカジの私だが、時々キレイ目のカジュアルにしたくて、秋口や春先にバスクシャツを着ることを楽しみにしている。


今回の投稿は、↓この↓タグが付いていた頃のセントジェームスの話である。
IMGP3729.jpg

この頃のは、身頃は細身で、丈が長い。
更には、袖の先がテーパーしておらず、着用すると、袖先がフレアパンツのようにバタつく (この状態を、私は 『袖ブーツカット』 と呼んでる) 。

そこで、ひっくり返して、肘部分からつめる。
IMGP3730.jpg

↑写真ではわかりづらいが、ジッポの上部から眼鏡のテンプルの先まで縫ってある。
所要時間、2分。


こんな感じ。ほんの少しつめるだけで、かなり着た時のラインは変わる。
IMGP3728.jpg
簡単にできるので、 『んなもん、着れるか!。』 とか言わずに、持ってる人は試してください。


改造前はロールアップしてましたが、それもナカナカいい感じなので、面倒な人はそういう着かたもいいですね。
半袖に改造するのも いいかも・・。


裾が長いのに関しては、このモデルの場合、裾を詰めると模様がオカシクなってしまうので、ボリュームのあるパンツを合わせてバランスをとって着ています。
私の場合は、M47を合わせていることが多いです。


しかし・・・、昼間は・・・
この南国並みの△△市の気候じゃ、もう暑くて着れないよ・・・。





にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村


2018.03/31 Sat 02:30|洋裁 (リペア・改造 等)||トラックバック(0)TOP↑
格安で手に入れたソフィーのヘンリーネックTである。
プリントの質とタグ情報より、少なくとも90年代より前のモノだと思われる (90年代は、こんなプリントではなかった。) 。
下着らしい裾のラウンドカットが、着こなしにくいと思う方も多いとは思うが、それを上手く着こなせるかどうかは、身長との関係は大きいと思う。
幸いサイズはS、長さとしては私にはちょうど良かった。
Healthknit とは違い、身頃は細めなので、すっきりと着こなせる (Healthknit の USA 製の頃のモノの話です。現行品の話ではありません。現行品は細身ですっきりしていますね。) 。
ヘルスニットのヘンリーネックT (made in USA) は、丈は短いのに身幅がやたらと大きいので、そちらのほうがかえって着こなしにくい気がする。


さて、何故格安であったかと言うと、肩部分の縫製不良があったからである。
IMGP1374.jpg
ロックシームで仕上げる際に、片側の生地を巻き込み損ねたのだ。
そのため、穴になっていると同時に、片側の生地だけロックがかかっていない。

裏側から、生地を合わせてみる。
IMGP1377.jpg
少し、足りない。

しわができないように、うまく寄せて・・・・
IMGP1378.jpg

そのまま、ポリエステルスパン#50で縫製。
できるだけ、継ぎ目が目立たぬように、滑らかなラインを意識して、・・・
IMGP1379.jpg
縫製がうまくいっている部分も巻き込む (グレーの糸なので、全然見えませんね。すみません。) 。
この後、ポリエステルスパン#50で、ロックをかけて、終了。

表から見た所 (写真は、洗濯後) 。
IMGP1380.jpg


しかし、このヘンリーネック、すごい仕様なのだ。
ボートネックを切断して、無理やり作ってる。
IMGP1381.jpg
切断部分を折り曲げて縫ってあるだけ・・・・。
サスガと言うか、なんと言うか・・・・・、
なんていい加減なんだ・・・・。
ここからほつれてくるのは必至。

ここは手縫いで、かがり縫いをしました (画像無しですみません。) 。


1度洗濯したら、タグのプリントも全て消えてしまった・・・・。
写真撮っておけばよかった・・・・・。


シャツの下に、下着として、3日に1度は着ていました。
暑くなってきた現在は、普通にトップスとして着ています。
着心地は、すごくいいです。












にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村


2018.05/31 Thu 01:50|洋裁 (リペア・改造 等)||トラックバック(0)TOP↑
Lee の復刻版101Bである (たぶん、1946年モデル) 。
Lee の復刻版は、 【アーカイヴシリーズ】 と言う名前が付くよりも前のモノ (1990年の 101Z もいまだに持ってる。) から始まって、もはや沢山ありすぎて、コレが、いつの頃のモノなのかわからないし、覚えてもいない (どうやら現行は、 【・・シリーズ】 ではなく、 【Lee ARCHIVES】 って言うらしい。) 。

好きなことに関しての、ものすごい記憶力を誇る私なので、
『オマエが覚えてないなんて、珍しいな。』 ・・と、友人たちに言われそうだが、
仕方がない。

だってコレ、カミサンのだもん (私に負けない位に、いっぱい持ってる。) 。

・・・で、歴代の Lee 101 に多い片ミミ仕様である。
そのため、ロールアップ部分でロック糸が切れることがある。
特に、初期の復刻版とは違い、90年代後半からは綿糸なので尚更だ。
IMGP3915.jpg
私が7月7日の昼にコレを見つけた時は、既に
【ロック糸が切れてから、3回ほど洗濯をした後】
・・である、このほつれ状態だったのだ。
後でカミサンに、
『糸が切れだした時点で言ってくれれば良かったのに』
・・と、言ったら、
『言われて初めて気が付いたわ。』
・・と、言う (やっぱり、大物は違うね。こんな小さなことは、気にしないんだよ。カミサンは、私にはもったいないくらいの大物である。そして、大物の傍には、細かいことを気にして行動する者がついているモンだ。) 。


7月7日の夜、大雨特別警報が発令された中、災害に備えた最後の準備をした。
災害への備えは普段からしてあるが、避難の準備は、直前にしなければならないモノもある。
避難用のタンクに水道水を入れ、2台の車に積んだ (それ以外の非常用品は、年中搭載されてる。)
(アベ自民党は、どさくさに紛れて水道法改悪案を可決したが、貧乏人は非常時に水の備蓄をできなくて死ぬ世の中が来るかもしれないね。あーヤダヤダ・・・。これについては、またの機会に書きたいと思う。) 。

屋内に留まる場合の為の準備も終わって、PCを起動、前回のブログ投稿をし、自治体のHPを開きっぱなしにする (ウチは、テレビもスマートフォンも無いので、災害時はこういう情報収集になる。) 。

その後は、情報待ちで待機するだけ・・・。
やることも無くなったので、隣近所が災害対策に取り掛かる中、
真夜中に、これの修理をやることにしたのだ。

ここまでほつれていたら、ロックミシンを使っても大した仕上がりにはならない。
片側のほつれは、特にひどい。針糸も残っていない (針糸があった部分までほつれてる。) 。

ミシンに糸をかけるのも面倒なので
(糸を3本に分けなきゃならないし・・。しかも夜中だし・・。) 、
手縫いにすることにした。
同じ色の綿糸 (但し、色落ちしてないから、実際には違う色に見える。) は、#8しかなかったので、
現在の色落ち状態とは、あまり似てるとは言い難い色の
コアヤーン糸#30を2本重ねでかがり縫いをした。
IMGP3920.jpg

このままじゃ、しまりがないので、
針糸が無い側にダミーのステッチを入れる。
IMGP3921.jpg


更に、もう一度先に縫った縫い目と縫い目の間に、
7:3の間隔でかがり縫いを施すことで、遠目にはロックミシン風に見え・・・
・・・見え・・ない・・・かなぁ~・・ (希望) 。
IMGP3922.jpg

まあ、いいか・・・。

これで、洗濯も普段使いも大丈夫だろうし・・・。



※※今回の雨は、私の所は、とりあえずは何とか乗り切れました。友人で被害に遭った方、ネット上の仲間も大切な友人です。遠慮なく連絡ください。アドレスは変わっていません。何ができるかわかりませんが、できることをします。※※




       にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
       



2018.07/09 Mon 22:51|洋裁 (リペア・改造 等)||トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

DANGER MELON 

Author:DANGER MELON 
はみ出し者と言われ続けて30数年の某県△△市在住197?年生まれ自称39歳の専業主夫。

履歴:高校在学中に無認可障害者施設開所運動に関わり、高校卒業と同時に開所。以後数年間施設職員。それ以後は仕事も無くアルバイト+他で何とか食い繋ぐ。医療職を目指し齢31で進学、6年次に難癖付けられて退学。以後専業主夫。

思想:平和と民主主義を望む。足元はブーツのみ。セーターは着ない主義。

嫌いなモノ:差別、キノコ、弱い者イジメ。

好きなモノ:多数。書ききれません。当ブログ内で少しづつ紹介していきます。

過去の日付の遅延投稿 ならびに 最新追記 については、カテゴリー【おしらせ】をお読み下さい。友人の皆さんへのメッセージもあります。リンクについての記述もございます。 


※限定公開記事のパスワードは、連絡が取れる方は本人にご確認下さい。
※文書および画像の無断転載、また日記的出来事のエピソードの流用を禁じます。それらを発見した時は、法的措置を取らせていただきます。
※但し、政治屋批判の画像に関しては、遠慮なくご自由にお使いください。断りも入れなくて結構です。
※エピソード流用をご希望の方は、ご連絡下さい。
※どうしても連絡が必要な方は、連絡方法をご面倒ですがお探しください。

※月別・カテゴリー別・記事検索結果は、古→新と表示されますので、最下部のOLDをクリックしても、新しい記事になります。

最新記事
カテゴリ
参加しています
月別アーカイブ
アクセス
閲覧中
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR