property="og:title" content="ページタイトル" /> property="og:image" content="画像URL" /> おもちゃ・絵本はみ出し者の閾値
FC2ブログ
暑いので、毎日、午前中は裸で風呂場で水遊びをさせている。

去年の今頃は、寝返りを打てるようになったばかりで (とは言え、7日間は腹臥位から背臥位に戻ることができなかった。あの1週間は、私は夜も眠れなかった。今考えると笑えるのだが、大変であった。) 、自由に動くこともできず、あせもができないように1日に何回も清拭していた。
今年の夏は、私のあせも予防も兼ねて、2人で水浴びをしつつ水遊びをして、汗を流すことにした。
私は10分ほどで、 『お父さんは、大人だからフル○ンでいるわけにはいかないんだ。 突然、お客さんが来るかもしれないからね。 先に着替えるよ。』 と、声をかけ、先に着替えて、以降は風呂場の外から子どもを見ている。


まだ、ウチの子には早いが、水遊び用のおもちゃを昨年末に買った。
↓これ↓。


  
私は近所で買ったが、近くに取り扱っているお店が無くても、ネットならどこにいたって買える ( 「すごいよね」 って、つくづく思うよ。) 。

子どものおもちゃを買う時 (子どものおもちゃだけでなく、全ての買い物の際に・・ではあるが) に気を付けたいのは、 【貨幣価値の違う国の子どもを働かせて作ったものでないこと】 、 【貨幣価値の違う国の貧しい人を安い賃金でこき使って作ったものでないこと】 だ。
できる限りではあるが、こういうことを大切にしていると、多くの人から文句を付けられる。 
『なにがなんでも、安ければよい』 とか言うのは言語道断だが、流行に左右された生活をし、ユニクロの搾取服を1シーズンで使い捨てにして、さらには携帯電話もPCもデジカメも持っている人が 『私たちだって貧しいんだ。仕方がない。』 などと言うのは、ブン殴ってやりたくなる (もちろん、殴ったりせずに、相手が反論できなくなるまで論破するのであるが・・・。最近、私の周囲にはロクな奴がいないよ・・・。 
それどころか、 『○○人のことなんて、どうなったっていいよ。あいつらが苦労しようが、病気になろうが、労働が元で死のうが、どうなろうが俺には関係ないし、知らん。』 などと言う奴もいる。反論したら、話を “私が主夫をしていること” にすり替えてくるし、マジで殴ってやろうかと思っちゃった・・・。昔はあんなヤツじゃなかったのに・・。) 。

その点、このおもちゃはドイツのメーカーが作った、 Made in Germany であるので、 【貨幣価値の違う国の人からの搾取によってつくられた製品ではない】 ので、安心だ (世界中のメーカーが、他国から搾取をしている中で、この様な真面目なモノづくりをしている商品があるのは、とても大切な事だし、搾取した製品と比較すると高いが、搾取していないモノにお金を出すべきだ。) 。

ウチの子にはまだ早いので、このおもちゃセットの一部だけを使っている。
まずは、水車。  900mlのペットボトルの上に、水車を載せて水道をほんの少しだけひねって水をチョロチョロと落として、回している。ウチの子は回るものが大好きなので大喜びだ。

次に、スプーン。  洗面器に水を張り、色とりどりのペットボトルのキャップを浮かべて、回す。それをスプーンですくって洗面器の外に出す。 さすがにウチの子には早いので (まだ、スプーンを自分で使って食べていない。) 、手を取って一緒にやっている。

まあ、このおもちゃは、まだまだ先に活躍してくれるであろう。


今の段階で、ウチの子が一番楽しんでいるのは、ケチャップのペットボトルを洗面器に突っ込んで中に水を入れ、それを洗面器の外に出す。 洗面器に水が少なくなると、私が 先程の水車の下のペットボトルから補充する。 
これを、延々と1時間半くらいやっている。

安い搾取の製品を買うのは嫌だが、お金をかけるだけが能ではない。 洗面器とペットボトルとペットボトルのキャップだけでも、十分に子どもは喜んでくれる。





にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村


2013.07/03 Wed 02:42|おもちゃ・絵本||トラックバック(0)TOP↑
ウチの子は、まだ話ができないのであるが、それは発語が無いだけで、言語的理解が皆無なわけではない事は8月10日の投稿 “1歳半の発達2” で触れた。

1歳3カ月の頃、もらい物の絵本で、積み木を積んでいる絵がかいてあるものを見せたことがあったのであるが、
その本に合わせて、積み木を積んで見せたわけではないのに、積み木を積んでいるその絵本のページを私の所に広げて持ってきて、その後、積み木を指さして 『同じものを作って』 と言わんばかりに要求してきたことがあった。

積み木と絵本
ヘレン・オクセンバリー 作 (1981) 『あそび』 文化出版局
子どもが持っているのは、FELIXのケチャップの空容器。


つくってやると、絵本の通りに真似をして壊すのであるが、何度も作ってくれとせがむ。
3度目位になると、作り終わるのが待ちきれないようで、積み上げている最中に壊しはじめる・・・。
せっかちな奴だぜ (笑) 。


実は、いわゆるブロック系のおもちゃにせずに、積み木にこだわっている理由がある。

それは、まず、 ≪保存できない事≫ が挙げられる。
最初から作り直さねばならないことで、立体を構成する能力を何度も繰り返し使わねばならなくなる。

次に、 ≪重力との関係において、組み合わせが限定される≫ 。
重力に逆らった組み合わせができないため、構成に工夫が必要であったり、支えとなる仮のパーツを見ないようにして立体造形物を鑑賞するという、より高度な認知が要求される (それどころか、単なる積み上げさえもしてくれないのだが・・・・。笑) 。

そして、 ≪壊れない≫ と言うこと。
原材料は木なので、ひとつひとつのパーツが壊れない。

最後に、 ≪搾取で作った製品は買わない≫ って事。
ブロックの類はほとんどが、貨幣価値の違う国の人たちからの搾取で作られているが、積み木ならまだそのメーカーのある国で作られているモノもある。

↓HEROS ( ハーマンロスバーグ社 )の積み木はmade in Germany。50ピース入りがオススメ。




↑『白木』 って書いてありますが、白木ではありません。透明コーティングされています。その方が、よだれだらけになっても洗えるので私は好きです。

ウチでは、色付きと色なしの2つを混ぜて使っている。
もちろん、ウチのは中古だけど・・・。

絵本はコレ↓。古い本だが、なかなかいいよ。字が全く無く、絵だけ。
ヘレン・オクセンバリー 作 (1981) 『あそび』 文化出版局

ヘレン・オクセンバリー 作 (1981) 『ともだち』 文化出版局

ヘレン・オクセンバリー 作 (1981) 『しごと』 文化出版局

ヘレン・オクセンバリー 作 (1981) 『かぞく』 文化出版局

ヘレン・オクセンバリー 作 (1981) 『したく』 文化出版局

にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村


2013.08/17 Sat 02:42|おもちゃ・絵本||トラックバック(0)TOP↑
これ、ただのペットボトルのキャップである。 洗って、熱湯で消毒してある (でも、香料の匂いが取れないんだよね・・・。私たちは不自然な香りに囲まれて暮らしているのだ。 先進国の方が病気になる訳だよ。 困ったモンだゼ。) 。

capinbottle.jpg

写真のように、アメリカのピーナッツのペットボトルに半分弱まで入れて、1歳ごろまでは、振って遊ばせていたのだが、今は、ボトル一杯までキャップを入れて、時々ボトルから出しては同じ柄の色違いを集めたり、同じ色で色分けしたり・・・を促しては、させている。
そもそも、思いついたのは、友人の子どもが、ペットボトルのキャップを並べては、 「イエロー」 などと言って喜んでいたのを見たからなのだが (友人の子はハーフなので、日本語と英語が混ざっている) 、友人の子どもが1歳半で色名を言葉で言っていたのとは対照的に、ウチの子は1歳半を超えても、全く発語できていない。

まあ、発語はともかく、ウチの子には、図形の認識能力の獲得や、図柄や色彩に対するセンスが磨かれることを目的としている部分が大きなウエイトを占めている。

私が工業デザインが好きな事もあるのだが、子どもにも様々なデザインの面白さを幼い頃から感じてほしいのだ。

cap.jpg

同じものが2つと無いように集めてある。そして、同じボトルには、同じ柄の色違いが集まる様に分けてある。
写真はほんの一部だ (ボトル3本、総数は150個以上ある。) 。

ボトルごとに、難易度を変えつつも、難しいモノの中にも簡単なペア (もしくはトリオ) を入れて、達成感は必ずあるようにしてあり、その時々で1本ずつ出しては片付けまでさせている。

図形要素の大きなものは、簡単に同じ柄だと認識できるのであるが、文字要素ばかりだと難しい。

子どももかなり楽しんでいるのであるが・・・・、

結局は私の収集癖の賜物なんだよな・・ (苦笑)
(興味もなかったのに、集めだしたら、デザインが面白くて止まらないのだ・・。) 。






        にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ


2013.11/22 Fri 02:19|おもちゃ・絵本||トラックバック(0)TOP↑
くれた人の話では、17年くらい前に廃番になったらしい、外国製の木製の車のおもちゃだ。

球の車


底面に貼られたステッカーは、ウチの子が乱暴に扱うのであっという間に見えなくなってしまったが、かろうじてドイツ語らしい 『Holzspielzeug (たぶん、「木製玩具」って意味だと・・・) 』 と電話番号は読み取れる。
検索してみたが、よくわからなかった。検索で出てきた名前と、少し読み取れるスペルが違うようにも見えるし、住所の番地が少し違っている…、もしかしたらステッカー自体が取り扱っている商社の番号かもしれないし・・・。
真相不明と言うことで・・・・。なんせ私はドイツ語はチンプンカンプンなのだから・・・。

色も派手ではなく、落ち着いていて、大人の方が気に入ってしまうくらいだ。
後部の棒状のパーツを上に上げると、乗せているカラフルな球がいい音を立てて転がっていく。

ウチの子の前に3人が使ってきたのであるが、すごく綺麗であった。傷だらけにしたのはウチの子なのである。
乱暴で困る。


私は、ワザと、この様な抽象的なデザインの車のおもちゃしか与えていない。
それは、余計な物は買わない・・と言った理由や、使い捨てや搾取に反対だから…といった理由もあるが、想像力を働かせてほしいからでもある。
球をおろして、小箱を載せてダンプカーに見立てて遊んでいたり、積み木を載せてカーキャリーに見立てて遊んでいるのは、こちらも見ていて感心させられる。

もう少し成長したら、具体的なデザインの車のおもちゃを渡そうと思っている (もう既に買ってあるのだが・・。) が、それまでは、この車だけで想像する力を伸ばしてもらいたい。
・・・とは言え、この車で、ウトウトしている父の頭を殴った為に、現在は取り上げられているのだが・・・ (痛てーよ、血が出たよ。) 。



↓もう少ししたら、これを渡そうと思っている (買ってある) 。 ミルクジャグのリサイクルで作られた、Made in USA のおもちゃだ。

グリーントイズアメリカ Green toys(グリー...

グリーントイズアメリカ Green toys(グリー...
価格:4,536円(税込、送料別)

 
GreenToys(グリーン・トイズ)Gree...

GreenToys(グリーン・トイズ)Gree...
価格:4,536円(税込、送料別)

 


にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村


2014.09/02 Tue 01:24|おもちゃ・絵本||トラックバック(0)TOP↑
2013年8月17日の投稿 【積み木と絵本と】 でも書いたのだが、いわゆるブロック系のおもちゃにせずに、子どもには積み木を使わせているのには理由がある。
 ≪保存できない事≫ で、繰り返し要求される構成能力 (心身共に) と、忍耐力。
≪重力との関係において、組み合わせが限定される事≫ で、要求されるより高度な認知能力。

・・・ってのが、大きな理由だ。
後は、 ≪エコロジー≫ とか、 ≪搾取に加担しない (メーカーにもよるけど・・) ≫
・・・ってことくらい・・。

2013年11月22日の投稿 【ペットボトルのキャップ】 でペットボトルのキャップを使って遊んでいることでも書いたが、私の目的は、結局のところ、
≪図形の認識能力が高くなる事や、図柄や色彩に対するセンスが磨かれる事≫ なのだ。

つまり、自分が得意な部分と同じところは、伸ばしてやりたいわけだ (私は、図形の認識には、絶対的な自信がある。) 。


ウチの子は、2歳半を超えてもうまく発語できず、確実な発音なのは 『あか』 と 『あお』 ・・・くらいなのだが、たとえコミュニケーション能力が他人より劣っていても、自分で想像して遊ぶ楽しみを見つけられれば、人生は本人にとって楽しいものとなるはずだと思っている。
既に決まった形ができてしまっているおもちゃよりも、自分で形を作るおもちゃの方が、楽しみの幅も広がるし、何よりも 【作り出す喜び】 が味わえると思うのだ。

・・ってなことで、以前にも書いたが、積み木である。

私が見本を示して、積み木の組み合わせで、既存の物体のミニチュアを作る事を教えている。
↓こんな感じ。
積み木ー作例1

積み木ー作例2

・・・ってな感じで、教えているうちに、ウチの子はパワーショベルをなんとか作れるようになったのであるが (但し、画像の物より簡略化して、積みやすくしたモノだ。) 、ここでもまた自分でやろうとしないで、私に求めるのだ。

朝起きると、積み木でパワーショベルを作れと言うのだ。

父は、自分でやってほしいのだが・・・。


( 「お父さん」 との発語ができないので、2歳4カ月頃から、 「うっとぉーたん」 と言っていたウチの子は、2歳8カ月頃には本来の 「おとうさん」 の発音からはより遠ざかった(笑) 「いとぅーたん」 と言うようになり、1月もしないうちにメンドクサイらしく、 「いと」 となった。 そのため、朝起きると 『いと、あか、んぼ』 と言うのだ。 「あか」 は、 「赤」 で、 「んぼ」 は 「ユンボ」 である。 )


↓HEROS ( ハーマンロスバーグ社 )の積み木はmade in Germany。50ピース入りがオススメ。



↑『白木』 って書いてありますが、白木ではありません。透明コーティングされています。その方が、汚れても洗えるので私は好きです。
ウチでは、色付きと色なしを50ピースづつ混ぜて使用している。
もちろん、ウチのは中古だ。

↓こんなカラーもあるみたい。


にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村


2014.11/11 Tue 02:08|おもちゃ・絵本||トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

DANGER MELON 

Author:DANGER MELON 
はみ出し者と言われ続けて30数年の某県△△市在住197?年生まれ自称39歳の専業主夫。

履歴:高校在学中に無認可障害者施設開所運動に関わり、高校卒業と同時に開所。以後数年間施設職員。それ以後は仕事も無くアルバイト+他で何とか食い繋ぐ。医療職を目指し齢31で進学、6年次に難癖付けられて退学。以後専業主夫。

思想:平和と民主主義を望む。足元はブーツのみ。セーターは着ない主義。

嫌いなモノ:差別、キノコ、弱い者イジメ。

好きなモノ:多数。書ききれません。当ブログ内で少しづつ紹介していきます。

過去の日付の遅延投稿 ならびに 最新追記 については、カテゴリー【おしらせ】をお読み下さい。友人の皆さんへのメッセージもあります。リンクについての記述もございます。 


※限定公開記事のパスワードは、連絡が取れる方は本人にご確認下さい。
※文書および画像の無断転載、また日記的出来事のエピソードの流用を禁じます。それらを発見した時は、法的措置を取らせていただきます。
※但し、政治屋批判の画像に関しては、遠慮なくご自由にお使いください。断りも入れなくて結構です。
※エピソード流用をご希望の方は、ご連絡下さい。
※どうしても連絡が必要な方は、連絡方法をご面倒ですがお探しください。

※月別・カテゴリー別・記事検索結果は、古→新と表示されますので、最下部のOLDをクリックしても、新しい記事になります。

最新記事
カテゴリ
参加しています
検索フォーム
月別アーカイブ
アクセス
閲覧中
現在の閲覧者数:
リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR