property="og:title" content="ページタイトル" /> property="og:image" content="画像URL" /> はみ出し者はみ出し者の閾値
FC2ブログ
今日、NHKの方が訪問してきた。

しかし、【私は、テレビを見ない。】

とりあえず、 『申し訳ないんですが、ウチはテレビが無いと言いますか、最近いただいたのですけど、ブラウン管のヤツでして、それにDVDプレイヤーをつないでいるだけでして』
と、私が言うと、NHKの方はこう言った。
『ブラウン管テレビに地デジチューナーをつないでご覧いただいているということですね。』

・・・・おいおい!。
《テレビが無い》 と言って、受信料を払わない人がいるのだろうが、世の中には本当にテレビとは無縁の生活をしている、私のような人間だっているのだ!。
NHKの方は、まるで 【嘘つきの相手に “仕方ねーな” と思っているのを顔に出さないようにしている】 かのような態度で去っていった。
オイオイ、ウチは 【本当にテレビ映らないんだよ!】


もう10数年も前だが、今とは違う都市に住んでいた頃、訪問してきたNHKの方に、
『テレビが無くて生きていけるわけが無いでしょ。テレビを見なくてどうやってお友達と話をするわけ?。話題が無いでしょ!。友達いなくなるわよ!』
と言われたことがあった。

自分と同じでない人間が信じられないのだろう。
そして、誰かに都合よく画一化させられている事に気が付かないのだろう。
それに、テレビを見ていないことで去っていくような友人なら、私はいらないし・・。


私がテレビを見ないのは、単に・・
【知ったかぶりみたいな人たちが、調べもせずに評論しているのを見ると、気が滅入る】 とか、
【他人を馬鹿にしたり、差別したりして話題を作っているノー天気なタレントを見ると殴りたくなる】 とか、
【無駄な消費を煽るような、大企業の宣伝のような言動のジャリタレを見てると腹が立つ】 とか、
【説明と画像が違っていたりして、意図的に世論を為政者に都合のいいように操作している様な事をたまに見かけるから】
・・とか言うような、理屈優先で見ていないわけではないのだ!。

テレビを見ないわけは、私の感情の問題なのだ!
テレビよりも、本を読んだり、考え事をしている方が楽しいのだ!。
子どもの頃から、みんながテレビを見ているのに、私だけ一人で積み木をしたり、絵を描いていた・・。子どもの頃から、それが私のやりたいことだったのだ。


ちょうど、このブログを入力しているページに、“mr.children”の広告が出てきたが、18~19年ほど前、私が仕事に就いたばかりの頃、街角でたまたま再会した同級生の女の子数人に連れられてカラオケに行ったことがあった。
その時にテレビを見ない私が“mr.children”を知らないことに対し、同級生が言った一言は今でも覚えている。
『テレビを見ないなんて、そんな無理をしたらだめだよ』

・・・いや、無理なんかしてないし・・・。
いくら私が本当に興味がない事や、仕事 (当時は “施設づくり” が私の一番大切な事であった) や趣味の方が興味のあることであると話しても、 “嘘あつかい” であった・・・ (ちなみに、いまだにmr.childrenがどういう人たちか知らない)。

別に、他人がテレビを見ていようが、見ていなかろうが関係ないし、他人のライフスタイルに興味もない。

そして、私に言わせれば、テレビを見ないことは、別に“個性”でもなんでもない。
単に、人生の生活スタイルの些細な違いなだけだ。



あっ、そうそう忘れてた・・。

綺麗な音を拾えない私の耳にとっては、テレビの音は会話の妨げにしかならない。
私が客として訪問しているのに、テレビが付けっ放しの友人宅が多い。
聞き取れないから、何度も聞き返しをしているのにもかかわらず、テレビを消す事に気が付かない。
そんなに、うるさくしておきたいのかよ!。
・・・・ってことがよくあります。


もうひとつ、追加。大事なことを忘れてた。
今回のNHKの人が、テレビを買わない訳やら興味やらを根掘り葉掘りしつこく訊くから、言ってやったが、 『私は、相手の表情をみたり、唇を読みながら、頭の中に幾通りの語彙と文書を並べて、不鮮明な音を判読しているんだ。テレビじゃそれは益々難しい。たかがテレビのために、苦労はしたくはないんだ』 。
知らない人に言いたくもないような、こんなことまで言わなきゃならないほど、今回のNHKの人もしつこかったんだ。





にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村


2012.05/03 Thu 00:00|はみ出し者||TOP↑
インターネットで仲良くなった方から、時々、
ツイッター(Twitter)のお誘いを受けるのだが、丁寧にお断りしている。

もちろん、 『子どもを育てているので・・・、 “そんな時間を割くのがもったいない” とか、 “それどころではない” のが、当然の理由なのだ』 ・・・と、誘って下さった方は考えている・・とは思うのだが、それ以前に色々と理由はある。



誘って下さる方は、仲間内で 【日々の会話を楽しむ】 事を目的として、誘ってくれているのだと思うのだ。

しかし、携帯電話のメールでさえ、 “重要な用件” or “真面目な話” でないと返信しない私が、四六時中、顔の見えない相手との会話に縛られる事を受け入れられるはずがない
(子どもと2人になる6月以前は、ガッコをやめてから何年もの間、 “不携帯電話” だったし・・・)。
たとえ私が、お金に余裕があって、スマートフォンを持っていたとしても、縛られたくはないので、ツイッターはやらないと思うのだ。


さらに、不特定多数の方と会話をするのも気が重い
(前述したような性格だからね・・・)。

選別はできるのであろうが、インターネットで仲良くなった方との間柄を考えると、仲良くなった全ての人と“様々なお話をしたり”して、濃密な時間を経た上での信頼関係を築いたわけではない。
また、全ての仲良くなった方を信頼しているわけでもない
(私の事を良く思っていない方からは、発言は来ないであろう。逆に、その人の言葉の端々から、私があまり良い印象を抱いていない相手もいるであろうから・・)。

よって、必然的に表面的な付き合いになってしまう。
それであったなら、ゲーム内のコミュニケーションツール (ゲーム内のメールや掲示板) での会話で十分だと思う。

表面的な付き合いにするかどうかは、 《私の発信次第》 なのではあるが、
少ない文字数で誤解なく的確に主旨を表現できる能力は、私にはない
(ブログや手紙でさえ、私が伝えたい思いの5%位しか伝わっていないと思う。但し、ブログを元に手紙やメールで話をするのは、説明が省けて手っ取り早いし、その手紙やメールでの共通認識を持った上で、直接会話をするのも話の流れがスムーズで、とても役に立っているとは思う)。



また、オンラインゲームをしていても思うのだが、他のプレイヤーとのあいさつ (ゲーム内でのワンクリックでできる形式的なあいさつ) など、 《見えない相手との、一方的に送ることができるコミュニケーション》 は、 “なんとなく不安を書き立てられるもの” であると、つくづく思う。
実際には(物理的に言えば)、PCに向かっていようが、スマートフォンを操作していようが、その個人は1人である。にもかかわらず、 “沢山の人と繋がっている実感が湧く” というのが、インターネットの面白さでもあるのだが、不安な思考や強迫観念に追い込まれやすい部分なのだと思う。

(これは、ツイッターでも同様であると思うのだ)


ゲームで知り合った方のうち何人かは、とてもゲーム慣れしているらしく、あいさつ(ゲーム内の形式的なあいさつ)を毎日送って来ない (ひと月に1~3回くらい)。
そんな風にうまくネットでの付き合いができる方は、そう多くはないだろう。
私もそんな風になりたいとは思うのだが、私はそんなすごい人間にはなれそうにない。

つまりは、ツイッターをするとなると、返信 (reツイートと言うらしいが・・オッサンには横文字はついていけない・・) を 『しなければならない!』 と、自分を追い込んでしまう可能性が高い。

だから、 『メールを数分以内に返信しなければならない』 と思ってしまう若者のことも少しはわかる気がする。
私は、やわな人間であるので、ツイッターをするとそんな様な気分になってしまうかもしれないとも思ったりもするのだ。


しかし、携帯電話のメールの場合は、そのような “束縛された” 気分にはなりたくはないという理由で意図的に返信を制限したりはしていないのだが、いつの間にか自然に放置している・・・。
ツイッターでもこうなっちゃう可能性が高いと思われる。

・・・・・私、やっぱり向いてなさそうだね・・・。

長々と理由を書いてきましたが、
要するに、 “若くはないからできない” のか・・・(笑)。
このあたりが一番の理由だったりして・・(笑)。


誘ってくれるお気持ちはとても嬉しいし、感謝しています。
しかし、四六時中そのようなツールで繋がっていなくとも、ずっと友達です。
私はこういう人間だから、私を気に入ってくれているのなら、それだけでずっと仲良しですよ。





にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村


2012.08/12 Sun 00:00|はみ出し者||TOP↑
神経質なくらいに、人間関係でのトラブルが起きないように気を使った結果が、 《付き合いのある人の中でもブログを教えている人を限定する》 という事になっているのであり、その事で今回、私が狼狽した事により何人かの友人たちにご迷惑をかけてしまったことをおわびしたい。

ブログを続けるにあたり、削除した部分の記述を書き加えた
(保存などしていなかったので、元通りの文書にはなってません) 。ただし、投稿そのものを丸々削除したものについては、どうしようもなかったので元には戻せなかった。


今回の事で、『そんなに人間関係でのトラブルを恐れて、オマエ大丈夫なのか?。』 と心配してくれる向きもあろうが、
結論から言えば、 《様々な事があって今の精神状態になったわけで、そういうのはそうそう元には戻らない》 と言うのが本音である。

ただし、トラブルは慣れているとは言え、トラブルをできるだけ回避するように人生を送ることは、一般的にも必要な事であり、特に私のような何もせずともトラブルがこちらにやってくることの多い人間としては当然の事だと思っている。

年をとるにしたがって、自分の周囲の人間の中で、多くの人が変わってきた。
もちろん、様々な経験が彼らをそうさせたのだと思うし、私自身も “どん底” のアルバイト生活の時は、なんだか心がすさんでいて、何かがおかしかったと思う。
だから、人生において、あまり “痛み” を経験した事のない人が、私の事を 『異常なくらい神経質に人間関係を警戒している』 と言って、私の行為を理解できないのもわかっているつもりだ
(人間関係のトラブルは、経験しないに限るのだが、経験しないとわからない人も多い。だからと言って、経験しないにこしたことはないよ!。人の痛みをわからなくても、今、幸せな人は、いつまでも幸せであって欲しい・・・とは思う) 。

だが、誤解されているように、 “あまりにも恐れすぎて、闘わなければならない時に、出て行けなくなった” わけではない
(もちろん、相手が集団でしかも圧倒的な武器を持っている場合などは、そんなに簡単に出て行くことはできないが・・・。それを 「昔とは違う」 と言うのであれば、その通りで “日和ってしまった” 事は認める。様々な経験をして、恐れる事を知ってしまったのだ) 。



先日、こんなことがあった。

夜にちょっとした接触事故でもあったらしく、暗い中で2人の体格のいい男が若い女性と話しているのを見た。

一旦通り過ぎてから、見えない所に車を止めてカミサンに後をお願いし、そこに割り込む事にした。

カミサンが、トランクから武器になるような工具を持って行けと言うのだが、そんなことをしたら余計な感情に火をつけるようなものなので、丸腰で行った 
(そもそも、相手の正確な分析と、頭を使った対応さえしっかりできていれば、結構な割合で暴力沙汰を防げるもんだ。私には、この口があるからね。
昨今、世界でも数本の指に入るカナリの軍事力を持っている自衛隊を 「先制攻撃できる軍隊に」 とか、 「核武装しろ」 などと言う政治屋とその信奉者がいるが、あいつらは頭が悪いから、力で解決する方法しか思い浮かばないのだ。もちろん、解決させる能力も知恵も無いのだろうが・・・。) 。

話を聞くと、女性とそのパートナーが一緒に車に乗っていた様子であり、警察も呼んだとの事であったので (もちろん女性に確認した) 、私は引き上げてきた。



ちゃんと、行かなければならない時は、行っているよ。安心してくれ。



もう一つ、去年だか一昨年だったかのことだ。

若い奴が難癖をつけて、怒鳴って誰かを脅しているのを聞いた。
内容は無茶苦茶で、あきらかに “イチャモン” をつけているのだ。
脅されているのは、おじいさんだった。
もちろん、その時もそこに入っていった。

結論から言えば、その時福田 (古い知り合いの “福田くん” って人に良く似た奴だったので、こう呼ばせていただく) は私を恐れて逃げ出したのだが、私は何も恐れずに福田がおじいさんを脅している現場に向かった。
確かに、昔のように 《相手を睨みつけながら向かって行った》 り、 《「オイ!テメー何しとるんじゃ!」 などと怒鳴りつけながら相手に向かって行った》 りはしていない。それを、 「日和った」 と言われる方もいるだろう。
だが、私自身は、賢くなったのだと思っている
(思えば、昔は腕力に自信もないのに、しかも “非暴力” が信条であるにもかかわらず、よくもまああんなやり方ができたものだ・・・若さだよね・・) 。

その時は、その現場にタバコの自販機があったのをいいことに、小銭入れをポケットから取り出しながら、タバコの購入が目的のようなふりをして近づいた。
そして、 “そこで初めて騒ぎに気が解いたような顔” で福田を見たのだ。
何か言われたら小銭入れを差し出して、大声で 『お金は出しますから、命だけはカンベンして下さい。強盗さん!』 と言って相手を狼狽させた隙に、関節の一つも外してやろうと思っていた。
相手は、 『そんなつもりはない・・』 とか言って狼狽すればいいが、そうでない時は 『け・け・警察呼んでー!誰かー!。強盗だー!』 とか、大声で言えばいいのだ。

最悪でも財布で済む。財布も私が作ったものだから、売ればアシが付く。中身のお金は少額 (ちょいと知り合ったホームレスの人に有り金を全部あげるくらいの私だ。いつもそんなに入っていない。せいぜい3000円がいい所だ。今時、中学生の方が私よりもお金を持っているよ・・笑) だから、たいしたダメージではない。

・・・とまあ、結構ズルいやり方ではあるが、闘わなければならない時には、一応はその場に行ってはいるのだ・・。

まあ、私、ペラペラといくらでも巧い言葉が出てくるからね。
そういう部分を見れば、色々な出来事によってダメージを受けた心は、かなり回復をしたとは思うのだが・・・。





にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村


2012.09/10 Mon 00:00|はみ出し者||TOP↑
先日亡くなった友人は、 “人と関わる力の強い人” だったのだと思う。


多くの人と繋がっていたようだ (私にも、そう話していた) 。


私がここで言う “人と関わる力” とは、決して “人との付き合いが上手” という様な、いわゆるソーシャルスキルのことを言っているのではない。
ソーシャルスキルの高い人間は、 『=いい人』 と思われがちだが、実際の所は上手く合わせているだけだ
(誤解のないように書いておくと、ソーシャルスキルが高い人でも “いい人” もいる。しかし、よく見かけるのは、他人に共感することもできないドライな人間であっても、ソーシャルスキルが高い為に、一見 『いい人』 に見える・・ってことだ。私は騙されないけれどね・・・) 。


私がここで、友人の事を “人と関わる力の強い人” と、言っているのは、言い換えれば “人との関わりに対して、積極的に行動する人” と言うことだ。


そういう意味での、 “人と関わる力の強い人” は、色々な所で、時々見かける。


乳児を抱いて買い物などに行くと、私のような外見でも人が話しかけてくる。
話しかけてくるのは、 “人と関わる力の強い人” ばかりではないが、それでも 【赤ん坊を抱いている】 という行為自体が、 《平穏で安らかな気持ち》 にさせるイメージを持っているのであろう、多くの方に話しかけられる。

中には、家族の買い物に付いて来た、かなりの認知症の高齢者もいる。
そんな時、その方にとっても良い効果になるであろうし、私も気持ちが和むので、何度も続く同じ繰り返しの話を延々と聞いたり、話したりする
(これが苦になる人もいるらしいが、 「自分が相手の立場であったら・・」 を考えることができたら、苦になんかならないはずだと思う。 少しばかり時間がかかったっていいじゃない!。 1分・1秒を惜しんで、セコセコ・あくせくするから、人生がつまらないものになるんだよ!)
(人と関わることに疲れてしまった私だが、このように全く知らない認知症の人と関わるのは、自分の “頑なになっている心を解きほぐすような効果” を得られるような気がするのも手伝って、対応は昔のままだ) 。



しかしながら、普通の方が話しかけてきた場合、私は思うのだ。
『オレって冷たい対応してるな・・』 と・・・・。

要するに、その場合、私は “手早く会話が終わるように” 軽い愛想笑いをするだけで、こちらから会話はしないのだ。

うるさい店内だけでなく、僅かな音量に抑えている店 (そんな店は稀だが・・) でも、人がある一定以上いると雑音が多く、そのような中で会話が続くと、必ず私が聞き返すことになってしまうからだ。
そういった場合、普通の人の8割は、いつものパターンの会話になってしまう
《 詳しく説明を求める →  「納得」 を表明する → 『頑張って治してね』と言う 》 ・・・このパターンだ!! 『だから、治らねーんだよ!。今聞いてたんだろ!』
(「耳、どうなさったの?。何て病気?。」から始まって、「それで治療は?」と、延々と質問された事に、私はしっかりと答えたはずなんだが・・・苦笑)
(何故かはわからないが、認知症の人は、こういったことを言わないから、とっても安心して話していられるのだ) 。

つまり、自分が腹立たしい気持ちになってしまうことを避けるために、私は冷たい対応をしているのだ!。
自分でやっていて、毎回自らを 『そんな対応でいいのか?。あの人、悲しい気持ちになったんじゃねーのか?!』 と、責めている。

外見がこれなのに、態度も冷たいのでは、だめだよね 
(多くの政治屋みたいに、 “外見はにこやかなのに、政策が冷たい” ってのよりはマシだとは思うが・・。 最近じゃ、酷い言葉を言ってのける東京のジイサンや大阪のタレント弁護屋みたいな奴が人気があるのもおかしな話だが・・・・。彼ら、弱者に冷たい政策一致したらしく、主張を捻じ曲げて合流だってよ・・・。 “行き当たりばったりの行動” って点では同じだけどね。笑) 。


思い起こせば、昔は私も、 “人との関わりに対して、積極的に行動する” 、つまり先に述べた “人と関わる力の強い人” だったように思う 
(そうでないと、無認可の施設作りなんてできないからね) 。

その頃の私は、今のように腹が立つことを言われる事を避けただろうか?。
嫌な奴に出会っても、軽~く受け流していたではないか!

一体いつから、こんなに小さい奴になったんだ?
 (どこぞの政治屋みたいに、 「天狗になるなよ」 って言われて、キレてしまうほど小さくはないけどね・・・笑。 私だったら、「ありがとうございます。肝に銘じておきます」 って笑って答えるのだが・・)。


人生を豊かなものにするためにも、もっと良い “人とのかかわりかた” をせねば・・・と思う。


故人には、教えられることばかりであった。






       にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ


2012.11/16 Fri 00:00|はみ出し者||TOP↑
2012年05月03日の投稿 “NHK” で書いたように、ウチには地上デジタル放送を受信できるテレビがないし、仮にあったとしても見ない。

結論から言うと、今日もNHKの人が来たのだが、今日はそのことについて・・・(以下)。



アパートの部屋の、玄関からキッチンまで通じる短い廊下部分で、子どもを抱いていた時のことだ。

隣に誰かが来たらしく、何やら強めの口調で 隣のDQN が対応している。
私は、 『何のセールスかな?。次はウチだな。面白そうだ・・』 と思い、マシな方の耳をそばたてるのだが、当然ながら私の耳では “何を話しているのか” までは、わからずじまいだった。


そして、次はウチの番だ (ワクワクして出る私・・・) 。
ドアを開けてみると、NHKの人であった。

私は、 『大変申し訳ないのですが・・』 と前置きした後、 『信用していただけないことが多いのですが・・・』 と更に付け加え、 “テレビを持っていないし、あっても見ない人間である” ことを、できるだけやわらかい口調で告げる 
(相手を萎縮させるような態度や口調で対応する奴は、大っ嫌いなんだ。そういう人にはなりたくはないし、私は更に外見が怖いのであるから、余計に対応には気を使っている。 
しかし、こんな外見の私が、見た目と裏腹の対応をしているからこそ、ここぞとばかりに “ストレスを発散できる” と思って、強い口調で生意気な対応をしてくる奴に対しては、その鼻っ面をへし折るようなことを言うのは大好きだ・・・・すいませんね・・・) 。

NHKの人は、終始恐縮してしまった様子で答える (支払いされていない家ばかりを回っているのであろう・・・。気の毒であった。色んな人がいるからね・・・) のであるが、
私は “前の人にも言ったが、あんまり信用してもらえていないみたいだった。しかし、本当なんだ。本当に興味がないのだ・・・” と言うようなことを、やさしい口調で丁寧に何度も伝える。

そして、NHKの人が持っている端末で確認すると、 “訪問したことにはなっているが、テレビがないことにはなっていない とのことであった・・・。


やっぱり、前に来たNHKの人は、私の話を信用していなかったんだな!!。

腹が立つよ!(今回の人は、すごく申し訳なさそうにしていたし、信用してくれたようだった。今回の人に腹を立てているわけではない。前の人は不審そうな態度だったもんな・・・。しつこかったし・・)。
今度来たら、部屋に入って確認してもらおう!。


私はテレビを見て、人格がおかしい政治屋に騙されてしまい、世知辛い世の中を作ることに加担してしまうような人種ではないのだ!!(テレビなんか見てるから、考える力がなくなってしまって、騙されるんだよ!。映像の力ってすごいからね。一方的に映像情報を流されると、簡単に思考を操作できるからね・・)。
また、テレビを見て、人生の時間を無駄遣いしてしまう人たちとも違う。

そんな人たちと一緒にしてほしくはないものだ!!!。



しかし、 隣のDQN が、 『テレビを持っていない』 と言ったのか、 『見ていないから払わない』 と言ったのかは知らないが ( 隣のDQN がテレビを見ていないはずはない。夏など、窓が開けっ放しの時期には、時々、音が聞こえるからね・・) 、
隣のDQN に引き続いて、次に訪問した家 (私のウチ) からもこんな見た目の人物 (私) が出てきたら、・・・・・

・・
・・・そりゃあ、 『テレビを持っていない』 とか、 『たとえ持っていたとしても、全く見ないと思う』 ってのも、ウソに聞こえるかもしれないね・・・・。

カミサンがそれを聞いて、笑っていたよ・・・。








にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村


2012.12/18 Tue 00:00|はみ出し者||TOP↑
プロフィール

DANGER MELON 

Author:DANGER MELON 
はみ出し者と言われ続けて30数年の某県△△市在住197?年生まれ自称39歳の専業主夫。

履歴:高校在学中に無認可障害者施設開所運動に関わり、高校卒業と同時に開所。以後数年間施設職員。それ以後は仕事も無くアルバイト+他で何とか食い繋ぐ。医療職を目指し齢31で進学、6年次に難癖付けられて退学。以後専業主夫。

思想:平和と民主主義を望む。足元はブーツのみ。セーターは着ない主義。

嫌いなモノ:差別、キノコ、弱い者イジメ。

好きなモノ:多数。書ききれません。当ブログ内で少しづつ紹介していきます。

過去の日付の遅延投稿 ならびに 最新追記 については、カテゴリー【おしらせ】をお読み下さい。友人の皆さんへのメッセージもあります。リンクについての記述もございます。 


※限定公開記事のパスワードは、連絡が取れる方は本人にご確認下さい。
※文書および画像の無断転載、また日記的出来事のエピソードの流用を禁じます。それらを発見した時は、法的措置を取らせていただきます。
※但し、政治屋批判の画像に関しては、遠慮なくご自由にお使いください。断りも入れなくて結構です。
※エピソード流用をご希望の方は、ご連絡下さい。
※どうしても連絡が必要な方は、連絡方法をご面倒ですがお探しください。

※月別・カテゴリー別・記事検索結果は、古→新と表示されますので、最下部のOLDをクリックしても、新しい記事になります。

最新記事
カテゴリ
参加しています
月別アーカイブ
アクセス
閲覧中
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR