property="og:title" content="ページタイトル" /> property="og:image" content="画像URL" /> 反原発・平和の希求はみ出し者の閾値
FC2ブログ

夕方、カミサンが、電話の向こうで言った。 『職場の人に毒を盛られたのよ』 と。
『なんだと!』 と言う私に、カミサンが驚きもせずに言いなおす。
『洋服をいただいたの。子どもの服をもらったの』 と。

正確で綺麗な音を拾えない私の耳にとっては、 “音声とみなした音だけ” をデジタル変換して伝える携帯電話は、かなり聞き取りやすいのだが、それでも時々こんなことがある (もちろん、マシな方の耳でだ。マシじゃない方の耳だと会話になんかならない) 。

こんな状態だから、ラジオを聴くことはほとんどないのだが、今日は午前10時30分過ぎに子どもを抱いてラジオを付けた。

そう、長崎の平和祈念式典だ。



今年の 《平和宣言》 は、福島の原発のことにも触れ、 『放射能に脅かされない社会の再構築するためのエネルギー政策』を国に要求し、 『放射性廃棄物の処分問題』への取り組みを国際社会に問いかける物でした
(聡明な方には全くの蛇足であるが、 「原発と核兵器は関係ない」 等と、時々トンチンカンな事を言う方がいるので、一応一言だけ書かせていただく→。『原発でできる燃えカスはプルトニウム。つまり核兵器の材料です・・』  )。

また、 『国際社会において、被爆国として、核廃絶のリーダーシップを取る』様に国に求める力強い宣言でした。
とても素晴らしかったです
(田上市長の声はかなり聞き取りやすく、脳内での語彙変換も最小限で済んだ。しかし、何故か知っているはずの市長の名前が聞き取れなかった・・・) 。

( 参照 http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/peace/japanese/appeal/ )




被爆者代表の中島正徳さんの 《平和への誓い》 も、被爆後の市内の様子が目に浮かぶようでした。
そして、『核兵器廃絶と、戦争のない平和な社会を目指して、命の限り訴え続ける』との力強い言葉に胸を打たれました。
(こちらも、固有名詞が聞き取れなかっただけで、文書のほとんどは聞き取れた)
 。

( 参照 http://www.asahi.com/national/update/0809/SEB201208090004.html )





私は、子どもの頃から母によって、平和教育を受けてきた。

しかし、具体的な行動といえば、子どもの頃からしていることは、核兵器廃絶の署名集めくらいだ。
他に挙げるとすれば、若い時は若者有志の主催の、平和を考える “小イベント” の手伝いや、そこでのバンド活動くらいしかしていない。

しかも、それらは△△市に来てからは、 “ガッコに睨まれない様に” 全くしていなかったし、退学後は精神的なダメージが長く続いたり、ウイルスに片耳をくれてやったりしている事に忙しく、そういった活動をしている人の中には、あまり出て行っていない。


だが、我が子には、 《平和を愛する人間になってほしい》 、 《他人の痛みや悲しみがわかる人間になってほしい》 と、願っている。

子どもには、まず親の生き方を見せなければならない。
また少しづつ、人の中に出て行かなきゃ!。





↓おすすめ。↓ここのおかきは、無添加・無化調・国産米使用で、すごくおいしい!。

私は、ここのおかきで、ビールを飲んでいます。



にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村


2012.08/09 Thu 00:00|反原発・平和の希求||TOP↑
シリアでジャーナリストの山本美香さんが亡くなった。
この方は、イラクでも取材をしていたのだが、フリーのジャーナリストが伝えようとした現場の状況は、テレビでは誰かの都合のいいようにしか伝えられない
(参照:永田浩三さんブログ: http://nagata-kozo.com/?p=9343) 。
( 「誰かの都合のいいようにしか伝えられない」 については、後述する)


戦場が日常生活の中にあることが、最後の映像からよくわかる。



こういうことがあると、必ず出てくる言葉がある。
【平和ボケ】って、単語だ (※もちろん、日本語ではない)。


一体、どういう意味で使っているのか、非常にあいまいな単語だ。



まるで、『俺はお前たちとは違って、全てをわかってんだぜ』 とでも言いたげな、実際には見識も浅く具体的に説明もできない連中が、ネット上で我が物顔に使っているのをよく目にする。

そういう連中の主張は簡単だ。
《ボケている=危機を感じてない=平和を求める人間は国賊》・・・ってな感じだ
(そもそも、21世紀にもなって、国賊とか非国民なんて戦前の言葉が使われるのも信じがたいが・・)。

要するに、平和を愛したり、話し合いで国際紛争を解決したりする事が、 『悪』 であるらしい (バカすぎて笑えない) (危機を感じているからこそ、平和を声高に求めているのだと思うのだが・・) 。

そもそも、ありがたい “平和な状態” をありがたく受け入れるのは、当たり前の人間の感情であるし、精神医学的に言えば、それを受け入れなければ精神の正常を保てないはずだ


この卑怯な言葉をよく使っている人たちは、 『日本もアメリカやイギリスのように石油利権を求めて軍隊を外に出したい』 と思っている政治屋を支持し、そうすることが “国益” とやら だと、公言しているのをよく目にする
(“国益” って、笑っちゃうね。実際には、お金持ちと政治屋の利益なのに、まるで国全体が潤うみたいに信じ込んでるんだから・・・戦前の洗脳されてた人みたい・・) 。


山本美香さんの最後の映像にあるように、戦場が日常生活の中にあったら、どんなに苦しく大変な事かをわからない人たちが、 “自分の国は戦場にならない” 事を前提に声高に叫ぶ。
その時によく使う、詐欺みたいな単語 それが、“平和ボケ” だ!。
(しつこいようだが、日本語にこだわりが強い私だから、もう一度言わせていただく。 『日本語ではありません!』
この言葉を使う人に限って、 『日本の美しい文化を正しく・・・・』 とか、寝言を言っちゃうんだよね・・・)



2年ほど前に、アフガニスタンで活動していた ペシャワール会の青年の講演を聴きに行った
(中村哲さんの本も何冊も買って読んだ) 。
その中で、無差別に機銃掃射をする米軍の話などが出てきて、あらためて 『戦争は人を狂わせる』 と感じたし、 “正義なんてない” 事も感じた。

だから、わざとらしい話し方でキャラ作りをした “戦場カメラマン” を名乗るタレントが、 『実際に、テロとの、戦いの、最前線で、取材を・・・』 などとアメリカの戦争行為を賛美して (しかも圧倒的な軍事力を持つ米軍にくっついて安全に) 、写真を撮って来ているのは、ただの戦争賛美の自己満足にしか思えない。

これまでの多くの戦争の報道をする人間 (のほとんど) は、どちらか一方の正義を鵜呑みにしたりせず、戦争の悲惨さや無常さを訴えるために戦場に身を晒してきた筈だ。
だからこそ、例の “戦場カメラマン” を名乗るタレントは、 『“戦争カメラマン” の間違いだろ!』って思うのだ。

本気で平和を愛する戦場ジャーナリストが、命がけで訴えた情報さえも、国や戦争でお金儲けをしたい企業の都合のいいようにしか伝えられることはないのに、このわざとらしい話し方の “戦争カメラマン” は、自ら 「誰かの都合のいいように伝える」 のだ・・・。

このようなテレビのおかしなタレントの底の浅い発言に踊らされている人がよく使う詐欺みたいな単語 それが、“平和ボケ” だ!。
(“戦争カメラマン” の人に関しては、真意も見抜けずに賛美している方が多いようなので、 『オマエは行ってもないくせに!』 とか 『オマエに行けるのかよ!』 という、的外れな批判をしたい方も多いと思う。
このブログはコメントを受け付けていないので、批判は私には届かないが、念のためその返答を書いておこう ↓ 。
《日本語さえ聞き取りに不自由する私が、通訳なしで単独で海外に行くのは無茶だし、そんなことするのはアホだ》 また、 《今の耳になる前に行こうと思ってた。いずれ、戦地の医療にかかわろうと思ってた》
まあ、そんな所だ。 バカなタレントの発言に騙されるくらいなら、テレビなんて見ないほうがいいよ・・・と思う)



山本美香さんは、戦場の現実や悲惨さは当たり前だが、少年が兵士になる現実や、貧困のために軍に入隊したアメリカの若い兵士など、人間の尊厳が踏みにじられる現実をこつこつと取材していたようだ
(姪や甥に読ませようと思って、何冊も買った本の中に、山本美香さんの文があった) 。

山本美香さんたちのような、真面目で真剣に世界の現実を伝える事で、一歩でもよりよい世界の実現に近づくように活動しているフリーのジャーナリストの発信が、実際に報道されることは少ない。

あらためて、そんな嘘だらけの国に憤りを感じると共に、山本美香さんのご冥福を祈らせていただく次第です。





にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村


2012.09/15 Sat 00:00|反原発・平和の希求||TOP↑
またまた麻生がすごい事を言ったみたいだ。

「ある日、気が付いたら、ワイマール憲法もいつの間にかナチス憲法に変わっていたんですよ。誰も気づかないで変わった。あの手口学んだらどうかね。」

・・・だってよ。

発言の全てを読むと、 【しっかり議論して変えるべきだ】 との主旨もあるのだが、建前としてえんえんとそんなことを話してきて、そのうちに口を滑らせて本音を言ってしまった様に見える。
この発言自体は、他民族差別丸出しの、軍国主義国家を目指している、気持ちの悪いオバサマがやっている会の講演で の発言なのであるが、この 【「手口」発言】 のくだりでは、拍手が起きたそうだ   (こういう思想を持った会から講演依頼があるのだから、麻生がこの会の目指す主旨と同様の思想を持っていることは、この会の人たちにもわかっているんだよな。)   。

後になって、 「悪しき例として挙げた」 って、言い訳できたのも、建前としてえんえんと話してきた部分があるおかげなのではあるが、もし仮に “悪しき例” だったとしても、何を学ぶのかは疑問だ。


だって、ナチスの手口を  【いつの間にか】 & 【誰も気づかないで】 って言っているのだ。
ナチスは、国会議事堂に放火をして、ナチス党以外を非合法化し、国中を恐怖におとしいれた上で、全権委任法によって、憲法を停止させたのだ。

これを、 【いつの間にか】 & 【誰も気づかないで】 って言うのであれば、
アンタはどうやって憲法を変えようとしてるの?。


いやぁ~、恐ろしいね。


そもそも、このオッサンは、色んなことに無知なんだろうな。にもかかわらずに、知ったかぶりしているんだろうな。こんな奴が選ばれているのは、本当に理解ができない。

そうそう、ついでだから書いておこう、
麻生の言う、 【医療費の無駄遣いの通院】 、そして、麻生の応援をするトンデモ医者の言う、 【老人がサロン代わりにしている病院】 って、麻生と同じくらいの世代の人たちや、それ以上の世代の人たちがありがたがる電気治療を受けに集まっている整形外科のリハビリだろ。
それをどうして内科の予防が大切な疾患 (DMは、予防だけではなく、発症前から発症後に至るまで定期的な専門知識を持つ者による管理こそが、悪化防止と合併症阻止に効果がある。また、それこそが医療費抑制につながる。) と一緒にして、サロン代わりにしていない方 (DM) を攻撃するのだ?! 

(学生時代に、 『卒業したらウチに来い。一緒にやろうぜ。』 って言ってくれたDrが、数年前に 【整形外科+リハ】 のクリニックを作って独立したのだが、早朝からその前で元気な老人がダベって大勢待っているのだ。すごく繁盛してる。あれこそオカシイ。
アレは、電気治療器を当てることが目的なんだと思う。何故だか知らんが、老人は電気治療器をありがたがるよね。 「電気」 と聞けば、最近の人の 「IT」 とか 「イオン」 みたいな感覚なのだろう。友人が携帯電話の仕組みについて高齢者から質問されたのだが、いくら無線と電話回線の接続を説明してもわかってもらえず、結局、 「電池が入っていて、電気で・・」 と言ったら、全てを理解したかのような顔をされた話を聞いたことがあるが、まさにそれだろう。 こういう人たちには、あの電気治療器が、プラシーボ効果で一時的に効いたような気がするのだろうな・・・。 ) 。

リハビリの電気系の治療器は、もしかしたら僅かに効果があるのかもしれないが、私は効果を感じた事がない!。あれは電気代の無駄としか思えないし、なによりも無資格の助手さんをパートで付けているだけで稼げるし・・・。照射位置も適当だし・・。
あれこそサロンだよ・・・
    ・・・・・って、
 【サロン】 って、いったい何だよ?。


私も無知だよ。その 【サロン】 とやらに関してはさぁ・・・・ (笑) 。


私のまわりで、 「サロン」 なんて言葉を使ってるのは、一度も聞いたことがない。
 【若者が言う、いわゆる 「死語」 っていうヤツ】 なんじゃないかと思うのだが・・・。


↓コレ、 “楽天サロン” だそうだ・・。 ※現:楽天ビューティー※


 【サロン】 って、美容院の事なのか?・・
・・だとすれば、この話は余計に意味がわからん・・・・・。


にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村


2013.08/05 Mon 02:23|反原発・平和の希求||トラックバック(0)TOP↑
国際オリンピック委員会で、委員から 原発事故の影響がないと言うことについて 
科学的に説明してくれ』
 って、質問を受けたアベチャン。

その答えが、 「汚染水は福島第一原発の港湾内の0.3平方キロメートルの範囲内で、完全にブロックされています」 だった。
0.3平方キロメートルの範囲って、シルトフェンスとやらのことだろう・・・。
新聞を読んでいる人なら、シルトフェンスとやらが不完全なことは誰でも知っている。
・・・・って事は、やっぱりアベチャン何にもわかっていないんだね。

『健康問題については、今までも現在も将来も、まったく問題ない。』 ってのも、 『コントロールされています。』 ってのも、わかっていない人じゃないと言えないよ。
少なくとも、新聞で報道していることを読んでいる人や、テレビのニュースを見ている人、インターネット配信のニュースを読んでいる人は、今の状況が 『コントロールされている』 とは、思わないだろう。

つまり、現状の把握すらできていないのだ。
こんな人に、政治のかじ取りを任せられるわけがないよ  (現状の把握ができないのに、状況の分析はできない。 そして、分析もせずに最も理想的な対応を選べるわけがない!。 現状把握ができない人間は、最初から勝手に決めていたことを、ただただ押し通すしか能がないのだ。) 。

・・・ったく、テキトーな奴だゼ。

『東京、安全です。』 ・・・って発言に、この男の本音が出ているのもまた笑わせてくれるよ。


オリンピックの招致については、3年くらい前まで、色々な芸能人・有名人が反対していたはずなのに、ちょうど1年くらい前から、突然 『オリンピックが東京に来る事になったら、私○○は、××しま~す!。』 なんて言っちゃって、いつの間にか賛成しちゃってるんだもん・・・・・。
アレ、驚いたよね。ほとんど誰も、公に 『反対だ』 って言わなくなっちゃったけど、何処からどんな圧力があったのか知りたいよ。
メディアに出るからには、圧力に屈しないでほしいもんだゼ。
こいつらもまた、テキトーな奴らだゼ。


そして、最初に触れたIOCの委員。
『アベチャンが 【科学的な説明】 をしたかい?。』
・・・って、訊いてやりたいよ!。
オイオイ、あの説明で納得するのかよ!?!?。
・・・こいつもまた、テキトーな奴だな・・・。





にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村


2013.09/18 Wed 04:22|反原発・平和の希求||トラックバック(0)TOP↑
「普通の人間は戦争を望まない。 (中略) しかし、国民を戦争に参加させるのは、常に簡単なことだ。 (中略) とても単純だ。 国民には攻撃されつつあると言い、平和主義者を愛国心に欠けていると非難し、国を危険にさらしていると主張する以外には、何もする必要がない。 この方法はどんな国でも有効だ」 

・・・と、ヘルマン・ゲーリングが言ったのは有名だが、昨今成立した機密保護法をめぐっては、賛成意見の論陣は全くもってこのゲーリングの手法をもっと上手にかつ、やんわりと行った自民党のプロパガンダにコロっとやられてしまったかのようであった。

もちろん、この宣伝は一部の “御用” マスコミもやっているのであるから、アベチャンと自民党だけのせいではない。

しかし、パブリックコメントの募集期間の短さや、集まった意見をないがしろにするような推し進め方、審議もろくに時間を取らずに強行採決・・・など、最初から自分たちがヤバいことをやろうとしているのがわかっていて、かつそれをバレないように躍起になっているようにしか見えなかった (パブリックコメントなんてモノ、今回初めて知ったよ。 教えてくれた友人が、 「アリバイ作り」 だと言っていたが、まさにその通りだと思うよ。あれは、後々の言い訳の為のモノだろうね。) 。


改憲のことにしても、 『戦争をするわけではない』 とか、 『国防軍という名前に変えるだけ』 とか、 『徴兵はない』 とか、もっともらしいことを私的にも公的にもうやむやに言ってやがるが、本音ってのは、そこかしこに出てくるもんなんだよね (↓以下↓) 。

ちょっと前に、バカボン石破が、こんなこと (↓の 「」 内。 2013年4月21日放映のTV番組 【週刊BS-TBS編集部】 とやらで、言ったらしい。) を言ったのは、まさにコイツの本音だろう。

『これは国家の独立の為だ、出動せよ』 と言われた時に、 『いや行くと死ぬかも知れないし、行きたくない』 という人がいないという保証はどこにもない。 だから国防軍になったらそれに従えと。 それに従わなければその国にある最高刑がある国なら死刑。 無期懲役なら無期懲役。 懲役300年なら懲役300年。 そんな目に逢うなら出動しようかと。 人を信じないのか、と言われるけど、やっぱり人間性の本質から目を背けちゃいけない。


『・・・って事は、アンタ やっぱり戦争したいんじゃない!。』

・・って事はさておいて、やっぱりコイツが前々から言っている 『徴兵はしない』 とかが、方便であるのは明白
(・・・と、言うか、バカボン石破は、前々から 「徴兵は苦役ではないから、憲法違反にあたらない。」 とか、 「徴兵は福祉」 とか言っている。 【福祉】 の件については、口だけオボッチャマの鳩山もであるが、中学生でも知っている【福祉とはそもそも何か】って事の基本すら解っていないのが、私の腹筋をかなり鍛えてくれるくらいのお笑いではある。・・・が、ここでは触れない。)


しかし、私の言いたいのはそこでもないのだ。


このバカボンは、 「人間性の本質から目を背けちゃいけない」 とか何とか言っちゃっているけど、自分は自分の本質から目を背けているのか、それとも隠しているのかは知らないが、自分の事は言わないよね。
上に立つものだったら、自らのことを言わなきゃならんよ。アンタだったら 『行く』 って言ってないよね。どうせ命令する側だから行かないのは明白なんだけど、 『自分の身内を率先して出せるのか?。』 って、訊いてやりたいよ
(白々しく 「もちろんです」 とか言っちゃうんだろうけど・・・。 戦前・戦中に金や権力や人脈を持った特権階級の中の一部の人間が、徴兵を逃れたことは、誰だって知っていることだろう・・・。白洲次郎とか・・。) (こういうDQN並の思考回路の政治屋と、それを応援してしまう人の為に一応書いておくが、 『自分も行くんだから、お前も行け』 ってのは、強制だからね。政治家が自分を引き合いに出して 『私も行く』 って言うのは勝手だが、押しつけの理由にするのはダメだよ。) 。


いや、もっと、はっきり言おう。
バカボン石破。コイツは人間の本質がわかっていない。 
わかっているのは、自分の本質だけなのだ。


【行くと死ぬかも知れないし、行きたくないという人】 がいるかもしれない 
・・・だと?。


それは、オマエだろ!。

【行くと死ぬかも知れないし、行きたくないという人】 は、アンタだ!。
  それは、石破さん、アンタ自身の思いだろ。



アンタと違って、
マトモな精神を持った普通の人間は、死にたくもないけど、
同様に  【殺したくもない】 んだよ!!!。


あんたがた異常者には、解らないようだがね・・・
(あんたら異常者の本質は 『他人の不幸など知らん。ただ、自分だけは死にたくない。』 だろ。)  


『言葉も通じないし、文化も違う、外見も違う。 だけど、憎くもない個人、勝手な思い込みと決めつけで殺すなんてできないし、したくもない。』 ・・・・これが、マトモな人間の人間性であり、人間の本質なのではないですか?

まあ、 『国家の為だ』 ってのが、個人の生きる権利より優先されるなんて、トンデモナイ非民主主義的思想だよ。
それすらも解らない人には、理解は無理ですね ( 「生きる権利ってのは、各個人にとって一番重い権利だ」 ってことが解らないらしい。石破とそのお仲間はDQN並だゼ。) 。 



こういう戦争を庶民に押し付けたい人が、
憲法を変えて、軍隊を堂々と外地に送りだそうと考えてるんだもん・・
これに気が付かない人は、どこを基準に考えてんだろ?。


  テロは石破


( これは余談だが、DQNって、すぐに 「殺すぞ」 とか言うだろ。 奴らは 「生きる権利ってのは、個人にとって一番重い権利だ」 ・・・ってことががわかっていないから、 すぐに 「殺すぞ」 とか言えるのだ。 死んだら何にもできなくなるから、相手は最大限の抵抗をするに決まってるだろ。 その結果、最大限の抵抗にあって自分が殺されるかもしれないし、殺されても文句は言えないんだぜ ・・・ってことが、DQNには解らないのだ。 つまり、 「殺す」 と相手に宣言したら、殺し合いをするか or 何もしないか しか、選択肢はないのだ。 ←もちろん、これは個人間においての話だ。 国家間においては、武器を帯びて他人のテリトリーに入るだけで、 「殺す」 と相手に宣言するのと同様である・・・と、相手に思われることを知っておかねばならない。 また、殺し合いをしないように最大限の努力をするのがマトモな政治家の努めであって、それをハナっから放棄することを前提にしているアベや石破はマトモな政治家ではないし、当然ながら、国家間においては選択肢は2つではない。 ←これがわからない人が、国家間の紛争をDQNとの喧嘩に例えて、脳内がDQNと同レヴェルのバカボン石破やアベ・ハートを持ち上げちゃうんだよね。 ) 






にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村


2013.12/09 Mon 00:31|反原発・平和の希求||トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

DANGER MELON 

Author:DANGER MELON 
はみ出し者と言われ続けて30数年の某県△△市在住197?年生まれ自称39歳の専業主夫。

履歴:高校在学中に無認可障害者施設開所運動に関わり、高校卒業と同時に開所。以後数年間施設職員。それ以後は仕事も無くアルバイト+他で何とか食い繋ぐ。医療職を目指し齢31で進学、6年次に難癖付けられて退学。以後専業主夫。

思想:平和と民主主義を望む。足元はブーツのみ。セーターは着ない主義。

嫌いなモノ:差別、キノコ、弱い者イジメ。

好きなモノ:多数。書ききれません。当ブログ内で少しづつ紹介していきます。

過去の日付の遅延投稿 ならびに 最新追記 については、カテゴリー【おしらせ】をお読み下さい。友人の皆さんへのメッセージもあります。リンクについての記述もございます。 


※限定公開記事のパスワードは、連絡が取れる方は本人にご確認下さい。
※文書および画像の無断転載、また日記的出来事のエピソードの流用を禁じます。それらを発見した時は、法的措置を取らせていただきます。
※但し、政治屋批判の画像に関しては、遠慮なくご自由にお使いください。断りも入れなくて結構です。
※エピソード流用をご希望の方は、ご連絡下さい。
※どうしても連絡が必要な方は、連絡方法をご面倒ですがお探しください。

※月別・カテゴリー別・記事検索結果は、古→新と表示されますので、最下部のOLDをクリックしても、新しい記事になります。

最新記事
カテゴリ
参加しています
月別アーカイブ
アクセス
閲覧中
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR