property="og:title" content="ページタイトル" /> property="og:image" content="画像URL" /> 差別・人権・民主主義はみ出し者の閾値
FC2ブログ
先日、親戚の一人が、ウチの子どもを抱いてこう言った。「〇〇君、寄り目だぞ」と・・・。

私はこう思った。 『オマエさー、赤ん坊なんだから大人と身体の各部の比率が違うんだから、あたりまえだろ!。オレだから喧嘩にもなんね―けど、オマエのダチの子どもに同じこと言ったら、そいつとの友人関係は終わるぜ。』 ・・と・・。



こやつときたら、専業主夫の私に向かって、毎回会うたびに 「景気はどう?」 「儲かってるか?」 って言う (私がアルバイトでギリギリの生活をしてた時からだ・・) 。
なんだよ!、オマエは大阪の商人かよ!。それとも、私が株やパチンコみたいなギャンブルをやってるとでも?。

そういう話をすることが≪=大人≫だとでも思ってるらしいが、そういう田舎の男には嫌気がさす。田舎のオッサンたちときたら、三権分立もわかんねーのに 「政治とは・・・」 とか、 「TPPは必要だ」 などと言ったりするからね。それが何故かを尋ねても、全く答えられないのに・・・。
付き合うのは、疲れるなー。

それらしいことを言って、虚勢を張るのはやめろよ。そういうのって、ガキのすることだよ。



悪い奴ではないのはわかる。だからこそ、こちらも受け入れようとしているんだ。
もうじき40歳だろ、しっかりしろよ!。
オマエの使っている言葉は、人を傷つけるぜ。

次回は言ってやろうかな。



にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村


2012.04/08 Sun 00:00|差別・人権・民主主義||TOP↑
4月8日に書いた、“寄り目”発言について、親戚の彼が【もしかしたら、この中に、斜視を手術で治した人がいるかもしれない】とか、【寄り目って言葉は差別的発言だ】と考えられないように、この度の帰省旅行では同様の発言がかなり多く聞かれた。

たとえば、ウチの子どもが振り向かないことに対して、『つんぼか!』と言ったりするのだ (耳の悪い私が、気を悪くするとは考えられんのか?) 。

そういえば、生まれた報告をした時に『五体満足か?』と言われ、私は言葉を失ったよなー。

《一体いつの時代の人間だよ!。明治時代じゃないんだぜ!》
手足の欠損があったら悪いのか?。人間として認められないのか?。
【お国のために兵隊になれない人間は要らない】という富国強兵政策を唱えていた、明治時代から終戦までの政治に異議を見出せなかった被洗脳者が唱えているならわかるが、現代の人間だろ?!(現代においても、お国=国民のためではなく、一握りの人間の利益のためであるのに、“国益”って言葉に騙されているのだから、仕方がないのかもしれんが・・・)。


しかし、よくよく考えてみると、私はこの15年くらいの間、『この人たちに言っても無駄だわ』と思って、言うことをやめてきた。
それ以前は、はっきりと「それはおかしいと思います。例えばですね・・・・」などと語ってきたはずだ(嫌がられていたことは間違いないが・・)!。

そう考えると、彼らの現状の責任は私にもあるような気がするのだ・・・。




            にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
            
               


2012.04/17 Tue 00:00|差別・人権・民主主義||TOP↑
このブログで何度も、子どもとしつこいくらいに向き合って、関わっていくことの大切さを書いてきた・・・。

だが、勘違いしてはいけない。

それは、親の立場から見ると、 “親としての自覚をしっかり持つ為” であったり、 “共に成長する姿勢を大切にする為” であったり、 “話し合うことが人間としての基本姿勢であるから” で、あったりするのは、言うまでもない。
対して、 【子どもの為】 の視点から見ると、その様な対応は、 “子どもの心の些細な 「傷」 防止の為” であって、決してその様な対応で “発達障害” を防げるわけではない!
あたりまえなのだが・・・
その“あたりまえ” を、あえて書かねばならないなんて、信じられない世の中だ。
しかし、一応、彼らとは違うということを表明しておかねばなるまい

これは政治ウンヌンである以前のことだ!
この分野に関わってきた者としてだけではなく、ガキの頃から “自由” に対する意識が強く、 “個人の権利” を守ることにこだわってきた者として、書かせていただきます(以下)。



大阪のアホの率いる地域政党の政治屋どもが、 《子育てで発達障害が防止できる》 となど、ほざきやがった!
戦前の母親の子育てがいいと思っているらしい。

障害ってどういう状態か知っているのか?。愛情を多くかけることで障害が表出されないだと?

『んなわきゃねーだろ!タコ!』 (今回は、口が悪くて大変申し訳ありません!。)

知らずに言っているとしても、 【差別】 だ!。

だが、この場合、彼らに“発達障害に対する”差別的意図があったかどうかはわからない (意図があろうがなかろうが、傷付く人がいれば十分に“差別”なのだが・・) 。

政治屋どもは、 “障害を持つ子の親” に対する差別的意図があるのだ。
(通常よりも手がかかるということは、 “生活をより多く制限される” ってことなのだから、通常の人と比較すれば社会的弱者といえる。毎度の事ながら弱い者には厳しいんだね・・。)


そもそも、差別であるかどうかの前に、彼らのいかれた理念の表出なのだと思う。
彼らからすれば、 『自己責任』 とやらにしたほうが、 (コメ国を除く) 先進国では当たり前である行政サービスを行わなくていいからね。

だいたい、 『自己責任』 とやらの言葉を作ったのも政治屋だ!。
民主主義において、建前は 「国民のため」 なのであるから、行政を行う者が言う言葉ではない!。
しかも、 『自己責任』 って、それ自体が日本語として間違っていますし・・。

今回の条例案を作った政治屋どもを率いる親玉は、いつもは差別と 『自己責任』 とやらの押し付けのくせに、上手く反対の立場にいるかのように誤魔化しちゃった  (すごいなー。その誤魔化しの手腕がネットで賞賛される一因なのだろう・・) 。
障害者自立阻害法もそうだが、 “弱い者相手には、厳しく・大きく出る” のだね。また、そういう人が『勢いがある』と思われて、支持されるのもおかしいのだが・・。
しかし、昨今の政治屋って、人格(性格)に問題のある人が多いな。


おっと、話がそれちゃった。元に戻そう。

より、突っ込んで言うと、私は、ここに女性差別を感じるのだ。

大体、戦前の母親は、育児だけを押し付けられていただけじゃないんだ。
家事も家業もやっていたんだ。“嫁”と言う言葉が示すとおり、 「家の所有物」 みたいな状態だったんだ (斎藤美奈子 著:モダンガール論 に、老人からの聞き取りが詳しく書かれている。私も親戚のバーチャンたちといつも話をすると、よく聞いたもんだ・・。・・で、あるから、私は “嫁” という言葉を使わない。余談だが、夫が配偶者のことを 「ウチの嫁が~」 とか言うのも日本語として間違っている・・・) 。
そういうこともわかってんのかな?。

要するに、基本的に女性をバカにしているから、そのような昔の社会を崇め奉ったり、現代の発達障害の問題を “女性の責任” にすり替えたりしてんじゃないのかね?。

『性格や考え方は直せるんだぜ!障害と違ってね!』 
(障害は治せないのですが、社会に対応するということができます。また、対応していく社会作りや支援が大切です。わかると思いますが、一応書いておきました) 。

人格 (性格) に問題のある人と差別については、後日あらためて書こうかな。


あっ、一応言っておきます。
私はいつも、 “女性の味方” ですから・・。






にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村


2012.05/10 Thu 00:00|差別・人権・民主主義||TOP↑
多くの楽天のショップのメルマガを購読している。
もちろん、 “懸賞” のためにだ! (私、懸賞歴30年以上ですから・・)。

しつこいくらいの配信ばかりだったのが、震災をきっかけに “自粛” しているらしく、最近は削除に追われる事もあまりない (前から思っていたのだが、あんなにしつこいメルマガを送って、よくも客を失わないものだ・・。私は、しつこいメルマガのお店では買い物をしたくはない!) 。



先日送られてきた、あるエスニックアクセサリーを売っているショップのメルマガに、こんなことが書いてあった。

そこには、書き手の 『眠たい原因』 として、

 夜中に浮浪者が空缶をコレクションしにきまして
「ガシャン!ガシャン!」
漁っては潰していたんです!(怒) 
・・・・と。

“浮浪者” って、失礼だよね。見下している呼び方であり、あきらかに差別用語だよ。そのホームレスの人だって、好きでそんな状態になったのではないだろうし、懸命に生きているのに・・。


“コレクション” ってのも、その人の行動をバカにしているわけだ。相手の人間にとっては少ないながらも大切な収入源であるというのに、『オレだったらやらないからよぉー・・』ってな感じで、その人のやっていることを、お金を稼ぐ行為扱いをしないわけだ。


要するに、相手の立場に立てないわけだ。
夜中に音を立てるそのホームレスの人も確かに迷惑だが、大都会の名古屋だろ、いつも夜でもうるさいじゃない?。
ホームレスの人をバカにしているわけだ。どこぞの世襲議員みたいに、自分がたいした苦労もしないで生きて来れた事を、“実力”だとでも思っているのかな?。
(時々、 『好きでああいう生活しているんだろ』 っていう人がいるが、自分に同じような事が起こらないと理解できないのか?。好きであんな苦労をする人はいないよ!。)


こういう人間がやっている店だから、貨幣価値が違う国の少数民族のエスニックアクセサリーを、アンフェアなトレード安く持ってきて、売っているんだな。

・・相手の立場に立てない人間だからな・・当然か・・。

納得だぜ!。


フェアトレードのお店は私の住む町にはないが、だからといって、こんな差別意識のある人のお店では絶対に買わないよ!!!。





・・・・・・こんな風に、その人間の言葉の端々で醜い考え方がバレるものなのだが、どうもそれに気が付かない人大勢いるようだ。


気が付かないから、人間をコスト扱いするような政治屋が、議員大都市の首長に選出されるわけだ。

気が付かないから、お金持ちがますます肥え、貧乏人はますます苦しくなるような、大企業にやさしい法律がどんどん通るわけなんだな。

納得がいかないよ!。


※追記 (2018年8月14日) ※
この店が 『今でもやっているのか?。』 ・・と思って、検索したが、もうどこにも見当たらなかった。
弱い人をバカにしたり、差別したりする人間が没落するのは当然のことだとしたら、自民党や第2自民党、その他の同類政党の差別を助長する発言を堂々としている政治屋たちは、一体いつになったらバチがあたるのだろう?。
やはり、祖母の言う通り、 『この世でバチがあたる人はマシ、本当に悪い人間はあの世でバチがあたる・・・地獄に行く。』 ・・のであろうか・・・。
そうであってほしいが、この世に残した悪行や悪法、悪い世論は残るのだ。
だとすれば、一刻も早く閻魔様に召喚されてほしいものだ。








にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村


2012.06/21 Thu 00:00|差別・人権・民主主義||TOP↑
今の専業主夫の状態になる前は、学生をしていた。

その前はアルバイトでなんとか食いつないでいた。

身を削ってアルバイトをして、やっと稼いだ年収は130万位であった。
家賃を払って、車の維持費を貯めこんで (田舎では、車がなければバイトにもありつけない) 、つつましい生活をしながら、必死で生きていた
(車は毎回もらいものであった)。


休日に時間をずらして、数社の面接を受け、毎週のように職を探し歩いた。

私たちの世代は、ちょうどバブルが崩壊した時に就職だった事もあり、簡単に仕事は見つからなかった。
そのため、私のような、まともな職歴のない人間もかなり存在すると思う (私の場合は、高校卒業と同時に、無認可の施設を作っていたので、まともな職歴がないのだが・・) 。

23歳の頃から、そんなギリギリの生活を続けていた。

経験していない人には、想像も付かないらしく、色々な人からその人たちの勝手な想像で、お叱りを受けた。

『本気で職を探していない』 とか、 『選ばなければ仕事はあるのに』 だとか、 『危機感が足りない』 など・・・まるでストレスをぶつけるのが目的のように、ねちっこく言われ続けた。

どいつもコイツも、私が状況を長々と説明をしても、次の日にはまた同じ事を言うのだ。
(仕事に対する偏見などについては、機会を改めて書かせていただく)


中でも、カミサンの両親には毎回、
『毎日遊び歩いて・・』
『仕事くらいしろ!』

と、言われていた。

私が、生活費をアルバイトで稼いでいる事は、
『そんなものは、仕事じゃない!』
と、言われていた。

ということで、 「生活のために一日14時間も拘束されてアルバイトをしている事」 や、 「就職活動をしっかりやっている事」 などを、何度話しても、聞き入れてもらえなかった 
(私の説明の後は、毎回、よくわからない理屈や単語を並べて誤魔化されていた) 。

また、それを理由に結婚も認めてもらえなかったのだが、その事は無視して既成事実を積み重ねた。

資格を取りに進学すれば、『落第などしないように、これまでみたいな遊び半分の気持ちでやるなよ』
などと、何年にもわたって言われた (これまでは“遊び半分”なんかじゃないし・・・。それに私、成績良かったんだよ) 。

ガッコを退学になってからは、また職探しをしていたのだが (その時はカミサンと暮らしていた) 、30代後半の職歴のない私に、まともな職などあるわけもなく (まともではない職は、あることはあるのだが・・・これについても、いづれ書きます) 、進学前と同じように言われ続けた。

その後、耳が今の状態になってしまい、就職をあきらめるのだが、それでも 『心を落ち着けて耳をすませば、聞こえるようになる。仕事と同じで、気持ちの・・・』 などと言われた
(医学的にプラトーであることを、かなり噛み砕いてわかりやすく説明をしたのだが・・・・。カミサンの両親だけではなく、どいつもコイツも本当に困ったもんだ) 。


10数年言っただけでは、
《 職にあぶれた人間=怠け者=本人が全て悪い 》 と言う、整合性の取れない論理は、彼らの中からなくなることはなく私も次第に言う気がうせてきた。

しかし、それでもカミサンは言い続けた。手紙を書き、雇用情勢の実態がわかる本を贈り、何度も話し続けた (私は、ここ2年位の間、なんにも言わなかった) 。

その甲斐あってか、今年位からは、ようやく私に色々と言われることはなくなった。少しは理解してくれたのだと思っていた・・・。


以前贈った本を、もう読んでないだろうから、次の帰省の時にもらってこようと思っていた 
(↓この本を、また読もうと思ったのだ。いい本は手元に置いておきたいし・・。)
(貧困の現場:東海林 智 著:毎日新聞社:2008) 。

友人とこの本をもらってくる話を、メールでしていたのだが、それを知ったカミサンに告げられた事実は、私を唖然とさせた・・。

カミサンによると・・・、
前回の帰省の時にもらって来ようと思っていたらしい。そこで、尋ねてみると 『捨てた』 と言われたらしい!!。
しかも、貧困で困っている人に対するボランティアをしている人たちは、 『どうせ、どこかからお金もらってる。お金もらっているのは、二大政党の政治家だけじゃない』 
と、言っていたらしい!! (それが二大政党の政治屋を応援に行く理由だとすれば、かなりおかしな理由なのだが・・) (得にならないことに裏でお金を渡す企業があるのかよ!) 。

(カミサンは、私が悲しむと思い、言えなかったらしい。今回の帰省で私があまりにも “本をもらってくる事” を楽しそうに話しているので、言いたくはなかったけれども、打ち明けたらしい。)



つまり、それを捨てるって事は、
《 職にあぶれた人間=怠け者=本人が全て悪い 》 という考え方は、まだしっかり残っていて、しかも・・・、
《 私=怠け者=本人が全て悪い 》 って、いまだに思っているわけだ


明日からの帰省に対して、行きたくない気持ちで一杯になってきた・・。

他のウチの夫の話を聞くと、 『妻の実家に顔も出さない』 人も多いらしい。
私もそれを時々勧められるが、私にはそんな不義理な事はできんのだ。


前々から、向こうの親族でアルバイトやパートをしていた人は、ちゃんと “仕事扱い” されてたからなぁー。その時点で、言っても解らない人たちだとは思っていたんだが・・・。しかし、これまでの説明やお話は何だったんだろう・・・。ハナっから聴く気はなかったんだろうなぁー・・・。


しかし、毎回思うのだが、肩書きのある (権力やお金を持ってる) 人間の言う事は鵜呑みにするんだなぁー。
経団連のトップが、「(原発ゼロで)国内産業の空洞化が加速して雇用の維持が極めて困難になる」と言ったらしいが、
《そもそも、原発以外の発電だったら、国内産業がやっていけないわけか?》
とか、
《自分たちが率先して国内産業を空洞化にしてきたのに、何言ってんの?》
とは、思わないわけだ
(おかしな計算の二酸化炭素排出に関する一面広告を、全国の新聞に一斉に出したりしている時点で、怪しいとは思わないらしいからね・・)

帰省したら、これについて話を振ってみようかな。







にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村


2012.09/18 Tue 00:00|差別・人権・民主主義||TOP↑
プロフィール

DANGER MELON 

Author:DANGER MELON 
はみ出し者と言われ続けて30数年の某県△△市在住197?年生まれ自称39歳の専業主夫。

履歴:高校在学中に無認可障害者施設開所運動に関わり、高校卒業と同時に開所。以後数年間施設職員。それ以後は仕事も無くアルバイト+他で何とか食い繋ぐ。医療職を目指し齢31で進学、6年次に難癖付けられて退学。以後専業主夫。

思想:平和と民主主義を望む。足元はブーツのみ。セーターは着ない主義。

嫌いなモノ:差別、キノコ、弱い者イジメ。

好きなモノ:多数。書ききれません。当ブログ内で少しづつ紹介していきます。

過去の日付の遅延投稿 ならびに 最新追記 については、カテゴリー【おしらせ】をお読み下さい。友人の皆さんへのメッセージもあります。リンクについての記述もございます。 


※限定公開記事のパスワードは、連絡が取れる方は本人にご確認下さい。
※文書および画像の無断転載、また日記的出来事のエピソードの流用を禁じます。それらを発見した時は、法的措置を取らせていただきます。
※但し、政治屋批判の画像に関しては、遠慮なくご自由にお使いください。断りも入れなくて結構です。
※エピソード流用をご希望の方は、ご連絡下さい。
※どうしても連絡が必要な方は、連絡方法をご面倒ですがお探しください。

※月別・カテゴリー別・記事検索結果は、古→新と表示されますので、最下部のOLDをクリックしても、新しい記事になります。

最新記事
カテゴリ
参加しています
月別アーカイブ
アクセス
閲覧中
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR