property="og:title" content="ページタイトル" /> property="og:image" content="画像URL" /> 2012年05月はみ出し者の閾値
FC2ブログ
※※2018年4月27日に、手違いで画像が消去されました。※※

2年前に削ったラストだ。
素材はレジンとポリパテ、プラ材も一部含んでいる。
放置してあったため、各所にクラックが出ているが・・・。
ラスト.jpg
仕上げ時に吹いたサーフェイサーが白なので見難いとは思うが、一応↑この写真も載せておく。



写真は全てヒール下に17mmの金属を入れUPさせてある (この程度のヒールがworkとしては望ましいのではないかと・・)。
ラストのサイズは5ハーフinch(23.5)、前述したヒールのUP時のラスト長は247mmで、最大幅86mm、トゥの高さは30mm(ヒール17mmUP時、FL45mm)だ。


まず、全体のバランスを見てほしい。なんせ、初めて作ったラストなもので・・。上面からの写真は、遠距離から望遠で撮ったわけではないので、下に引いてある方眼マットの線は、ラスト各部のエンドラインとは重なっていないので注意! (方眼は無視してくれ)。

とりあえず裏面 (ついでに載せるだけだが)。


次に、トゥの形状を見てほしい。RWみたいな “ツン” と上がったものにしたかったのだが、どうだろうか?。やりすぎではなかったか?。

↑暗くてわかりづらいが、ヒール17mmUPした状態 (一応、言っておく)。





にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村


2012.05/02 Wed 00:00|製靴||TOP↑
今日、NHKの方が訪問してきた。

しかし、【私は、テレビを見ない。】

とりあえず、 『申し訳ないんですが、ウチはテレビが無いと言いますか、最近いただいたのですけど、ブラウン管のヤツでして、それにDVDプレイヤーをつないでいるだけでして』
と、私が言うと、NHKの方はこう言った。
『ブラウン管テレビに地デジチューナーをつないでご覧いただいているということですね。』

・・・・おいおい!。
《テレビが無い》 と言って、受信料を払わない人がいるのだろうが、世の中には本当にテレビとは無縁の生活をしている、私のような人間だっているのだ!。
NHKの方は、まるで 【嘘つきの相手に “仕方ねーな” と思っているのを顔に出さないようにしている】 かのような態度で去っていった。
オイオイ、ウチは 【本当にテレビ映らないんだよ!】


もう10数年も前だが、今とは違う都市に住んでいた頃、訪問してきたNHKの方に、
『テレビが無くて生きていけるわけが無いでしょ。テレビを見なくてどうやってお友達と話をするわけ?。話題が無いでしょ!。友達いなくなるわよ!』
と言われたことがあった。

自分と同じでない人間が信じられないのだろう。
そして、誰かに都合よく画一化させられている事に気が付かないのだろう。
それに、テレビを見ていないことで去っていくような友人なら、私はいらないし・・。


私がテレビを見ないのは、単に・・
【知ったかぶりみたいな人たちが、調べもせずに評論しているのを見ると、気が滅入る】 とか、
【他人を馬鹿にしたり、差別したりして話題を作っているノー天気なタレントを見ると殴りたくなる】 とか、
【無駄な消費を煽るような、大企業の宣伝のような言動のジャリタレを見てると腹が立つ】 とか、
【説明と画像が違っていたりして、意図的に世論を為政者に都合のいいように操作している様な事をたまに見かけるから】
・・とか言うような、理屈優先で見ていないわけではないのだ!。

テレビを見ないわけは、私の感情の問題なのだ!
テレビよりも、本を読んだり、考え事をしている方が楽しいのだ!。
子どもの頃から、みんながテレビを見ているのに、私だけ一人で積み木をしたり、絵を描いていた・・。子どもの頃から、それが私のやりたいことだったのだ。


ちょうど、このブログを入力しているページに、“mr.children”の広告が出てきたが、18~19年ほど前、私が仕事に就いたばかりの頃、街角でたまたま再会した同級生の女の子数人に連れられてカラオケに行ったことがあった。
その時にテレビを見ない私が“mr.children”を知らないことに対し、同級生が言った一言は今でも覚えている。
『テレビを見ないなんて、そんな無理をしたらだめだよ』

・・・いや、無理なんかしてないし・・・。
いくら私が本当に興味がない事や、仕事 (当時は “施設づくり” が私の一番大切な事であった) や趣味の方が興味のあることであると話しても、 “嘘あつかい” であった・・・ (ちなみに、いまだにmr.childrenがどういう人たちか知らない)。

別に、他人がテレビを見ていようが、見ていなかろうが関係ないし、他人のライフスタイルに興味もない。

そして、私に言わせれば、テレビを見ないことは、別に“個性”でもなんでもない。
単に、人生の生活スタイルの些細な違いなだけだ。



あっ、そうそう忘れてた・・。

綺麗な音を拾えない私の耳にとっては、テレビの音は会話の妨げにしかならない。
私が客として訪問しているのに、テレビが付けっ放しの友人宅が多い。
聞き取れないから、何度も聞き返しをしているのにもかかわらず、テレビを消す事に気が付かない。
そんなに、うるさくしておきたいのかよ!。
・・・・ってことがよくあります。


もうひとつ、追加。大事なことを忘れてた。
今回のNHKの人が、テレビを買わない訳やら興味やらを根掘り葉掘りしつこく訊くから、言ってやったが、 『私は、相手の表情をみたり、唇を読みながら、頭の中に幾通りの語彙と文書を並べて、不鮮明な音を判読しているんだ。テレビじゃそれは益々難しい。たかがテレビのために、苦労はしたくはないんだ』 。
知らない人に言いたくもないような、こんなことまで言わなきゃならないほど、今回のNHKの人もしつこかったんだ。





にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村


2012.05/03 Thu 00:00|はみ出し者||TOP↑
※※2018年4月27日に、手違いで画像が消去されました。※※

子どもが生まれて、沢山の方から色々な物をいただいた。
だが、贈りたい気持ちがわかる (思想は別として、「私もその気持ちはわかる」・・と、いうこと) ものばかりではない。
一体、何故これを買ったのか理解に苦しむ物も多い。

↓これがその物だ!。
両手マグ



いったい何ですか!。これは。

意味がわからない!。

こんな物、必要なのか?。

両手マグ” と、言うらしいが、まずもって、【形がみっともない!】。
次に、【こんな形の(将来使うであろう)食器はない】。
さらに、【これを使わないといけないのか?】。


かなり親しい人が、何故、私たちにこれを贈るのだろう?。


【疑問 その1】私たちの考え方を知っているのでは?。

私は常々、『世の中には、“無駄な物” が、あふれている』と考えている。
無駄なエネルギーを使って、要りもしない物を生産し、さも必要であるかのように宣伝し、消費させる。その過程で、貧しい国の貧しい労働者を安くこき使い、貧しい国の中での貧富の差を拡大させる。
そういう事にできるだけ反対している私たちの生き方が理解されていないとすれば、私たちのせいかもしれない。


【疑問 その2】こんな物が本当に必要だと思っているの?。

こんな物が無いと、コップを持ったりできるようにならないのか?。
だとすれば、我々の世代は、顕著な障害もないのに皆コップを使うことができないわけか!?。
食器を使う作業動作の発達に、こんなもの必要ないよ!。
私、退学したとは言え、専門教育受けてるんだけど・・。私がこれを見て、『良い物くれたわー!』とか言うと思ったのか?。私、バカじゃないんです・・・。一応、退学の理由も、教員曰く “素行不良” だからだそうで、成績が悪かったからじゃないんですけどね・・。


【疑問 その3】必要だと思うのなら、何故使い古しをくれないの?。
何よりも、元々 【買って→捨てて】の使い捨ての考え方の商品だろ。だったら、どうして更に使い捨てをさせるの?。常々『おふるでいいんだ。いや、おふるがいいんだ!。もったいないから。それが私たちの思想なんだ!。』って、言っているのに・・。
伝わっていないのは、やはり私たちのせいだわ・・。
(但し、一番上の写真の2つは、“おふる” です。※2018年4月27日に、手違いで画像が消去されました。※)
新品を買うお金があるのなら、自分の子どもにおいしい物でも買ってあげてください!。


【疑問 その4】何でみんなこればっかりなの?。

どうすんだよ!。こんなにたくさん!。

コレ、どうすりゃいいんだー!。
まだあるし・・・。何個あるのか数えたくもない・・・。






            にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
            
               


2012.05/06 Sun 00:00|未分類 (あれこれ)||TOP↑
※※2018年4月27日、手違いで画像が消去されました。すみません。※※

『両手マグが、いらない理由が明確ではない』
『どうして、そんなに両手マグを嫌うのか?』
とのご指摘をいただいた。

私の説明不足であったと思う (自分でも思っていました。すみませーん)。


まず、両手マグの利点を挙げる。
・こぼれにくい(“こぼれない”のかな?)
・慣れれば一人で簡単に飲むことができる(大人の補助がいらない)。

利点は認めます。
しかし、ほとんどの製品に、その利点が強調されずに、嘘か誠か疑問のある利点大々的に・・・ 【コップのトレーニングになります】 などと書いてあります!。
ここに疑問があるのです!。


《何故、トレーニング効果に疑問があるか?》
※読みたい方は、以下の文を読んで下さい。面倒臭い方は飛ばして下さいね。※

まず、通常のマグカップの動作獲得ができていない幼児が、両手マグを使用する動作について考えてみる。

【両側から同等の力で挟みこんで自己の正面の位置をキープする】ことが推測される。

これは、乳幼児においては、通常のマグカップでも同じ動作になると考えられる。だとすれば、通常のマグカップの動作獲得に繋がるだろうか?。
例えば、通常のマグカップ(以下:通常マグ)の場合、取っ手を把持している側を “主動作手” 取っ手のない側を “補助手” と考えると、補助手の手指は伸展している。
同じ動作で両手マグを使用していれば、補助手の手指は屈曲位である。
手指の伸展・屈曲に関わる筋群の内、力を持った主なものは、手関節をまたいでいる。しかも、その主なものは肘関節もまたいでいる(特に伸筋)。
つまり、末梢の手指の肢位が、通常マグと両手マグでは、全く違うわけであるから、前腕の肢位を決定するにあたって、使用される筋のバランスの割合が違ってくる。脳がその筋の動作を覚えるにあたって、一時だけの両手マグの動作を覚えるよりも、人生で今後も使うであろう通常マグの動作を覚えこませる方が効率はいいのではあるまいか?・・・と、思うのだ。
さらに突っ込んで言えば、その【両側から同等の力で挟みこんで自己の正面の位置をキープする】動作が、本当に通常の大人のマグカップの動作獲得に繋がっているのかも多少の疑問があるが、ここでは触れないことにする。誰か、研究した人がいたら教えて欲しいものである。


更に、乳幼児が両手マグを使用する動作には、もうひとつ考えられるはずだ。

【両側から同等の力で外側に引っ張って、自己の正面の位置をキープする】ことも考えられないだろうか?。これは、両手マグにしかできない動作だ。
この動きで使用すれば、トレーニングにならないのは明らかだ。



・・・以上のことから、両手マグの 《コップ動作のトレーニング》の有用性には疑問を感じるのだ!。


にもかかわらず、↓こう書いてある。
嘘1.jpg

ほら、↓ここにも・・。
嘘2.jpg


そして、この記述が、我が子の発達を心配する【親の不安の心理につけ込んだ】 
モノの売り方に感じるのです(私の主観ですがね・・)。
だから、嫌いなのです。


もうひとつ、嫌いなわけは、マグカップの基本形は長い歴史の中で培われたものであり、あの “非対称性” こそが機能美なのであり、工業デザインの基本形として完成されたものであると思うのです(あくまでも、私の主観です)。
その美を壊しているデザインが嫌いなのです。
ごめんなさい。


更に、もうひとつ嫌いなわけは、【安易な“やっつけ仕事”に見える】のです。
シャレではないが(シャレだろ!)、“取って付けたような、あの余計な取っ手” が、イライラするのです。あんな幼稚で安易な発想が、資格を持ったプロの医療従事者が出したのだとしたなら、すごく腹が立つのです!。
ハッキリ言って、“素行不良”などとでっち上げの理由をつけられて、単位を取っているにもかかわらずに、退学を余儀なくさせられた私のヒガミですけどね・・・(指摘される前に言っておきますよー)。



近いうちに、他の
【親の不安を煽る】 【やっつけ仕事的なデザインの】
【トレーニング効果のない(であろう)】 【私がヒガミを感じる(笑)】

 商品について書かせていただきます。



にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村


2012.05/09 Wed 00:00|未分類 (あれこれ)||TOP↑
このブログで何度も、子どもとしつこいくらいに向き合って、関わっていくことの大切さを書いてきた・・・。

だが、勘違いしてはいけない。

それは、親の立場から見ると、 “親としての自覚をしっかり持つ為” であったり、 “共に成長する姿勢を大切にする為” であったり、 “話し合うことが人間としての基本姿勢であるから” で、あったりするのは、言うまでもない。
対して、 【子どもの為】 の視点から見ると、その様な対応は、 “子どもの心の些細な 「傷」 防止の為” であって、決してその様な対応で “発達障害” を防げるわけではない!
あたりまえなのだが・・・
その“あたりまえ” を、あえて書かねばならないなんて、信じられない世の中だ。
しかし、一応、彼らとは違うということを表明しておかねばなるまい

これは政治ウンヌンである以前のことだ!
この分野に関わってきた者としてだけではなく、ガキの頃から “自由” に対する意識が強く、 “個人の権利” を守ることにこだわってきた者として、書かせていただきます(以下)。



大阪のアホの率いる地域政党の政治屋どもが、 《子育てで発達障害が防止できる》 となど、ほざきやがった!
戦前の母親の子育てがいいと思っているらしい。

障害ってどういう状態か知っているのか?。愛情を多くかけることで障害が表出されないだと?

『んなわきゃねーだろ!タコ!』 (今回は、口が悪くて大変申し訳ありません!。)

知らずに言っているとしても、 【差別】 だ!。

だが、この場合、彼らに“発達障害に対する”差別的意図があったかどうかはわからない (意図があろうがなかろうが、傷付く人がいれば十分に“差別”なのだが・・) 。

政治屋どもは、 “障害を持つ子の親” に対する差別的意図があるのだ。
(通常よりも手がかかるということは、 “生活をより多く制限される” ってことなのだから、通常の人と比較すれば社会的弱者といえる。毎度の事ながら弱い者には厳しいんだね・・。)


そもそも、差別であるかどうかの前に、彼らのいかれた理念の表出なのだと思う。
彼らからすれば、 『自己責任』 とやらにしたほうが、 (コメ国を除く) 先進国では当たり前である行政サービスを行わなくていいからね。

だいたい、 『自己責任』 とやらの言葉を作ったのも政治屋だ!。
民主主義において、建前は 「国民のため」 なのであるから、行政を行う者が言う言葉ではない!。
しかも、 『自己責任』 って、それ自体が日本語として間違っていますし・・。

今回の条例案を作った政治屋どもを率いる親玉は、いつもは差別と 『自己責任』 とやらの押し付けのくせに、上手く反対の立場にいるかのように誤魔化しちゃった  (すごいなー。その誤魔化しの手腕がネットで賞賛される一因なのだろう・・) 。
障害者自立阻害法もそうだが、 “弱い者相手には、厳しく・大きく出る” のだね。また、そういう人が『勢いがある』と思われて、支持されるのもおかしいのだが・・。
しかし、昨今の政治屋って、人格(性格)に問題のある人が多いな。


おっと、話がそれちゃった。元に戻そう。

より、突っ込んで言うと、私は、ここに女性差別を感じるのだ。

大体、戦前の母親は、育児だけを押し付けられていただけじゃないんだ。
家事も家業もやっていたんだ。“嫁”と言う言葉が示すとおり、 「家の所有物」 みたいな状態だったんだ (斎藤美奈子 著:モダンガール論 に、老人からの聞き取りが詳しく書かれている。私も親戚のバーチャンたちといつも話をすると、よく聞いたもんだ・・。・・で、あるから、私は “嫁” という言葉を使わない。余談だが、夫が配偶者のことを 「ウチの嫁が~」 とか言うのも日本語として間違っている・・・) 。
そういうこともわかってんのかな?。

要するに、基本的に女性をバカにしているから、そのような昔の社会を崇め奉ったり、現代の発達障害の問題を “女性の責任” にすり替えたりしてんじゃないのかね?。

『性格や考え方は直せるんだぜ!障害と違ってね!』 
(障害は治せないのですが、社会に対応するということができます。また、対応していく社会作りや支援が大切です。わかると思いますが、一応書いておきました) 。

人格 (性格) に問題のある人と差別については、後日あらためて書こうかな。


あっ、一応言っておきます。
私はいつも、 “女性の味方” ですから・・。






にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村


2012.05/10 Thu 00:00|差別・人権・民主主義||TOP↑
プロフィール

DANGER MELON 

Author:DANGER MELON 
はみ出し者と言われ続けて30数年の某県△△市在住197?年生まれ自称39歳の専業主夫。

履歴:高校在学中に無認可障害者施設開所運動に関わり、高校卒業と同時に開所。以後数年間施設職員。それ以後は仕事も無くアルバイト+他で何とか食い繋ぐ。医療職を目指し齢31で進学、6年次に難癖付けられて退学。以後専業主夫。

思想:平和と民主主義を望む。足元はブーツのみ。セーターは着ない主義。

嫌いなモノ:差別、キノコ、弱い者イジメ。

好きなモノ:多数。書ききれません。当ブログ内で少しづつ紹介していきます。

過去の日付の遅延投稿 ならびに 最新追記 については、カテゴリー【おしらせ】をお読み下さい。友人の皆さんへのメッセージもあります。リンクについての記述もございます。 


※限定公開記事のパスワードは、連絡が取れる方は本人にご確認下さい。
※文書および画像の無断転載、また日記的出来事のエピソードの流用を禁じます。それらを発見した時は、法的措置を取らせていただきます。
※但し、政治屋批判の画像に関しては、遠慮なくご自由にお使いください。断りも入れなくて結構です。
※エピソード流用をご希望の方は、ご連絡下さい。
※どうしても連絡が必要な方は、連絡方法をご面倒ですがお探しください。

※月別・カテゴリー別・記事検索結果は、古→新と表示されますので、最下部のOLDをクリックしても、新しい記事になります。

最新記事
カテゴリ
参加しています
検索フォーム
月別アーカイブ
アクセス
閲覧中
現在の閲覧者数:
リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR