property="og:title" content="ページタイトル" /> property="og:image" content="画像URL" /> 2013年07月はみ出し者の閾値
FC2ブログ
暑いので、毎日、午前中は裸で風呂場で水遊びをさせている。

去年の今頃は、寝返りを打てるようになったばかりで (とは言え、7日間は腹臥位から背臥位に戻ることができなかった。あの1週間は、私は夜も眠れなかった。今考えると笑えるのだが、大変であった。) 、自由に動くこともできず、あせもができないように1日に何回も清拭していた。
今年の夏は、私のあせも予防も兼ねて、2人で水浴びをしつつ水遊びをして、汗を流すことにした。
私は10分ほどで、 『お父さんは、大人だからフル○ンでいるわけにはいかないんだ。 突然、お客さんが来るかもしれないからね。 先に着替えるよ。』 と、声をかけ、先に着替えて、以降は風呂場の外から子どもを見ている。


まだ、ウチの子には早いが、水遊び用のおもちゃを昨年末に買った。
↓これ↓。


  
私は近所で買ったが、近くに取り扱っているお店が無くても、ネットならどこにいたって買える ( 「すごいよね」 って、つくづく思うよ。) 。

子どものおもちゃを買う時 (子どものおもちゃだけでなく、全ての買い物の際に・・ではあるが) に気を付けたいのは、 【貨幣価値の違う国の子どもを働かせて作ったものでないこと】 、 【貨幣価値の違う国の貧しい人を安い賃金でこき使って作ったものでないこと】 だ。
できる限りではあるが、こういうことを大切にしていると、多くの人から文句を付けられる。 
『なにがなんでも、安ければよい』 とか言うのは言語道断だが、流行に左右された生活をし、ユニクロの搾取服を1シーズンで使い捨てにして、さらには携帯電話もPCもデジカメも持っている人が 『私たちだって貧しいんだ。仕方がない。』 などと言うのは、ブン殴ってやりたくなる (もちろん、殴ったりせずに、相手が反論できなくなるまで論破するのであるが・・・。最近、私の周囲にはロクな奴がいないよ・・・。 
それどころか、 『○○人のことなんて、どうなったっていいよ。あいつらが苦労しようが、病気になろうが、労働が元で死のうが、どうなろうが俺には関係ないし、知らん。』 などと言う奴もいる。反論したら、話を “私が主夫をしていること” にすり替えてくるし、マジで殴ってやろうかと思っちゃった・・・。昔はあんなヤツじゃなかったのに・・。) 。

その点、このおもちゃはドイツのメーカーが作った、 Made in Germany であるので、 【貨幣価値の違う国の人からの搾取によってつくられた製品ではない】 ので、安心だ (世界中のメーカーが、他国から搾取をしている中で、この様な真面目なモノづくりをしている商品があるのは、とても大切な事だし、搾取した製品と比較すると高いが、搾取していないモノにお金を出すべきだ。) 。

ウチの子にはまだ早いので、このおもちゃセットの一部だけを使っている。
まずは、水車。  900mlのペットボトルの上に、水車を載せて水道をほんの少しだけひねって水をチョロチョロと落として、回している。ウチの子は回るものが大好きなので大喜びだ。

次に、スプーン。  洗面器に水を張り、色とりどりのペットボトルのキャップを浮かべて、回す。それをスプーンですくって洗面器の外に出す。 さすがにウチの子には早いので (まだ、スプーンを自分で使って食べていない。) 、手を取って一緒にやっている。

まあ、このおもちゃは、まだまだ先に活躍してくれるであろう。


今の段階で、ウチの子が一番楽しんでいるのは、ケチャップのペットボトルを洗面器に突っ込んで中に水を入れ、それを洗面器の外に出す。 洗面器に水が少なくなると、私が 先程の水車の下のペットボトルから補充する。 
これを、延々と1時間半くらいやっている。

安い搾取の製品を買うのは嫌だが、お金をかけるだけが能ではない。 洗面器とペットボトルとペットボトルのキャップだけでも、十分に子どもは喜んでくれる。





にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村


2013.07/03 Wed 02:42|おもちゃ・絵本||トラックバック(0)TOP↑
私は神経質だ。こだわりも強い。
何でも自分の思うとおりにしないと気が済まない。

神経質なのは、結構イイ面もある。カスピ海ヨーグルトの量産において、全く菌が変質しなかったりする (ネットの書き込みを読むと、みんな菌を変質させているらしいし、知り合いからもそういった話は聞く。 私の場合は、完璧を目指す性格が幸いして、できる限り容器に他の物・・・つまり空気中のモノなど・・が混ざらないようにしたり、できる限りの殺菌を行っているので、1年くらい経っても菌が変質しないのだ。 もちろん、一度に大量に量産することで、培養の回数を減らしているのも、菌の変質を防ぐためである・・・めんどくさがりなのもあるが・・・。 最長で1年くらいの間、新しい菌に変えずに培養し続けたことがあるが、最近は数か月で新しい菌に変えることにしている、一応ね。) 。

しかし、この様な性格傾向の場合、つまずいたり、上手くいかなかったりした時にはイライラするし、そのイライラした自分に対して、自己嫌悪に陥ることもある。
また、この様な性格傾向は教科書的に言えば (あくまでも教科書的に言えば・・・だ。) 、統合失調症などの精神疾患をまねき易い (好発年齢が完全に過ぎているので、安心しているのだが・・・。) 。
いや、それ以前に神経症性障害になりやすい性格であると言える (十分に神経症気味だとは思うが・・・。) 。

まあ、私がここで言いたいことは、 【人間は、どこかで ≪テキトー≫ な部分を持っていないと、人生が行き詰ってしまう。】 と、いう事だ。

今日 (もう昨日だが) は、 そんな ≪テキトー≫ な部分が自分にもあることを再確認して、 
≪ホッ≫ とした・・・・という話です (以下) 。


子どもをカミサンに見ていてもらい、歯医者へ行った。もちろん車でだ (かなり遠くの歯医者に行っている。) 。
しかし、クーラーを 【Hi】 にしているのに、車内が全く涼しくならない。3日前に電装屋に行って、ガスを補充したばかりなのに、生ぬるい風しか出ないのだ。

『もう、この車のクーラーも終わりか。修理するか、車を探すかしないと・・・』 と、マイっていた。

歯医者からの帰り道、もう少しでウチに着く頃になって、やっと冷たい風が出た。
あわてて窓を閉め、車を止めた。エアコンの作動に伴って、回転数が上がったとことや、ラジエターファンの回る音などを確認した。
そう、思い出したのだ。
エアコンが作動している際に、しているべき音がしていなかったことを。
そして、私の車のエアコンが、きまぐれクーラーであることを。

そして、ホッとしたのだ。こんなことを忘れていた、自分自身のテキトーな部分に。




そうそう、一応書いておきますが、私の車には他にも、

アイドリングが必要な時であるのに、エンジンが止まってしまう
 『きまぐれアイドリングストップ』
 
や、
突然ハンドルの重さが変わる
                                           『きまぐれパワーステアリング』 


も 装備されているのだ。

すごいだろ (笑) 。


こういうボロ車を使っている生活は、結構楽しいものだ。



にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村


2013.07/13 Sat 02:17|はみ出し者||トラックバック(0)TOP↑
プリンターを使おうとしたカミサンが、 『印刷されない』 と言う。
クリーニングを何度おこなっても、ノズルチェックのパターンすら印字されないのだ。

正直言って、お手上げだったので、修理依頼をすることにした。

Canonのページを開き、確認すると、もう修理対応をしないことになっている・・・。
発売からまだ数年しか経っていない機種なのに・・・。

仕方がないので、かなり場所を取るが、スキャナとしてだけ使うことにした。


さすが、 『派遣社員は調整弁』 とか言って、
【人を弁扱い】 して、
自由に使い捨てにする会社だけあるな。


自社製品も使い捨てを推進してるんだな。

人も、モノも、使い捨てかよ。

仕方ないので、しばらくはプリントを我慢することにした (カミサンの仕事で必要になることがあるので、いつかは購入しなければならないのだが・・・。) 。
場所は取るが、スキャナーとしてだけ使おう・・・。





にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村


2013.07/20 Sat 03:08|未分類 (あれこれ)||トラックバック(0)TOP↑
韓国と日本のサッカーの試合で、旭日旗を振った人がいるらしい。
日本人から見ると、何とも思わないモノであっても、他の国の人間から見ればいい気分はしないものはあるだろう。
いや、それどころか、相手が何処の国の人間であったとしても関係なく (自国の人間であったとしても・・ってこと。) 、各個人個人がどんな感情を抱くかと言うのはわからないものであるので、それなりに気を使うべきだ。まして今回のように、文化や歴史が違う場合や言葉が違う場合は、特に気を遣うべきだ。

正直に言って、旭日旗を振ったことから始まったいがみ合いは、どっちもどっちだと思う。
だって、報復の幕を用意してあったんだろ?。
お前らは、スポーツ観戦を楽しむ態度じゃないよ。ケンカや殺し合いがしたいのなら、レイシスト同士で一般人の迷惑にならない所でやりな!! (←これは、元都知事のチン太郎ジイサンをはじめとする、差別大好き政治屋どもにも言ってやりたい。) 。


本題に入ろう。 またしても “偽日本語” の話である。

これについて、シモムラとかいう文部科学大臣が 『国の民度が・・・』 とか言ったらしい。
たかだか一部のアホで過激なサッカーファンの暴走について、大臣ともあろう者がわざわざくだらんコメントを言うこと自体が、小者臭くてこっ恥ずかしいし、ビックリしたのであるが、もっと驚いたことがあった (以下) 。

「民度」 ・・・何のことかと思ったぜ。
「印度」 のタイプミスかと思っちまった。

要するに、 ≪民主主義の浸透度≫ とでも言いたいのだろう。
客観的・数値的尺度で測れないもの を、わざわざ 客観的評価ができるかのような 尺度で表そうとする なんて、
【他人に対してのそういう行為自体が差別である】
事に気が付かないらしい
 (もちろん、他国の人全てを対象にして決めつけること自体が差別なのではあるが・・・。) (当ブログ名も、客観的数値で表せない 【はみ出し者】 となるラインを問うかのように、 『閾値』 という言葉を使ってはいるが、自分自身の事であると同時に、こいつは 【シャレ】 なのである。 ミンドなどと言う頭の悪そうな単語を使う人には、シャレっ気など理解できないだろうが・・。) 

この様な 「私、頭が悪いですよ~!」 と言っているにも等しいスラングを、政治屋が使うのにも驚いたが、なんと この下村、文部科学大臣だって言うじゃない!。あんた、正しい日本語も使えないのに文部科学大臣なの?!。

オイオイ、アベチャン、お友達の下村君って、ちっとも愛国者じゃないよ。美しい日本語も使えずに、日本語ではない単語を使ってるよ。 (どこの国の言葉でもありません。)

さすが、アベ・ハートのお友達だけあるね。

※ちなみに、このゲムラ君、 『学習障害は親の育て方のせいだ』 って言っているトンデモ医者の信奉者らしい。大阪の地域政党から始まったハシゲの党の、自分たちの議員としての地位と利権を守ることだけの為に風見鶏のようにハシゲについて行った見苦しいオッサンたちと同じなんだね。 こんな人が上に立っているんだもの、この国の福祉も教育もよくなるわけがないし、差別をするような馬鹿野郎が量産されるわけだ。 世も末だぜ。※






印度と言えば、やっぱりカレー。と、いう事で、本格インドカレーのお店です。
ここのカレーは無添加・無化調で、すごくおいしいです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村


2013.07/31 Wed 02:35|差別・人権・民主主義||トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

DANGER MELON 

Author:DANGER MELON 
はみ出し者と言われ続けて30数年の某県△△市在住197?年生まれ自称39歳の専業主夫。

履歴:高校在学中に無認可障害者施設開所運動に関わり、高校卒業と同時に開所。以後数年間施設職員。それ以後は仕事も無くアルバイト+他で何とか食い繋ぐ。医療職を目指し齢31で進学、6年次に難癖付けられて退学。以後専業主夫。

思想:平和と民主主義を望む。足元はブーツのみ。セーターは着ない主義。

嫌いなモノ:差別、キノコ、弱い者イジメ。

好きなモノ:多数。書ききれません。当ブログ内で少しづつ紹介していきます。

過去の日付の遅延投稿 ならびに 最新追記 については、カテゴリー【おしらせ】をお読み下さい。友人の皆さんへのメッセージもあります。リンクについての記述もございます。 


※限定公開記事のパスワードは、連絡が取れる方は本人にご確認下さい。
※文書および画像の無断転載、また日記的出来事のエピソードの流用を禁じます。それらを発見した時は、法的措置を取らせていただきます。
※但し、政治屋批判の画像に関しては、遠慮なくご自由にお使いください。断りも入れなくて結構です。
※エピソード流用をご希望の方は、ご連絡下さい。
※どうしても連絡が必要な方は、連絡方法をご面倒ですがお探しください。

※月別・カテゴリー別・記事検索結果は、古→新と表示されますので、最下部のOLDをクリックしても、新しい記事になります。

最新記事
カテゴリ
参加しています
月別アーカイブ
アクセス
閲覧中
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR