property="og:title" content="ページタイトル" /> property="og:image" content="画像URL" /> 2015年11月はみ出し者の閾値
FC2ブログ
幼稚園の役員の1つが、やっと終わりそうだ。
PTA主催のバザーの委員なのだが、たった2時間のバザーに、4月から長々と会議。しかも、その内容は、 『文句が出るかもしれないから・・・』 (←この言葉、カアチャンAとカアチャンBの2人で、多い日は50回以上も言ってた。) ・・・ってな感じで、延々と続くどうでもいい話だ。

先日、なんとかバザーも終わった。

・・・で、最後の反省会。

やはり、 【文句が出る】 事を気にする話になる。
『今回は文句があんまりなかったみたい。』
との話に、私の隣に座っていた、同じ年少の隣のクラスの委員のカアチャンAが、 『よかった~。文句が少なくて。ホントによかった。私、もうその事だけがずっと気がかりでさぁ~。』 と言う。

その直後に、私が 【みんなが気にしている“文句”の事は、運営の方法を見直すことで解決したらどうか (もちろんだが具体案アリ) ・・・・】 って事を話そうとしたのだが、切出しの一言を言い始めた所で、一切受け付けてもらえず、凄いことになってしまった (以下) 。

私: 『文句が出ることを皆さん気にされていましたけど、・・』

隣のクラスの委員のカアチャンA (遮って&すごい剣幕で私に向かって) : 『そんなこと気にしてないわよ!。あなた心外よ!。フンッ!』 そして、私に背を向ける・・・ (数秒前の発言は一体何だったんだよ!。苦笑)  ( 「フンッ」 とか、背を向けてしまうとか、アンタ子どもですか?。苦笑)。

私:『いやいや、あのね、・・』

隣のクラスの委員のカアチャンB (遮って&ボリューム3倍強の凄まじい剣幕で怒鳴る。) :
 『アナタね!、私たちは!!、色々な事をやってるの。
「私はポップしかできないから、ポップだけしかやりません!」 とか言って、ポップだけやっている訳にはいかないのよ!私たちは!!!
 これは仕事なのよ!。 [得意なポップ] とか好きなことばかりじゃなくて!!、嫌な事もできない事も私たちはやってるの!私たちは!!!。 だからそんなの気になる事はあるに決まってるでしょ!。フンッ!!・・・』

続いて、『・・・ポップしか・・・・(ブツブツと小声になって、まるで私の事を ≪ポップしかやらなかった≫ かのような、小言を独り言のように言いつつ、意味深にフェードアウトする)・・・』

・・・ってなことで、全く話も聞いてもらえなかったのだ。
※ 「私たちは」 のくだりでは、3回の内最後を除いてカアチャンBはカアチャンAの方を見て自分の方に視線を移し、そして私の方に鋭く睨みを利かせた。・・・・・と言うことは、 『私たちはアンタとは違って・・・』 と、言いたいのであろう。 たまたまウチのクラスの委員 (すごくいい人) がお休みだったのであるが、ウチのクラスの委員が居たら、どんな反応で 「私たちは」 のくだりを演出したのか見てみたいものだ・・。
(しかし、 「気にしてない」 ・・と、カアチャンAが言ったのに、「気になることがあるに決まっている」 ・・ってのは、どういうフォローなんだよ?。おかしな話だぜ。 )


そもそも、私の論点は 【係に精神的な負担を与えている外圧】 をなんとかしよう ・・って話であって、 【係が主体的に感じる精神的負担】 についてアレコレ言う ・・って話ではないので、全く論点が違うのである。

しかし、私が今回の彼女らの発言で問題とするのはそこではない (と、言うより、私は別に彼女たちを責めるかのように怒って言っているわけでもないし、何をそんなに身構えて防衛的な反応になるのかが不思議だ。 更に、そこから攻勢に出るカアチャンBの行動はもっと理解不能だ。この話で何故、怒り狂わなければならないのだ?。 先日から、さも尤もそうな顔をして、 「しっかりと反省会をして、次に繋げなきゃならないでしょ。」 ・・って、反省会について語っていたのではなかったか?、アンタは繋げる気なんかサラサラ無いんじゃないか!。) 。

まず、どうやら 【ポップだけ】 は、私のことを言っているらしい (他学年のバザー委員の沢山のカアチャンに頼まれるので、私はポップは沢山書いた。まあ、バザーのポップは初めて書いたのであるが、それほどイヤではないし、下手なつもりもない。 カアチャンBが言うように好きでもないけれど。) 。
つまりは、 『私たちは色々やったけど、お前はポップしか作っていない』 ・・と言いたいらしい。
そしてもう一つ、 「ポップしかできないから、ポップしかやりません。」 ・・・・と、私が言ったみたいなニュアンスだ。


しかし、私は 「ポップしかできない」 などと言った覚えはない。彼女らが勝手に 【耳も悪いし、ポップしかできない】 ・・と決めつけたのではないのか?。
だから、私が担当していた物品であるジュースの仕入れにも 『もしも手に入らなかったらどうするの!』 などと、9月以降は毎朝しつこく攻めるように怒っていたのだろう。 もちろん私は、その時の事を考えてあるに決まっているのに ( 「そういう時があっても大丈夫です。その時の用意はしています・・・・」 と、既に何度も説明してあるのにもかかわらず・・・だ。) (ウンザリだぜ。社会人経験が無いわけでもあるまいし、2案3案は用意しているに決まってるだろ・・っての。) (これまでの会議で何度も説明・確認したはずのことを、 『アレは、どうなってんのよ!。』 ・・とか言って、毎朝怒られるのは すげームカつくし、【カアチャンB自身が、人の話を全く聞いていない人だ】 ・・ってことを証明しているようなもんだ。) 。

それに・・だ。私は、ポップや看板製作以外にも色々と担当の事も、担当ではない事もこなしたはずだ。
私の担当物品であるウインナーだかソーセージだか・・の搬入ルートが変わったのは、彼女たちや、園運営の都合であって、私が仕事をしなかったせいではない。 また、子どもの体調などで行けない日だってあるに決まっている 
(・・と、言うか、9月に入ってから、毎日のように朝の挨拶の時から、カアチャンBにキツく当たり散らされていたら、休みたくもなるわ。 9月の終わりからは、 「今日で幼稚園辞めさせます」 って言おうかと、毎日思ったわ。 カアチャンAは、朝の挨拶の時は機嫌もイイし、気持ちのいい挨拶を返してくれるのでよかったのだが、カアチャンBは 私の 「おはようございます」 に対して、 『フンッ!』 だぜ・・・。まともに 「おはよう」 って返されたのは、9月以降は2回しかねーよ。どーなってんだよ!?!。 私が子どもを幼稚園から辞めさせなかったのは、私が行かなくなると、カアチャンBが同じクラスの委員さんにさらに負担をかけることが目に見えていたからだ。どうせカアチャンAも、カアチャンBに同調するに決まってるし・・・。) 。

更に、私は彼女たち2人に命令されたことは全てこなしたはずだ! (意味不明な理不尽な命令もだ!。) 。

自分たち2人以外の年少の委員の人間を、こんな風に見ていたのだと言うことがわかる発言だった。

9月に入ってからは、朝から不機嫌に当たり散らされ、耳の事に対する失礼な発言が2人から何度かあっても、私は彼女たちの 【イイ所】 を見ようと努めてきたつもりだ。 
カミサンにも彼女たちの 【イイ所】 を話したり、 『今彼女たちがイライラしているのは、彼女たちが大変な状況に置かれているからなのだ。だから、彼女たちの言いがかりにも近いストレスぶつけも我慢しよう。』 と、毎日毎日自分自身に言い聞かせてきた。

でも、今回の発言で全てがわかった気がしたのだ。

・・・ったくよぉー、やってらんねーゼ!!!


・・・っていうか、もう終わっちゃったから、やらなくてもいいんだけれどね・・・。

しかし、ズルいなぁー。人を悪者に仕立て上げるような発言が、 『あなたは~だ。』 と、断定していない言葉で語られるのは・・・。
『そんなつもりで言ったのではない。』 『あなたがそうしたとは、ひとことも言っていない。』 ・・・・とかって言い訳が、いくらでもできるんだからな・・。
だからこちらも迂闊に反論できなかったのだ  (例えば、断定されていもいないのに、 『その言い方では、まるで私が・・・と言ったみたいだし、しなかったみたいじゃないかい?。』 と、私が反論したとする。 そこで、カアチャンBが前述したように 『あなたがそうしたとは、ひとことも言っていない。』 と、赤字部分を強調して反論されたなら、私が無駄に言い訳を続けているようにも聞こえてしまう。反論した方が、被害がより大きくなってしまいそうだ。) (断定されていれば、 『私、そんなことひと言も言ってませんし、ポップ以外にも○○や××もしましたし、今の話もお2人を攻めようとしてなんかいませんよ。 みんながプレッシャーを感じなくてもいいようなシステムを考えてあったので、今それを話そうとしていたのですが・・。 そのようなひどい言い方をなさるのでしたら、私はこれ以上は話せませんね。 困りました・・・。』 などと言ってやれたのに・・・) 。

・・・ったくよぉー、マジでキタネーヤツらだゼ!。

この言い方・タイミング・相手を封じる手口と・・・、カアチャンBは人を攻撃することにすごく慣れてやがる!!!。 以前に関わってしまい、大変な目に遭わされたサイコパスみたいだゼ (カアチャンBの場合は、サイコパスとかではなくて、ナチュラルな状態であのように思考や言動が支離滅裂な人なんだろうけど・・。まあ、一言で言えば、 『パッと見はいい人そうだけど、思慮が浅い人』 ・・って感じかな・・・。) 。
あーあ、もうウンザリだぜ。
ホント、やってらんねーゼ!!!






にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村


2015.11/07 Sat 01:43|未分類 (あれこれ)||トラックバック(0)TOP↑
理不尽なことを求められ続けた委員の集まりではあったが、幼稚園のバザーは既に終わった。
反省会では、もの凄く失礼なことを言われて、とても腹が立った (反省会の終了後の移動中にあまりにもムシャクシャして、窓から出していた手で車のドアを小突いたら、思いっきりへこんでしまった・・。) 。
しかし、バザー自体が終わったことで、もう、委員の仕事は終わりなので、少しはホッとしていた。・・・・のであるが、よくよく考えるとそんな甘いことはない気がする。

反省会では、まず最初に集めたアンケート用紙を全員で回し読みしたのだが、何故か私の書いたアンケート用紙は入っていなかった。
それには、あまり突っ込んで沢山書いてはいないのであるが、ここいらで長年踏襲してきたやり方を変えて、委員になった人に 『自由に』 やらせるようなことにしたらどうか…って感じのことを、あくまでも “サラッ” と 書いたような気がする (忙しかったので、5分くらいしか時間が取れなかったので、反省会で具体的に言おうと思っていたのだ。) 。
つまりは同じ年少の隣のクラスのカアチャン2人だけではなく、アンケート用紙を管理している他の学年のカアチャンたちも、結局は「あーだ、こーだ」と言いながら、現状を変える気がサラサラないのだろう 
(私がカアチャンBに反論をしなかった訳は前の投稿で書いた。・・・が、もう一つの理由がこれなのだ。・・・少なくとも、アンケート用紙を管理している委員長は必ず・・・であるが、カアチャンBの息がかかっていると判断したからだ。) 。 
まあ、早い話が、一言で言えば、 『保守』 って事だろう。 自分が困らなければ、また自分が被害に遭わなければいいのであろう
(保守の人って、マジで理解不能だよ。意見は全て 「=文句」 と捉えるし、自分をチヤホヤしてくれる人だけが 「=仲間」 。仲間には気を遣うけど、本心から相手の立場に立てるような想像力は無い、そのくせ自分がたかだかバザーごときで 「社会の為になる事をした」 と信じ込んでいるメサイヤコンプレックスだったりする。それこそ、アンタを救いようがない・・・って感じだよ。・・・考えれば考えるほど、アベ・ハートとそのお友達の自民党の議員と同じだと・・・。) 。

問題はここからだ。被害に遭わないと言うことは、他の誰かが被害に遭っているのを黙認するか、その継続の手助けをしておけば自分は被害に遭わないまま居続けることができるはずだ・・・・と、言うことだ (保守の人の思考って、そんなモンだ。 いろんな所で、たくさん見てきた・・。) 。
毎朝、園に子どもを預け終えたばかりのカアチャンたちが、幼稚園の周りのあちこちで井戸端会議をしているのは、毎日目にする光景だし、その話題として、被害 (私が被害を被るのだ) の継続の手助けとなる噂がオモシロオカシク出されるのだと思うのだ。

年少の隣のクラスのカアチャン2人が、私と言う共通のターゲットを作ることで結びついたように、今後は今回一緒にやった委員の何人かの口から、 【ある事ない事】 が、沢山の親御さんたちに語られていくのだろうな・・。

既に、反省会での隣のクラスのカアチャンBの発言を聞いた年中クラスと年長クラスのカアチャンたちには、 【私がポップしかやらなかった】 とか、 【私が 『ポップしかできないので、ポップしかやりません』 って言った】 と、いう認識が植え付けられていることだろう (年少クラスは年少クラスだけで集まって、委員の仕事をこなしていたので・・だ。学年ごとに振り分けられた仕事が、何をしているかは知っていても、他の学年の詳しいことは知らないからね。) (以前に私が言った言葉が、2時間後にはいろんなカアチャンたちに広まっていたことがある。 その調子で 【私がポップしかやらなかった】 とか、【私が 『ポップしかできないので、ポップしかやりません』 って言った】 ・・って話があっと言う間に広まっていくんだろう・・・。) 。


意見は聴いてもらえない、理不尽な扱いはされる、どうでもいい話の長々とした会合で時間を割かれる、不可抗力な障害の事でトヤカク言われる、後半は特に毎日酷い態度で扱われる、・・・・etc・・・・・と、かなりツライ数か月を我慢してきた。
《するは一時 名は末代》 とは言うものの、今回の私の場合は、 「ほんの数か月の我慢だ」 ・・と、自分に言い聞かせて、腹が立つのを我慢して頑張ったのにもかかわらず、最後には不名誉が残るなんて・・・アンマリだぜ。

更に、今後も、あの2人の口から、イロイロと言われていくのだろうな・・。


・・・ったくよぉー、メンドーなことだぜ。

やってらんねーぜ!!!。

旦那を呼び出して、抗議してやりたいところだぜ (・・ってか、生意気そうな態度の悪い旦那だったら、確実に言ってやってたところだ。しかし、あの2人の旦那は、すごく優しそうな人なんだよ。・・・ってことで、私が我慢するしかないね・・。) 。





にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村


2015.11/07 Sat 03:53|未分類 (あれこれ)||トラックバック(0)TOP↑
前回の投稿で触れた、幼稚園のバザーの委員で一緒にやってきた同じ年少クラスのカアチャンたちに、
『オツカレさーん、これ、オレから、今回のお疲れさんって事でのクダラネー贈り物。』
・・・って言って、渡そうと思って作り始めていた革細工があった。


バザーが終わって反省会までの期間にやり始めたのであるが、まだ1人分の切出しどころか、試作設計したばかりの切出しが製作の途中になっている段階で、作業机の上に置いてあった。


《どんな事を言われたとしても、個人個人の感情は色々な個別の事情によって生じるものなので、私が水に流せばいいことだし、みんな頑張ったし、労ってあげたい。》 ・・と思って、前々から考えていて、バザー終了後に取り掛かったのだった。



でもよ、今回の (前2回の投稿の話です。 一応書いておきます。) 言われようで、ホントにそんな気が失せたのだ。

そもそも、隣のクラスの委員のカアチャン2人は、私の耳の聞こえのことで酷いことを言った 
【自分自身が同じような耳にならないと解らないような、無神経で不感症な奴ら】 なんだぜ!。
それに、ウチのクラスの委員のお母さんの身体に配慮すらせず、余計なストレスをかけ続けて危険にさらした・・・・ということもあったのだ (いずれ書きます。) 。

・・・にもかかわらず、今回の反省会の件が無かったとしても、こんなモンを用意しているなんて、私はホントに、バカみたいだ。


※追記※
よくよく考えると、本当にバカみたいだし、それどころか凄くムカついてる。私は平和主義者であり、 【非暴力をできるだけ実践すべき】 だと言う立場をとっている人間ではあるのだが、もしもあいつらが男だったら絶対にぶん殴っているだろう・・・。それくらいの怒りが起きてもおかしくはないことを彼女らはやっているのだ。





にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村


2015.11/09 Mon 01:57|未分類 (あれこれ)||トラックバック(0)TOP↑
参加できるときは、幼稚園の未就園児の会の、保護者ボランティアに参加する。

・・で、今回も行ってきた。 
とは言っても、 [事前準備] の日である。
いつもの通り、男は私1人である。

ザワついた中に、私がちょっと遅れて入って行くと・・・・・・
ウソだろ・・・場が凍り付いてやがる・・・。


カアチャンBの流したデマが、隅々まで浸透していることが即座に理解できた・・・ 
(あの日以来、よそよそしくなった人も何人かいるので、ある程度覚悟はしていたのだが、
10日と経たないうちにコレかよ・・・。) 。

 若い頃に無認可の施設をやってたんだゼ (=バザーは業務の1つだった・・・って事だ。 ←この事は、多くのカアチャンたちに 『ムカシ、仕事は何してたの~?』 とか訊かれたので言ってある。 これもまた、お話大好きなカアチャンたちには広まっていると思う。 ) 。 そんなオレが、 『ポップしかできません』 ・・なんて言って、バザー業務はお手上げなはずはネーじゃん。 
チョット考えればわかる事なんだが、考えねーんだろうなー。

・・・・なんて思って、黙々と作業をしていたのだが、拾う神はいた!。

凍り付いた雰囲気にもかかわらず、いつも誰にでも気配りして優しいKさん、いつもフレンドリーに接してくれるMさん、そしてその2人と仲良しで聡明なFさんは、ごく自然に話しかけてくれる。

助かったぜ!。

すごーく感謝しております。
(他にも、お話は上手ではなくても、ちゃんとわかってくれていそうな人も少数いて、普通に接してくれる。よかった・・・。)






にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村


2015.11/29 Sun 01:38|未分類 (あれこれ)||トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

DANGER MELON 

Author:DANGER MELON 
はみ出し者と言われ続けて30数年の某県△△市在住197?年生まれ自称39歳の専業主夫。

履歴:高校在学中に無認可障害者施設開所運動に関わり、高校卒業と同時に開所。以後数年間施設職員。それ以後は仕事も無くアルバイト+他で何とか食い繋ぐ。医療職を目指し齢31で進学、6年次に難癖付けられて退学。以後専業主夫。

思想:平和と民主主義を望む。足元はブーツのみ。セーターは着ない主義。

嫌いなモノ:差別、キノコ、弱い者イジメ。

好きなモノ:多数。書ききれません。当ブログ内で少しづつ紹介していきます。

過去の日付の遅延投稿 ならびに 最新追記 については、カテゴリー【おしらせ】をお読み下さい。友人の皆さんへのメッセージもあります。リンクについての記述もございます。 


※限定公開記事のパスワードは、連絡が取れる方は本人にご確認下さい。
※文書および画像の無断転載、また日記的出来事のエピソードの流用を禁じます。それらを発見した時は、法的措置を取らせていただきます。
※但し、政治屋批判の画像に関しては、遠慮なくご自由にお使いください。断りも入れなくて結構です。
※エピソード流用をご希望の方は、ご連絡下さい。
※どうしても連絡が必要な方は、連絡方法をご面倒ですがお探しください。

※月別・カテゴリー別・記事検索結果は、古→新と表示されますので、最下部のOLDをクリックしても、新しい記事になります。

最新記事
カテゴリ
参加しています
月別アーカイブ
アクセス
閲覧中
現在の閲覧者数:
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR