property="og:title" content="ページタイトル" /> property="og:image" content="画像URL" /> 2016年07月はみ出し者の閾値
FC2ブログ
「人を殺す予算」 ・・って、何が問題なのか?。

だって、アベは積極的に戦闘に介入する方向で法も通したし、憲法の解釈も替えてしまったんだろ?。


『国を守る。』・・・だから、 『人を殺す・・ってのは、言ってはいけない』 ・・?
・・・・????・・・・・
まあ、一応、軍備ってのは、 【国を守る】 っていう側面もあるよ (軍備のもう一面は、アベの目指す 【他国を攻める】 ・・であるけど・・。) 。
【国を守る】 ってのは、戦闘の前に優秀な外交が必要である・・ってのは、前にも書いた通りなので、割愛させて頂くとして、
もう一つの 【国を守る】 って面・・・
・・・つまり軍備で国を守る際は、実際には人を殺す事になるんじゃないのか?。

しかも、アベは、
【他国の戦争に参加する】方向に舵を切ったんじゃなかったかい?。


『災害救助に・・』・・だから、『人を殺す・・って、言ってはいけない』・・?
そりゃあ、論理のすり替えだろ?。
自衛隊はいつから国防をやめて、災害救助専門の組織になったんだ?。
銃は捨てたのか?。



保守の人たちって、軍備を増強することが最優先事項のように話して、平和を求めるようなことを言った人を、 『現実が見えてない!。』 ・・とか言って、鬼の首でも取ったかのように糾弾するけどさぁ~、ねえトモちゃん。

戦闘は人が死ぬんだろ?。 ・・って事以前に、兵器も軍隊も、人を殺す事が大前提なんだろ?。
人を殺すことが前提になっていない兵器を、日本は使っているのか?。

過去には、 「自衛隊が暴力装置」 ・・って言って、問題になったが、暴力装置ではない軍備があるってのなら、見せてもらいたいもんだ。
世界の他の国の人間はみんな、軍備には暴力が伴う事は知っていると思うけど・・・。
・・あのときも、 「平和ボケ」 だとか 「お花畑」 ・・だとかって言う、具体的な事を何一つ語っていないのにそれらしい負の想像ができそうな極々抽象的な 偽日本語 を使って、非難されていたが、 【軍備が暴力を伴わない】 とか 【銃の向く先には命は無く、空があるだけ】 ・・とかって、本気で思っている方が、その 「なんちゃらボケ」とか、 「なんちゃら畑」なんじゃねーのか?。

アベ・ハートは、 『とんでもない侮辱。』 ・・って、言ったらしいけど、アンタ、 『兵器は人を殺すモノ』 ・・っていう当たり前のことがわからないのなら、
≪とんでもない飛躍した論理≫ なんじゃないの?。

村井なんちゃら・・とか言う宮城の知事は、「人を殺すための訓練は行っていない」・・だって・・。

人殺しの訓練をしなけりゃ、
     国防にならないんじゃないかね?。

呆れたね。 
自衛隊が国防を捨てたら、
     それこそマズイんじゃないかね?!?!





にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村


2016.07/03 Sun 02:54|反原発・平和の希求||トラックバック(0)TOP↑
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2016.07/28 Thu 02:49|子どもと共に歩む||TOP↑
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2016.07/29 Fri 01:32|子どもと共に歩む||TOP↑
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2016.07/30 Sat 01:37|子どもと共に歩む||TOP↑
前回の続きである。
・・・が、あまりにも状況を詳しく書いたので、個人の特定を避けるため、
前回までの 【時間がかかっていては、被害者が傷付くだけ 1】
     から 【同 3】 までを限定公開とさせて頂いています。



事件から1カ月が過ぎ、目撃した他の子のお母さんから様子が聞けた。
その翌日、個人面談の席で担任に報告した。

まずは、
・□□くんは突然入ってきて、無言だったこと。
・だから、うちの子は、何もしていないのにやられたこと。
・あの日以来、吃音が出現したこと。
・吃音は指摘せずに、発語を待ってほしいこと。
   ・・・を伝えた。

そして、
・この日のことを記憶から消していること。
  ・・を伝えた。

さらに、
あの日、K教諭が私に、 「喧嘩両成敗」 のようなことを伝えたが、そういう風にウチの子にも言ったのなら、それは大きな問題だ。一方的にやっただけではなく、武器を使って、顔を狙って、こちらにも非があるなんてことはおかしい。ウチの子には非は全くない。
もしも、そういう認識で、ウチの子に接したのであれば、ただでさえ遅れているウチの子が、さらに自分の中に閉じこもってしまうようになると思われる。
担任には知っておいて欲しかったから伝えたが、あなたからは言えんだろうから、K教諭と園長には私からこの後に言う。
   ・・・と、言うような事を、私は言った。

すると、担任は、
『それは、私が言います。吃音のことも、しっかり待って話を聞くようにします。安心してください。』
・・・と、言うのだ。

大学出たばっかりだと言うのに、頼もしい若者だゼ!。

ただ、もしこのことでウチの子にも非があるように言われていたとしても、本人の前でそれを覆してくれるようなことを、この若者の口から先輩たちに言わせるのは無理のように思えた (彼女の立場もあるので・・) 。
・・・そこまで、この若者に求めることは、私にはできなかった。
『オマエは悪くはないんだ。』 ・・って事は、落ち着いた頃に私から伝えようと思う。


私はとても嬉しかったのだが、如何せん対応が遅すぎた。

あの日、K教諭に、
『何言うてんねん。一方的に、武器まで使って、しかも顔狙って、ウチの子何にもしてねーやろ。オレ、ここからぜーんぶ見ててんで。何や「空気読み」て?強い子の命令には有無を言わさず従えってか?どこの軍国主義国家や全体主義国家の教育やねん?。そもそも、元々あそこで泥こねてたんは、ウチの子とT君がやりだしたんや。そこへ突然入って来て命令って、その時点でおかしいやろ!。このことで、ウチの子に非がねーのに、非があるかのような事言ってねーだろーな!。』
・・・って、見ても無かったのに、見てたかのようにハッタリかまして、言ってやればよかったのかもしれない。

後悔ばっかり・・・ダメおやじだゼ。

※ (相手の子が、教諭に言い訳のように言った理由はデタラメで、実際には命令すらしていなかったらしいので、私がハッタリかまして言ってたら、ますますややこしくなったと思われる。) ※



※※追記 (2018年6月16日) ※※
この翌年、□□くんが誰も見ていない時に理由もなく弟を殴った場面に遭遇した。
その日、延長保育に迎えに行った際に、保育室から弟と出てきたのだ。
私とすれ違った後、弟とトイレに入った□□くん。廊下は静かだったし、私の耳でも音は完全に聞き取れていた。
すぐに保育室には入らずに、外からそっとウチの子の様子を覗くのが、私の毎回の延長保育のお迎え時の行動なのであるが、□□くんは私が他のお母さんたちと同じように、保育室に入ったと思ったのだろう。
まさか弟と2人でトイレに入った時の声や音を私が聞いていたとは考えなかったらしい。
数十秒後、弟の泣き声と共に、笑ってトイレから走って出てきた□□くんに遭遇した。
確かに、無言で殴ったはずだ。
私はトイレに駆け込み、弟に事情を聴いた。 『□□にパンチされた。』 ・・と言う。
少し後に、教諭に 『呼んだけど、返事をしなかったから、パンチしたんだ。』 ・・と、□□くんは説明していた。

・・そう、こういう子は、もっともらしい言い訳をでっち上げるものなのだ。
この後、ほとんど幼稚園とは関わらなかった私であったが、□□くん以外にも、数例同じような行動を目にすることがあった。
私でさえ、何例も目撃しているし、このようなことがあると考えるのである。
しかし、K教諭は、そんなことも解らなかったのだろうか?。






にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村


2016.07/31 Sun 00:26|子どもと共に歩む||トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

DANGER MELON 

Author:DANGER MELON 
はみ出し者と言われ続けて30数年の某県△△市在住197?年生まれ自称39歳の専業主夫。

履歴:高校在学中に無認可障害者施設開所運動に関わり、高校卒業と同時に開所。以後数年間施設職員。それ以後は仕事も無くアルバイト+他で何とか食い繋ぐ。医療職を目指し齢31で進学、6年次に難癖付けられて退学。以後専業主夫。

思想:平和と民主主義を望む。足元はブーツのみ。セーターは着ない主義。

嫌いなモノ:差別、キノコ、弱い者イジメ。

好きなモノ:多数。書ききれません。当ブログ内で少しづつ紹介していきます。

過去の日付の遅延投稿 ならびに 最新追記 については、カテゴリー【おしらせ】をお読み下さい。友人の皆さんへのメッセージもあります。リンクについての記述もございます。 


※限定公開記事のパスワードは、連絡が取れる方は本人にご確認下さい。
※文書および画像の無断転載、また日記的出来事のエピソードの流用を禁じます。それらを発見した時は、法的措置を取らせていただきます。
※但し、政治屋批判の画像に関しては、遠慮なくご自由にお使いください。断りも入れなくて結構です。
※エピソード流用をご希望の方は、ご連絡下さい。
※どうしても連絡が必要な方は、連絡方法をご面倒ですがお探しください。

※月別・カテゴリー別・記事検索結果は、古→新と表示されますので、最下部のOLDをクリックしても、新しい記事になります。

最新記事
カテゴリ
参加しています
検索フォーム
月別アーカイブ
アクセス
閲覧中
現在の閲覧者数:
リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR