property="og:title" content="ページタイトル" /> property="og:image" content="画像URL" /> ヴィンテージのGジャンが減っていくはみ出し者の閾値
FC2ブログ

フロントにプリーツが入っている時代のGジャンを、どんどん手放してる。 
それも、色はまだまだ残ってる個体で、ダメージは、ほとんど無いモノばかり。
・・それどころか、もっと新しい Levi's の 3rd ですら、この10年で7枚も手放した。

また一つ、
お金も無いので、売ろうと思ってる。
↑こう↑書くと、
『ザマーミロ!“主夫”とか言って、怠けてるからだ!。バカめ。』
・・って、思う人いると思う・・・
(古い知り合いから電話かかってきて、よくこんなこと言われるんだわ。) 。
そう思った人。性格悪いよ!。

【人の不幸を喜ぶ = 性格悪い】 ・・・なんて言うつもりはないよ。
人にはそれぞれ “訳” があんだよ!。
見守りや介護が必要な親がいる場合だってあるし、
子どもに障害がある場合だってあるだろうし、
またまた、本人が病弱な場合だってある。
【人にはそれぞれ “訳” がある】
  ・・ってことに気づかねーことが、
    『性格悪りー』 んだよ!。


一部はブログに書いてはあるが、
私が主夫をしている事にも、少しは訳がある。

イチイチそれをブログに書くつもりはない。

主夫をする事を、誰かに 『許してもらおう』 なんて思わないし、
どうせ、このことを攻撃してくる人間は、
理由を言った時だけ黙ってしまって、1年もしないうちにまた忘れて攻撃してくる
(1年前の話を忘れた阿呆から、毎年 年末にお叱りの電話がかかってくる。) 。

それどころか、理由が無くても主夫になったっていいハズだ!。
アベが 「美しかった」 と言う、戦前の全体主義の国じゃねーんだから、
今の日本は、まだ自由なハズ!
(こういう、個人の自由を攻撃したり、人と違う事の理由を述べさせたりする人間
が有権者だから、アベに票が入るのだろう・・・。世も末だゼ。)

( “主夫” ブログは、どいつもこいつも、『主夫の利点』みたいな事ばかり書いてる。
アンポンタンアナウンサーのハセガーみたいな、大した考察もできないのに、そん
な事ばかり書く奴だらけなのは、 “主夫であること” を責められているのだろう。
しかし、それを以て、 『男性差別』 、 『女尊男卑』 ・・などと言うつもりは毛頭ない。
むしろ逆だ。女性が冷遇されているからこそ、このような言われ方をするのだ。
このことに気づかない奴は、 「自分の所属する性が優位」 だと心の底で思っている
ことに気づいた方がいい。) 。

・・・おっと、また話がそれた。
Gジャンの事に話を戻そう。

IMGP4716.jpg
写真は、私が着れるサイズのモノの一部。


色んなサイズを持ってる。
カミサンが着れるサイズは、カミサンのモノ。
それ以外は、私のモノだ。
でも、私の身体のサイズは、一応1つだ・・・。
着れないサイズのモノは、当然ある。

コレクション・・といえば、それでもいい。
特に、完全に着れないサイズなら、それでいい。

だが、フロントをオープンにすれば、なんとか着れる。
ボタンを閉じたら、今の精一杯痩せた体型でも、猫背気味になってしまう。
しかも、一番上と一番下のボタンは、止まらない。
袖の長さは・・・足りない・・・。
↑こんな↑個体は、見るだけでは満足できず、着てみたくなるので、
無理して、 【痩せすぎ】 くらいに痩せる (アホですか・・・。笑) 。


ハッキリ言って、痩せすぎは、健康とは言えない。
痩せた人より、少しふっくらした人の方が、長生きしてる・・
・・という統計結果が出ているのだが、他にも論理的に説明できる
(本稿ではしません。次回以降、気が向いたら書きます。) 。

痩せすぎた状態で、キツイくらいピッタリのサイズは、
いかに程度が良くても、困る。
特に、この頃のGジャンは、丈が短く合わせづらいので、
サイズがキツイと尚更、短くなって困る
(サイズが良くても、丈の短さは、やはりコーディネートに苦労する。
そのため、過去にもこの年代のGジャンを数枚手放した。
そう言う意味では、サードは着こなしやすい。) 。

それに、私、前述したように、不健康は嫌だ。
あまりにも脂肪が少ないと、持久力に欠けるし、
元々の脂肪細胞の数は多いので、この体形を維持することそのものが、
かなりキツイし、不健康だと思う。
だから、もう少し太ろうと思ってる。
いくら筋トレしても筋肉量が増えないのは、この体形を維持することが、
自分の細胞の量に見合っていないのだ。
だから、ギリギリ着れるサイズのGジャンを気にせず、上半身を大きくしたい。


それに、足りないのはボトムなのだ。
色残りが多いGジャンは、色残りの多いボトムと合わせたいのであるが、
当然ながら、ボトム (ジーパン) の方が、早く色落ちする。
よって、合わせるヴィンテージのジーパンがどんどん無くなって行く。
だから、カラーデニムや、後染めペインターと合わせることになる
(レプリカを合わせるわけにはいかない・・。) 。
・・・ってな訳で、着る機会はどんどん少なくなっていく。


更に、南国並みの気候の△△市では、まさに今、3月の下旬から4月の初旬しか、
Gジャンを着る時期が無い
(今、TシャツにGジャン or Tシャツ+スウェットシャツ ・・・って気候です。)。


・・・・と、まあ、イロイロ理由はあるのだけれど、
このサイズが合う体形の人に着てもらうのが一番だと・・。


・・ってな訳で、2カ月ほど前に、Can't Bust'Em のセカンドタイプが、
友人Hの元に行きました
(本稿の冒頭に、「売ろうと思ってる。」・・と書きましたが、
実際には、売ってしまっています。) 。

とうとう、着用可能なサイズのGジャンが、30着を切ってしまった・・・。

前述したように、この南国並みの気候の△△市では、
ほとんど着ていないのだが、
やっぱり、アメカジにとっては欠かせないアイテムのGジャンが減るのは、
すごく悲しい。









           にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
            
               

関連記事

2019.03/27 Wed 02:36|服飾 (主にアメカジ)||トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
プロフィール

DANGER MELON 

Author:DANGER MELON 
はみ出し者と言われ続けて30数年の某県△△市在住197?年生まれ自称39歳の専業主夫。

履歴:高校在学中に無認可障害者施設開所運動に関わり、高校卒業と同時に開所。以後数年間施設職員。それ以後は仕事も無くアルバイト+他で何とか食い繋ぐ。医療職を目指し齢31で進学、6年次に難癖付けられて退学。以後専業主夫。

思想:平和と民主主義を望む。足元はブーツのみ。セーターは着ない主義。

嫌いなモノ:差別、キノコ、弱い者イジメ。

好きなモノ:多数。書ききれません。当ブログ内で少しづつ紹介していきます。

過去の日付の遅延投稿 ならびに 最新追記 については、カテゴリー【おしらせ】をお読み下さい。友人の皆さんへのメッセージもあります。リンクについての記述もございます。 


※限定公開記事のパスワードは、連絡が取れる方は本人にご確認下さい。
※文書および画像の無断転載、また日記的出来事のエピソードの流用を禁じます。それらを発見した時は、法的措置を取らせていただきます。
※但し、政治屋批判の画像に関しては、遠慮なくご自由にお使いください。断りも入れなくて結構です。
※エピソード流用をご希望の方は、ご連絡下さい。
※どうしても連絡が必要な方は、連絡方法をご面倒ですがお探しください。

※月別・カテゴリー別・記事検索結果は、古→新と表示されますので、最下部のOLDをクリックしても、新しい記事になります。

最新記事
参加しています
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
アクセス
閲覧中
現在の閲覧者数:
リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
最新コメント