property="og:title" content="ページタイトル" /> property="og:image" content="画像URL" /> 不顕性感染はみ出し者の閾値
FC2ブログ
新型のコロナウイルスが話題になってるが、
『ウイルスとは何か?。』 とか、基礎的な事もわからないメディアが、
騒ぎを煽っているような気がする。
もちろん、商売をする側からすれば、騒がれれば騒がれる程儲かるので、
騒ぎは歓迎なんだろうが、善良な庶民にとってはメイワク以外の何者でもない。

かなり前の SARS の時もそうだったが、
騒ぎに踊らされた人が狂ったようにマスクを求めていたり、
明らかにおかしなマスクの使い方をしていたりした。
そして、あの時も、店頭に積み上げられたマスクの山が見られたり
楽天の店には全くジャンルの違うマスク販売のページを設ける業者が沢山いたりした。

そして、医学的知識の欠片も無いのに、間違った情報を、
売る側も買う側も互いに煽り合い (レビューは酷いモノであった。) 、
私には彼らが、まるでカルト宗教に嵌った人たちに見えた。


そもそも、世間の感染予防に対する認識が間違っている。

マスクの繊維が ウイルスを止められようが 止められまいが、
吐息によって湿ったマスクは、一定のウイルス吸着効果をもたらすであろうし、
なによりも飛沫感染は防げる。
・・・つまり、その効果を最大限に発揮するためには、
非感染者ではなく、
感染者 (および感染疑いのある者) が
マスクをつけるべきである!。

このことをメディアが訴えているようには見えない!!
(テレビを見てないので知らんが、ネット上でそんな訴えを見たことはない。)


また、感染者は不用意に外出をしない事・・・であったり、
非感染者もこのような時期に不必要に人の多く集まる所に行かない事・・・
・・・・とか、イロイロ周知させなければならないことがある。
そもそも、マスクの付け方もテキトー過ぎるし・・・。


・・・・おっと、これ以上は脱線しそうなので、本題に・・・・ (以下) 。

不顕性感染とは、早い話が、 【無症状の感染者】 の事である。

つまり、またも前の話に戻るが、
自分が非感染者だと感じても、実は無症状なだけなのかもしれないので、
身近に感染者がいる場合は、外出時にマスクをすることは、
感染拡大を避けるためには大切なことである・・・。


・・・で、今回の投稿は、ウチで起こった不顕性感染について・・・だ。

3日前、突然カミサンが顔のほてりを訴えた。
頬が、少しだけ赤みかかっている。
『更年期じゃないかな?。』 ・・と言う私に、
『ん~、少し違う気がするんだよね。』 ・・とカミサンは答える。
『・・・だとすると・・・、アレ?。』 ・・・と、私。
『まさか?、そんなことある?。』 ・・とカミサン。
『アレは普通、子どもしかかからないし、大人がかかるのは稀だよな。』 ・・と、私。

「アレ」・・だけで話が通じてしまったのであるが、
いわゆる 【リンゴ病】 、伝染性紅斑 の事である。

私 : 『君の客に居た?、伝染性紅斑の子。』
カミサン : 『居ないよ。』
子ども : 『伝しぇんしぇーこーはん・・って何?。』
カミサン : 『リンゴ病っていう病気。軽い風邪みたいなモノだよ。』
子ども : 『それなら、◯◯ちゃん、この間なったわ。』
私とカミサン : 『不顕性感染だ・・。(笑)』

つまり、ウチの子どもが不顕性感染で、子どもからうつったらしい。

一応、トシのこともあるので、信頼する内科医に診てもらいに行ったのだが、
やはり、リンゴ病であった。
ちなみに、治療も何もない。
頬が紅くなった時には、既に感染は無いとされる。


何でもそうだが、分かっていれば全く惑わされることはないのだが、
知らない人が恐怖に負けてうわさ話に流されると、
とんでもない量のマスクを買ってしまったり、
誰かを差別してしまったり、
混乱や差別を助長したりしてしまう。

そして、もちろん、感染も拡大させてしまう・・・。


2週間前に子どもがインフルエンザに罹った時、
私は自分の不顕性感染を疑って、外出を最小限にし、
外出時はマスクを付けた。
これは、感染を広げないための心得だと思っている。



しかし、≪感染を広げないためのこのような知識≫を、メディアは報道しているか?。
今回のコロナウイルスの件も、ずっと前の SARS の時と同じように見える。
アノ時からほとんど進歩してないんだろうなぁ~、この国はよぉ~。

今回のコロナウイルスの件も、悪徳業者に騙されたりせず、
基礎疾患を持つ人や高齢者は当然だが、普通の人も、
不必要な外出をせず (空気の流れの無い所に行かない) 、
人のいる空間では予防につとめるようにしてほしい所です・・。

・・が、TV で煽られた所なんかに、
【行きたくてたまんない】人たちって、
たくさんいるんだよね。


自分の大切なモノ、 『私にはコレがある!。』 ・・てのを
持っていない人って、TV とか、流行とかに踊らされたり、
スマートフォンをいじり続ける依存になったりしやすいんだよね。
そして、そういう人たちって、
パニックをパンデミックさせるような企業の宣伝や
知識の欠落したメディアの情報にしっかり騙されて、
前回の SARS の時同様、また今回もパニック発言と行動 を撒き散らすのだ
・・・・と思うと、甚だウンザリするのです・・・。

やだね・・・。





・・・と、前回の SARS の時、マスクでぼろ儲けを企んで、出店者にマスクの仕入れを
煽りまくって、パニックをパンデミックさせた企業、楽天を、
批判してまいりました私ですが、実はその悪徳企業の手先なのです。
・・で、手先である私・・・からの広告です↓コレ↓。
    
    ・・ってなアフィリエイトで、
  儲かった例は無いです (大笑) 。



         にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
        
            



関連記事

2020.02/01 Sat 16:51|未分類 (あれこれ)||トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
プロフィール

DANGER MELON 

Author:DANGER MELON 
はみ出し者と言われ続けて30数年の某県△△市在住197?年生まれ自称39歳の専業主夫。

履歴:高校在学中に無認可障害者施設開所運動に関わり、高校卒業と同時に開所。以後数年間施設職員。それ以後は仕事も無くアルバイト+他で何とか食い繋ぐ。医療職を目指し齢31で進学、6年次に難癖付けられて退学。以後専業主夫。

思想:平和と民主主義を望む。足元はブーツのみ。セーターは着ない主義。

嫌いなモノ:差別、キノコ、弱い者イジメ。

好きなモノ:多数。書ききれません。当ブログ内で少しづつ紹介していきます。

過去の日付の遅延投稿 ならびに 最新追記 については、カテゴリー【おしらせ】をお読み下さい。友人の皆さんへのメッセージもあります。リンクについての記述もございます。 


※限定公開記事のパスワードは、連絡が取れる方は本人にご確認下さい。
※文書および画像の無断転載、また日記的出来事のエピソードの流用を禁じます。それらを発見した時は、法的措置を取らせていただきます。
※但し、政治屋批判の画像に関しては、遠慮なくご自由にお使いください。断りも入れなくて結構です。
※エピソード流用をご希望の方は、ご連絡下さい。
※どうしても連絡が必要な方は、連絡方法をご面倒ですがお探しください。

※月別・カテゴリー別・記事検索結果は、古→新と表示されますので、最下部のOLDをクリックしても、新しい記事になります。

最新記事
参加しています
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
アクセス
閲覧中
現在の閲覧者数:
リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
最新コメント