property="og:title" content="ページタイトル" /> property="og:image" content="画像URL" /> 服飾 (主にアメカジ)はみ出し者の閾値
fc2ブログ
年末に、革製品の手入れをすることが多いのだが、
今年はできるかな?。

先月、1本だけベルトの手入れをしたのだが、
今回の投稿は、その時のものです。
以下:本文


ART BROWN のギャリソンベルトである。

29年前、青春18きっぷで九州まで行って、
私の分の2本を買ったのだが、それを見た当時の友人 (カミサン) が
欲しがっていたので、半年くらい後に買い足しに行った際に (次は高速バス) 、
ついでに買ってきてあげたものだ。
中高生の頃って、鈍行の旅行とか、平気だった。若いってすごいと思う。


極厚の UKサドルレザー を使用したこのベルトとの出会いは、
以前 【ART BROWN UKサドルレザー ギャリソンベルト 切れ補修】
で書いた通りだが、同じ時期に買ったベルトにもかかわらず、
私のモノとは、ヤレかたも、ダメージの少なさも、全く違う。

IMGP4846.jpg

カミサンの場合は、私とは違って、緩くベルトを締めているのも
関係しているのであろうし、普段からパンツスタイルばかりではあるが、
ベルトを6本ローテーションしているのも関係しているだろう。
28年が経過している割には、ダメージも少ない。

このベルトの品質は最高だから、28年くらいの使用では、
ダメージは、こんなものかもしれないけれど、
ついでに言えば、私のように、
雨の中を単車で走ってズブ濡れになるようなことも無いので、
ヒビも入っていない (私、昔は単車だけの生活だったからね。) 。


それでも、やっぱり5年くらいは手入れをしてなかったこともあって、
いろいろと気になる部分がある。
・・・と、いうことで、手入れすることにした。


まずは、バックルおよび、金属パーツの清掃。
IMGP4847.jpg

IMGP4850.jpg



次は、擦れて色落ちした部分に、補色する。
↓ 補色前。
IMGP4853.jpg
↓ 補色後。
IMGP4855.jpg

最後に、ほんの少~しだけ、オイルを入れて磨く。
手入れ完了。
IMGP4858.jpg

コバは、6年くらい前に磨いたきりだが、今は まだいいかな・・・。

それよりも、カミサンの持ってる他のベルトのコバが、
何本かは、コバの手入れが必要のようだ。
大みそかにできるかな・・・?。
できれば、ついでにこのベルトのコバも磨くつもりだ。



私が購入した時より値は上がっていますが、
この品質でこの値段は、絶対お買い得だと思います。
英国 J&FJ Baker 社製サドルレザー使用。価格:9900円 (税込、送料無料) 。

 

     

クロムエクセルを使ったものもあります。価格:8250円 (税込、送料無料) 。


栃木レザーを使ったものもあります。価格:7700円 (税込、送料無料) 。


         にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
         
            


2020.12/29 Tue 23:43|服飾 (主にアメカジ)||トラックバック(0)TOP↑
洋服は、誰よりも好きなつもりだ。

できるだけ長持ちさせたいから、洗剤や洗い方にもこだわるし、
少しのほころびのうちに直す。

大きく破れてしまったものも、
パッチワークを施して、違った雰囲気に生まれ変わらせて、また着る
(パッチワークの洋服の画像は、非公開ですみません。) 。

でも、それもできないような場合や、
全体的にもう生地が寿命を迎えた場合は、
できるだけ大きく切り取って、生地として取って置く。
全体的に生地が薄くなって、大きく破れたシャツでも、後ろ身頃の側方や、
袖の内側部分は、比較的 生地の損耗が少なかったりするので、
そのあたりも切り出して、できるだけ生地として使う方向で、作業を進める。

自分の洋服も、カミサンの洋服も、子どもの洋服も、
それどころか、シーツやまくらカバーなどの日用品の生地、下着、袋やカバン、
その他、布であれば何でも、捨てる前にできるだけ切り出す。

IMGP7011.jpg
できるだけ、四角形に切り出し、

IMGP7014.jpg
アイロンでしわを伸ばし、

IMGP7018.jpg
解れ防止に、ロックをかける。


使う時は、
IMGP7053.jpg
その都度、使う大きさだけ切り出して、使う
(使った画像は非公開ですみません) 。


こうやって、ストックの小さな生地が増えていく。
IMGP7019.jpg
ずいぶん溜まってきた。
ジーンズの生地には及ばないけれど (段ボール箱で5箱以上ある。) 。


この先、なんかの手違いで金持ちになっても (←ならネーよ。笑) 、
私は、この作業は続けていくんだろうな・・・。





         にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
        
            


2020.11/13 Fri 14:17|服飾 (主にアメカジ)||トラックバック(0)TOP↑
『ベルトは、質実剛健な、屈強のモノを!。』 ・・とか言ってるから、
〈服飾を楽しむ〉 行動としては、全く遊べていない。

私のこういう部分は、本当に保守的なアメカジだと思う。
困ったモンだ。


先日の投稿でも触れたし、それ以前にも書いたが、
私は ART BROWN の極厚のUKサドルレザーのを2本、29年間使っている。
進学のために売ってしまったが、以前は更に1本使っていた。
コンチョ付きの黒色のだ (ART BROWN ではないが、オーバーベルトも
あったので、更に2本・・ってのが正確な表現かな?。) 。
あまり使わなかったから、この29年間は、実質 今も使っている ART BROWN
の2本で過ごしてきた・・・と、言っても過言ではないと思う。


・・・っと、言うわけで、私は
服飾としての面白みに欠けるベルト使いをする人間だ・・・と、
つくづく実感するのだ。


このことは、ずっと昔から自分の服飾に関して感じてきたことで、
かなり以前、ガッコをクビになって抑うつ状態だった時に、
その状態からの脱出の一環として、自分の気持ちを変化させるべく
購入したベルトがある。

横浜は、 Dolce Vita さんに作っていただいた蛇革の・・・だ。
IMGP7095.jpg
サドルレザーを裏使いし、表にダイヤモンドパイソンの革を貼ってある。

正確なミシン目は、穴部分にまで丁寧にかけられている。
IMGP7097.jpg

当時抑うつ状態だった私の、しどろもどろの話しぶりにも、
落ち着いた優しい対応をして下さった中村さんの人柄が、
このベルトの細やかな部分に表れている。

この店の製品は、中村さんが1人で作っている。
こういう仕事のスタンスに憧れるし、できれば自分もそうなりたい
(金も時間もノウハウも、色々な事を考えると、もはや不可能に近いが・・・。) 。

コレを作っていただいたこと、その際に少しだけお話をしたことで、
当時の私の心は、かなり救われた気持ちになった。

かなり時間が立ってしまったため、大振りでゴツイ真鍮のバックルは、
いい色に変化している。
IMGP7096.jpg


・・・でも、新品なんだな~。


もったいなくて、使えないのだ・・・。

ホント、貧乏性だな・・・ (苦笑) 。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Dolce Vita レザーベルト ギャリソンベルト 日本製 本革
価格:11000円(税込、送料無料) (2020/11/6時点)






↑ ここ ↑ で、売ってます。 
・・が、横浜のお店で直接買うことをお勧めします。
通販サイトもあります (アフィリエイトではありません。) 。→ Dolce Vita 通販サイト

         にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
        
            


2020.11/06 Fri 01:17|服飾 (主にアメカジ)||トラックバック(0)TOP↑
人は、その時のライフステージによって、
考えが変わったり、新しい事を学んだりするものであるが、
“学べない & 変わらない” と言う、進歩しない人も多く見受けられる。

しかし、ライフステージの変化によって、ライフスタイルは必ず変化するし、
それは、服飾においても然りである。
もし、変化が無いのであれば、
【ライフステージに沿った生活を受け入れていない】 ・・・という事になる。

“子どもが生まれても、何にも変わらない男” ・・とかいるでしょ。
あれは、女性にだけ負担を押し付けていることに、全く気が付かないか、
もしくは、 「それが、当然」 だと思っているんだろう。

私の場合も、
子どもが生まれたことで、服飾はかなり変化した。



子どもが生まれるまで、どこへ行くにも手ぶらだった。

タバコを吸ってた時も、タバコの箱は、Tシャツの袖に巻き付けるか、
Gジャンや革ジャンのポケットに入れるか、
ヘルメットに付けたゴーグルのゴムバンドに挟むか、
帽子の中に隠し持ってた
(但し、私はヘビースモーカーだったので、4箱の予備を単車に付けてた。
  両切りの銘柄だったので、大した体積ではなかったが・・。)
(吸い殻入れは、ジーパンの左のバックポケットとし、ポケットに直接溜めてた。
  溜まってきたら、街中のゴミ箱にその都度捨ててた。笑)
(電車やバス、徒歩で出かける時は、予備のタバコは、バンダナに包んで、
  ジーンズのベルトループに縛ってた。)。

タバコをやめてからは、完全に手ぶらであった
(携帯電話は、布ケースに入れて、鍵束にぶら下げてた。)。


しかし、
子どもができてからは、荷物を持ち歩かねばならなくなった。

子どもを抱っこしていた頃は、最小限の荷を、
現行品には無い小さいサイズの (本当にポシェットと言った方がいいようなサイズ) の
Brady に入れて持ち歩いて、荷物の多くは 【トートバッグ No.6】 で掲載した様な、
お手製のトートバッグに入れて、ベビーカーに括り付けるか、車に乗せておいていた。

子どもが自分で外を歩いてくれるようになったのは、幼稚園入園の少し前たっだのだが、
その頃になると、私の荷物はトートバッグだけになった。

子どもが小学生になって、荷物など何も必要が無い・・・と言えば、そうなのだが、
ほんの少しは必要であったりするのと、買い物袋やスーパーなどの各種ポイントカード、
またメモや手帳など、歳をとるにしたがって、荷物を持たねばならなくなった。

普通の人なら、スマートフォン1つで事足りるのであろうが、私の場合は、
大切なメモや、思いついた事やデザインなどを書くのは、デジタルではダメなのだ。
スマートフォンの必要性も感じないし・・・
(依存ではないから、外でインターネットに繋ぎたいとは思わないのだ。) 。

・・ってな訳で、
7~8年前から、私は手ぶらではなくなった。


これまで使ってた (前述した) Brady のポシェットも、穴が開いてボロボロだ。
トートバッグはできるだけ長持ちさせたい(特に、自作のモノは・・) ・・・と、
思ったので、子どもが生まれた頃に、保管してある品の中から、
ユースサイズの EAST PAK のディバッグを出してきて、時々使ってきたのだ
( made in USA の頃のデッドストックであっても、かなり安くないと売れないので、
 自分用に使うことにしたのだった。・・って、ココ数年、なにも出品していない。) 。
IMGP5553.jpg
ボトム部分は、革で補強されているのが、私の好み。

IMGP5554.jpg
ユースサイズなので、肩紐は延長してある。
但し、小さなサイズのバックパックは、両肩で背負う気にはなれないので、
肩紐は2本とも左肩にかけている。

コイツも、デッドストックから使い始めて7年、時々しか使わなかったのが、
ここ1年くらいは、週に4日は使ってる。
少しづつヤレてきた。
内側のコーティングは、劣化していないのが幸い。

子どもが、欲しがっているので、
子どもの 遠足用 & 普段使い用 に降ろすことにしよう。
子どもが使わなくなったら、直してまた使おう。


両肩で荷物を背負うために、
↓ 私好みのクラシカルなバックパック ↓ を買おうか・・・


それとも、私だけのバックパックを作ろうか、悩んでいる
(買った方が安上がりなのは、十分に理解しているつもりだ。)
(本当に好きなのは、化繊ではなく、コットン・・・それも、厚めの帆布で、
蝋引きしてある or オイル入れてある・・モノだ。もちろん革の補強も・・。)

私以外の、 made in USA にこだわる保守的なアメカジの人たちは、
この手の小物は、どうしてるんだろうか?・・・。

私は、相変わらず、
保守的なアメリカンカジュアルから、進歩できずにいる。




          にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
         
             


2020.10/18 Sun 03:16|服飾 (主にアメカジ)||トラックバック(0)TOP↑
以前に、ART BROWN のギャリソンベルトを修理したことを書いたが、
実は、まだ使っている。
『余程、金がねーんだな。』 ・・と、思われるだろうが、
その通りでお金は無い!!。

しかし、材料は持っているのだ。

IMGP4860.jpg
奥にあるのが、7mm厚のサドルレザー (幅40mm) 。
手前左は、29年前に買った ART BROWN のギャリソンベルトのデッドストック。
手前右は、以前の投稿で書いた、修理して使っている29年前に買った同じベルトだ。

 


デッドストック状態のモノは、オーバーベルトとして使おうと思い、
36インチを買ったのだが、
『飾りであるオーバーベルトにこの品質はいらない』 ・・と思い、
オーバーベルトは別に作ったのだった
(それも、進学のための資金集めで売ってしまって手元にはない。) 。

この29年前の新品をカットして、自分のサイズにしようかとも思うのだが、
何だかもったいなくて、できない。

だって、まだまだ使えるんだもん。


比べてみると、長年使ってきた方は、薄くなってる。
でも、まだまだいけるでしょ・・・。


使い捨て文化にどっぷりと浸かってる この国の多くの人には、
理解はされないだろうが・・・・。

もう1本持ってる、color:チョコ の方も切れたので、修理しよう・・・。



         にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
         
             


2020.10/04 Sun 04:34|服飾 (主にアメカジ)||トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

DANGER MELON 

Author:DANGER MELON 
はみ出し者と言われ続けて30数年の某県△△市在住197?年生まれ自称39歳の専業主夫。

履歴:高校在学中に無認可障害者施設開所運動に関わり、高校卒業と同時に開所。以後数年間施設職員。それ以後は仕事も無くアルバイト+他で何とか食い繋ぐ。医療職を目指し齢31で進学、6年次に難癖付けられて退学。以後専業主夫。

思想:平和と民主主義を望む。ブーツしか履かない主義。セーターとポロシャツは着ない主義。

嫌いなモノ:差別、キノコ、弱い者イジメ。

好きなモノ:お肉、羊羹、ドライフルーツ、アメリカのワークウェア&ワークブーツ他多数。書ききれません。当ブログ内で少しづつ紹介していきます。

過去の日付の遅延投稿 ならびに 最新追記 については、カテゴリー【おしらせ】をお読み下さい。友人の皆さんへのメッセージもあります。リンクについての記述もございます。 


※限定公開記事のパスワードは、連絡が取れる方は本人にご確認下さい。

※文書および画像の無断転載、また日記的出来事のエピソードの流用を禁じます。それらを発見した時は、法的措置を取らせていただきます。

※但し、政治屋批判の画像に関しては、遠慮なくご自由にお使いください。断りも入れなくて結構です。

※エピソード流用をご希望の方は、ご連絡下さい。

※どうしても連絡が必要な方は、連絡方法をご面倒ですがお探しください(何処かにあります。)。

参加しています
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
更新通知登録

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

申し訳ありませんが、追記や広告の更新・見直しによって、過去の記事も更新されることがあります。・・が、それも通知されるかどうかは、私にはわかりません。
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR