property="og:title" content="ページタイトル" /> property="og:image" content="画像URL" /> 反原発・平和の希求はみ出し者の閾値
FC2ブログ
28日、アベ・ハートが述べた、
『海外からの化石燃料への依存度が高くなっている現実を考えると、『原発はもうやめる』というわけにはいかない』 
 と・・・。

化石燃料の海外への依存が問題だと言うのだ!。

では、原発の燃料は、国産なのか?!。
全部輸入だろ・・・。



政治屋のこう言う無茶苦茶な発言で、田舎のオッサン達はコロッと騙されるんだよね 〈笑〉 。


なんだかんだ言って、事故以来 【原発稼働ゼロ】 でもやっていけてるじゃない。

結局、原発を持ち続けることで、いつでも核を持てる条件を揃えておきたいだけなんだよね 
(使用済み核燃料は、プルトニウムができるわけなので、はやい話しが核兵器の材料が生産できるわけだ。 『このために原発が必要だ』 という機密文書も存在しているらしく、そういう理由から原発に賛成している人が、その文書を見たことを本に書いている。 アベチャンの目指す“美しい(軍事国家の)日本”には必要なことなのは、よくわかるよ!。 こういう理由からインドでは、原発は軍のモノなんだよね。 つまり、【いつでも核兵器を開発できるように】、対外的に一定量の使用済み燃料のストックをしている口実の為に、プルサーマルの計画がある訳であり、また、実際に材料となるプルトニウムを取り出せるように再処理施設を作っているわけだ。しかも、六ヶ所村で試運転中の処理施設にしたって、“完全に汚染の無い”施設ではなく、大気中に毎日少しの量を放出する予定である事は公表しているし、政治屋や原発賛成の人たちの言う、【絶対に安全】とか【必要性】の論理が破綻していることは明白だ。 一応書いておくが、【いつでも核兵器を開発できるようにしておく】・・・ってのは、2010年に公開された1969年の外務省の機密文書に明記されている。←これが、自民党や第2自民党のタカ派のオッサン達の本音なんだろうな。ポルノ小説家のジイサンみたいに公言している人もいるし・・。) 。

田舎のオッサンたちは、 『今、原発の稼働ゼロでもやっていけてるよ。』 とか、 『原発の燃料は国産ではないよ。』 とか言っても、理解できないで騙されるんだもん。
そんなオッサンたちに、 『安いと言っても、採掘地の汚染をほったらかしにしているから安いんだよ。 採掘地の選鉱池や選鉱クズは、現時点でも野ざらしで放置されて、どんどん取り返しがつかなくなってるし、それを将来綺麗にするとしたら、とてつもないお金がかかるよ。だから、実際には 【未来にツケを回した安さ】 なんだよ。』 とか、教えても理解できないんだろうなぁ~ 
(どこぞの被爆都市の、官僚あがりの市長も、【安いコスト】を理由にして、「人殺しのための絶対悪の核兵器と、人間のエネルギー造成のために使う技術は、きちっとした区分けが重要。一緒にしないでください」と、原発を肯定していたけど、自分の市の被爆に苦しむ人の事は考えているように見せかけて、『外国のウラン産出現場で被爆する人たちや、産出による汚染地帯で生活を続ける人たちの健康の事はどうでもいい』・・・ってことなんだろうな。なっ、結局そういうことだろ?松井さんよー!。) 
(いずれ、時間のある時に改めて紹介したいと思いますが、詳しくは、映画 『イエロー・ケーキ “クリーンなエネルギーという嘘” 』 を見て下さいね。 http://pandorafilms.wordpress.com/yellow/kaisetsu/ ) 。



ホント、政治屋の思うつぼだな・・・・。

(※但し、政治屋の言う事を鵜呑みにしてしまう、田舎のオッサン達の多くは、【いつでも核兵器が持てるように】なんて、思っていない人たちが多い様に思う。 そこんとこは、少しは救われる思いなのではある。・・・が、政治屋に騙されないようにするために、エラソウな事言っている暇があれば、色々と勉強してほしいもんだ。)





        にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ


2014.01/29 Wed 04:40|反原発・平和の希求||トラックバック(0)TOP↑
都知事選が終わってしまったのであるが、何で 【自分がこの国の最高権力にあった時に何もしなかったし、できなかった人】 の 『脱・原発』 って言う言葉に騙される人がこんなにいるのか、とても不思議だ。

総理大臣だったときにできなかったことが、都知事になってできるわけがないのだ。
しかも、殿様の末裔は今頃になって、 『総理大臣だった時に、小選挙区制を断れなかった。あれは間違いだと思っていた。』 ・・・みたいなことをぬかしている。・・そんなアンタが、都知事になって原発を断れるのかよ!。

今回の都知事選は、 【体制に反対する運動をしている側の人間の何人かを炊きつけて、仲間割れさせて立候補させることで、体制に反対する側の票を切り崩す事が毎回行われている沖縄の選挙】 みたいなことになってしまったのだが、そういう風に勘ぐってみると、殿様の末裔も変人も、本当に反原発なのかは怪しいと感じる。

ahiru.gif
↑これ、小泉がやったことだぜ。障害者自律阻害法も、黒字であったはずの郵政事業の民間への売り渡しも・・・。

こんな奴らに騙されて票を入れてしまう人たちにもガッカリなのだが、もっとガッカリさせられたのは、『どちらかと言えば、受かる可能性の高い方に票を入れましょう!』・・・みたいなことを大々的に宣伝しやがった、いつもは 【庶民派】 みたいなことを言っている有名人たちだ。

大企業優遇の政策を実行し、格差を作った小泉 (それだけではなく、 『格差の下側にいる人は、 「自己責任」 』 とやらの偽日本語で政治家にあるまじき責任逃れをした。) や、小選挙区制の導入で議会の独占を許した細川の過去の実績を肯定し、都知事選にあたっての反原発以外の政策の無さを無視してまで、彼らを応援するのだから・・・・・・
結局は 『自分たちは食うには困らないから、原発さえなくなってくれさえすればいい。 そうすれば、自分たちは全てにおいて安泰だ。』 ・・・ってことだろ!。

今、実際に困っている庶民の事なんて、
     結局どうでもいいんだな!!!。


サイテーな人たちだぜ。

あの尼さんや、ライター、学者や写真家、俳優なんかにガッカリした人も多いだろうな。

私もガッカリしたよ。



まあ、今回の都知事選は、いろいろと笑わせてもらえることもあったけどね。
本当にいい人は、 「私はいい人なんです。」 なんて言わないし・・・ (大爆笑) 。
自分で自分の事について、そんなことを言うのは、オカシイ人だけだよ。

・・まあ、そんな人間に、あれだけの票が入るのもオカシイけれど・・・・
   あの薄っぺらでチャラい、なんちゃらタイゾーが、国会議員になれた国だからな、この国は・・・。

・・・ったくよー、世も末だぜ。





にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村


2014.02/11 Tue 01:43|反原発・平和の希求||トラックバック(0)TOP↑
十田だか百田だか千田だかって言う、戦前回帰を切望するオッサンが、自民党岐阜県連の定期大会で、 「軍隊は家に例えると、防犯用の鍵であり、 (軍隊を持つことは)しっかり鍵を付けようということ」 って、言ったらしい。

でもよオッサン、
ウチのカミサンがそれ聞いて
(その記事読んで)

すかさず言ったぜ。


『それだったら自衛隊でいいじゃん。』
・・・って。

鍵なんだろ。
だったら、他人ん家に乗り込む前提なんていらないじゃん
 (軍隊は、他国に乗り込むことができるが、自衛隊は 「自衛の為」 の装備であるので、他国には行けない。って事になっている。一応ね。) 。


おもしれーよな。アホな人の論理って。
文書力のない私でも、このオッサンの論理が破綻してるのがわかるわ。

そんな破綻した論理を並べ立ててまで、他国に武力を誇示したいなんて、どうして思うの?。
そんな風に、自分の所属している集団が力を持っていないと不満なの?。下っ端のチンピラか、暴走族のガキみたいだな。そんなにアンタ個人のアイデンティティーに自信が無くて、不満があんのか?。
しっかりしてくれよ。名の知れた作家なんだろ。それだけで十分、アンタはスゴイよ。


どっかのゲームの掲示板で騒いでるネトウヨの発言かと思ったぜ (大笑) 。

前回の、自分と意見の違う人間に対しての 「人間のクズ」 って発言も、中学生のネトウヨの発言かと思ったけどよ・・・。



しかも今回は、バヌアツ、ナウルの国名を挙げ、「家に例えると、くそ貧乏長屋で、泥棒も入らない」などと言ったらしい。

元都知事のポルノ小説家のジイサンにしてもそうだが、
他国の文化や人間を尊重もできねーくせに、
自分の国の文化を愛して「愛国心」とかって言うのは、

ジャイアンと一緒で 『自分だけがよければいい』 ってことだろ。


そういうのって
保育園児でもオカシイってわかるぜ。


このオッサンも、破廉恥ジイサンのチン太郎も、なんちゃら賞を受賞してるって話だ。
知性や品性のかけらも無くても、とれる賞ってことかぁ~。
すごいよな。
こんな人たちでも作家としてやっていけるんだもんな。
頭脳ではなくて、巧い文書さえ書ければいいのか 
(ジイサンの場合は、エロくて変態な文才さえあればいいってことか・・・)。

よかったな、一芸に秀でていてさぁ。


(一応、書いておくが、もう一点、この国がおかしなことになって来ている、このご時世を表していることが良く見える部分がある。 このオッサンはNHKの経営委員である。そして、この発言をした所は、茶巾寿司の聖子ちゃんの自民党岐阜県連だ。つまり、特定の政党に肩入れしているのは、報道の公共性と言う部分から見るとオカシイわけだが、元はと言えば、NHKの委員に自分のお友達をドンドン送り込むという、麻生の言う 『ナチの手法を見習う』 事以上の横暴な事をアベ・ハートが行っているからだ。 トンデモないことだぜ。 民間テレビ局の社長との会食とかって、ヨーロッパあたりだったら、 「世論操作をする政治屋」 ってことで叩かれるのに、アベ・ハートはやりたい放題。もう一度首相になってから、何社のトップとも何度もしてる。こういうことをおかしいと思わないマスコミや国民には、未来はないよ。)







            にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
            
               


2014.05/26 Mon 03:40|反原発・平和の希求||トラックバック(0)TOP↑
先日、文官統制の廃止を閣議決定。
少しづつ理想の (もちろん、アベチャンの理想だ。) 国に向けて、外堀を埋める行為が着々と進んでいるね (今回の文官統制の廃止も、いづれズルズルと文民統制の廃止にまで漕ぎつけるんだろうね。自民党がこれまでいろんな法律でやって来た事と同じで、ドンドン悪い方に少しずつ “改正” していくんだろ。ありゃあ、 “改正” ではなく、 “改悪” だよ。) 。


あとは、集団的自衛権を認めて、他国と共に・・・・っていう理想の (もちろん、アベチャンの理想だ。) 実現へと協議中・・・。

具体的にその 【事態】 が何なのか?・・・・は、
・『日本人を輸送中の他国軍艦』 ・・って?。
それが、他国と軍事行動を共にしなければならないほどの、緊急事態なの?。
小泉が作った米国の戦争支援法 (テロ対策特措法) でさえ、「インド洋での給油」 ・・って言う具体的な言い訳があるのに・・ (イラク特措法では、具体的に非戦闘地域を 「私にわかるわけがない。」 ・・という無責任発言で、具体性を欠いたが・・。小泉以降、こういう無責任発言が許されるようになったんだよな・・。許しているのは有権者なのだけど・・。) 。

・『機雷掃海』 ・・って?
現行の自衛隊法では、 「平時」 ・・・だから、停戦前にはできないわけだ。
・・で、戦時下においての機雷掃海は、相手国からすれば 【敵対行為】 、過去に極秘で戦死者が出てるように、危険が伴うわけだ。それなのに、自民党は小泉以後、これを 『後方支援』 『非戦闘地域』 とか言って、誤魔化してきた。
それを、堂々とお墨付きを与えてやるんだね。ドイツでさえ、停戦後にしかやっていないのに・・。

公明党は  『 “他に手段が無い場合” 以外は認めない。』 そして、 『自衛隊法にも条文化を。』 ・・・とかって、抵抗してるみたいだけど、どうせこれまで通りにズルズルと認めちゃって、共犯の片棒を担ぐのは、目に見えている。

アベ・ハートの理想の 【美しい戦前】 になっちゃうのは、時間の問題のような気がする。

いやんなっちゃうよ・・・。


マジで憂鬱だゼ・・。




にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村


2015.03/08 Sun 01:54|反原発・平和の希求||トラックバック(0)TOP↑
『平和主義なんてクソくらえ!。』 ・・・アベチャンはこう思ってるんだろうなぁ~。

先月ODA大綱を改悪したが、東京新聞の2月11日の社説には、
『日本の援助が結果的に国際紛争を助長することになれば、平和主義は空文化する。』
・・とあったが、
憲法の平和主義なんて、アベチャンはどうでもいいと思っているハズだ。

【積極的平和主義】 ・・・なーんて、
「平和主義」 って言葉を悪用して 巧い事言っちゃってるけど、
そもそもアベチャンは、 『この平和主義の憲法を無くしたい』 ・・という人なんだから、
平和主義なんて何とも思っていないし、
心の中には その欠片も無いハズ。

同日の同紙にこんなコラムがあったので載せておきます↓。
20150211ゴマメ
流石です、斎藤美奈子さん!。

以下に、引用しておきます。

「イスラム国」への報復としてヨルダン軍がシリアへの爆撃を続けるなか、八日、有志国連合の調整を担当するアメリカのアレン大統領特使が近く大規模な地上戦を開始できるとヨルダンの国営通信に語ったらしい。
 もっとも地上戦の主力部隊はイラク軍。米地上部隊は戦闘に参加させない予定という。そりゃそうよね。イラク戦争で懲りたアメリカ。自国の兵士に死者を出すのはまっぴら御免。国内世論も許すまい。だから自分は無人航空機(ドローン)で攻撃するだけ。危険な任務は手下に任せる。
 一方、日本では十日、ODA大綱を変更し、他国の軍隊を援助できるようにするという。昨年来の集団的自衛権の行使容認から首相の「罪を償わせる」発言まで、なぜかくも戦争に近づきたがるか不思議だが、要は「一人前に扱われたい」ってことなんだろうな。
 オイラも武器を持ちたいよう。もうコドモ扱いは嫌だよう。NATOにも入りたいよう。常任理事国にも入れておくれよう。こんなコドモ用の憲法なんか捨てちゃうからよう。ゴマメないしはミソッカスだと思っていたのだ、自国のことを。
 この分では、アレンさんに「じゃあ君も中東で警備とかやってみる?」と言われたら喜々として付いていきそうだ。
 自虐史観に陥ってるのはどっちだか。自分の国にもっと誇りを持てばいいのに。

≪2015.02.11:東京新聞≫





にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村


2015.03/15 Sun 04:59|反原発・平和の希求||トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

DANGER MELON 

Author:DANGER MELON 
はみ出し者と言われ続けて30数年の某県△△市在住197?年生まれ自称39歳の専業主夫。

履歴:高校在学中に無認可障害者施設開所運動に関わり、高校卒業と同時に開所。以後数年間施設職員。それ以後は仕事も無くアルバイト+他で何とか食い繋ぐ。医療職を目指し齢31で進学、6年次に難癖付けられて退学。以後専業主夫。

思想:平和と民主主義を望む。足元はブーツのみ。セーターは着ない主義。

嫌いなモノ:差別、キノコ、弱い者イジメ。

好きなモノ:多数。書ききれません。当ブログ内で少しづつ紹介していきます。

過去の日付の遅延投稿 ならびに 最新追記 については、カテゴリー【おしらせ】をお読み下さい。友人の皆さんへのメッセージもあります。リンクについての記述もございます。 


※限定公開記事のパスワードは、連絡が取れる方は本人にご確認下さい。
※文書および画像の無断転載、また日記的出来事のエピソードの流用を禁じます。それらを発見した時は、法的措置を取らせていただきます。
※但し、政治屋批判の画像に関しては、遠慮なくご自由にお使いください。断りも入れなくて結構です。
※エピソード流用をご希望の方は、ご連絡下さい。
※どうしても連絡が必要な方は、連絡方法をご面倒ですがお探しください。

※月別・カテゴリー別・記事検索結果は、古→新と表示されますので、最下部のOLDをクリックしても、新しい記事になります。

参加しています
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセス
閲覧中
現在の閲覧者数:
リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR