property="og:title" content="ページタイトル" /> property="og:image" content="画像URL" /> 差別・人権・民主主義はみ出し者の閾値
fc2ブログ
祖母の広島での被爆体験を漫画にした さすらいのカナブン さん の記事に、
「漫画の中に自分の考えは入れない方がいいとは考えています。
被爆者の体験を、現代の価値観で代弁してはいけないなぁ、と。」
・・と、書かれていた。
参照:背中に刺さったガラスの傷痕「原爆の毒がうつる」。あの日、広島を生きた少女が負った痛みと差別【広島原爆の日】

確かに、その時代とは価値観が違うから、現代的な価値観では、
なかなか意見は入れにくいのかもしれない。

しかし、漫画本編ではなく、あとがきや端書に、
作者が思ったことを言葉にして入れても、別にいいと思う。


私は、基本的に漫画は読まないが、この手の過去の戦争を描いた漫画は、
一通り参考に読んでいる。
すると、特に、戦争賛美の傾向のある作者は、
見事なまでに自分の軍国主義的価値観を本編にも散りばめている。


そういう勇ましいことが大好きな人たちの扇動に、
本当に平和を求める人の作品が訴えるモノが、
かき消されてしまわないかと、心配になる。

逆に、現代的価値観から見た、ギャップをテーマに、作品を作るのも
面白いかもしれない・・・。
・・・・おっと、またまた脱線しそうなので、漫画の件はこれ以上は触れない。


ただ、価値観の違いとは面白いもので、
現代であっても、この国では建前的には民主主義であるのだから、
様々な価値観が存在する。

アベ・ハート (※あんな死に方はするべきではないと思うし、誰であっても
あのようなことはされるべきではないと思う。しかし、だからと言って、
彼のしたことをなかったことにする気もないし、これまでずっと
「アベ・ハート」 と当ブログで書いてきた名称を変えるのもおかしいし、
変えるつもりも無いので、従来通り 「アベ・ハート」 と書かせていただく。)
の虚偽答弁の連続や、公文書の改竄は、民主主義を愚弄する行為だが、
それでもアベ・ハートを讃える人もいる。

彼らは、アベ・ハートのやったアホノミクスで儲かったから、
讃えているのかもしれない。
(余談だが、アホノミクスの成果に 「労働者が増えた。」 とか
言う人がいるが、単に金に困った人が増えたとも考えられるし、
何よりも、労働統計を改竄してたし・・・。ホント呆れる。)

しかし、金融緩和や円安誘導は、現在、
“所得が大して伸びないのに、物価は上がる” ・・という悪循環を
引き起こしている。

ついでに言えば (誰も言っていないみたいなので、私が言う。) 、
そこへ来て、商品の質は、この30年間下がり続けて、
数年でゴミになるものばかりが、堂々と売られている。
今後も、庶民は、なけなしの金をそういう偽物に吸い取られるのだ。

アホノミクスについては、浜矩子教授の記事を読んでください。
私も浜矩子さんに負けないように (?・・・勝ち負けの問題ではない。) 、
久しぶりに派手な色を入れましたよ (笑) 。

脱線は毎度のことだが、これ位にして、話を元に戻します。



桜を見る会の疑惑とか、ナンチャラ学園の優遇とか、
バレたら改竄とか、お友達のレイプもみ消しとか、
年金を投資して14兆8300億円を損失した件とか、
アホノマスクの税金無駄使いとか、
新型コロナ対策をほとんどせずに投げ出した件とか、
集団的自衛権を認めた戦争法制とか、
共謀罪の新設とか (しかも、これらは強行採決。) 、
メディアへの露骨な介入とか、
立て続けの医療費抑制、
それにもかかわらず大企業だけ減税とか・・・

まだまだ色々あるけど、

【マイナンバーカードのバラまきで
小金を貰えたら、
“全~部、チャラ”にして、
アベ・ハートを讃える】

と言う価値観の庶民もいるんだろうな。

人って、色々な価値観があるんだね (冷笑) 。
特に、お金で思考内容まで動く、軽い価値観の人も多い。
私にはアホにしか見えないけど・・・。

首相が変わってからも、敵基地攻撃能力とか、非核三原則の見直しとか、
岸田にさんざん注文付けたりしてた、
戦争大好きなアベ・ハートだから、
私は国葬に反対するのでは
ない。


どんなに素晴らしい人であっても、
思想信条の自由を国家が保証するならば、
国葬などするべきではない。


これが、私の考える民主主義国家のあるべき姿。



※※追記※※
珍しくコメント欄が開いていますが、
金で思想信条まで動かされるアホのコメントはスルーしますので、
悪しからず。

※※追記2 (2022年8月7日 10:25) ※※
「『珍しくコメント欄が開いていますが、・・・』って、開いてないよん。」
・・と、メールをくれた Qさん ありがとう。
※欄開きます。





    ↓ 各種ランキングに参加しています。 ↓
     にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
     
         


2022.08/06 Sat 17:01|差別・人権・民主主義コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
政治を牛耳ってる自民党と、自民党と同じ主張の補完勢力の政治屋は、
毎度毎度、ご都合主義の主張を繰り返す。
そして、ご都合主義で主張を変える。

首相を辞めたら、在任中は 『検討もしない。』 と言っていた核共有について、
『議論をタブー視しない。』 ・・・と、言い出す アベ・ハート。

ウクライナの苦しみに乗じて、国民の兵役と犠牲を正当化することを讃え、
更には、憲法の平和主義を批判してみせる。
選挙が始まったら、毎回、改憲を争点にせず、選挙後に改憲を持ち出す。
それは、消費税増税の時も、導入の時も同じ (呆笑) 。


ホント、ご都合主義の人たち。


よくよく聞けば、彼らのご都合主義はわかるのだが、
よくよく聞かない人が選挙に行ってるから、どうしようもない。


わかりやすい発言を時々して、話題になっても、
わからないのだろうか・・・?。


麻生が、またわかりやすい発言をしたらしい。
弱い子がいじめられる」麻生太郎氏、ウクライナ侵攻巡り持論

『子どもの時に
いじめられたのはどんな子だったか。
弱いのがいじめられる。
強いやつはいじめられない。国も同じだ。』

・・・だってよ。


お前は強かったのか?。
金持ちだったから、イジメられなかったのなら、
自分の発言は間違いだろ?。

弱くてもいじめられない子もいたし、
強くても徒党を組んだり、陰ながらいじめられたりもあった。


自衛隊は強いと思うゼ。
少なくとも、あの体たらくのロシア軍、それもあの装備のロシア軍と比べれば。

最初の説明で聞く限りでは、先制攻撃であるのに、
「反撃能力」 とか都合よく言い換えて、
先制攻撃できる国にしたいらしい。
・・って、その日本語、大丈夫か?。
ウチの小学生でも、『おかしくねーか?。』 って言ってたゼ。

ロシアがウクライナ国境に兵を集めて、まだ攻めて来てない時に、
ウクライナ軍が越境してベラルーシのロシア軍を叩いたか?。

お前ら自民党の目指す国は、
先制攻撃を仕掛けるプーチンのロシアなのか?。

それとも何か?。
目指すは核武装なのか?。
・・・それは、アベ・ハートの理想なんだろうな・・・。


骨の髄までご都合主義


自民党より過激な維新も、輪をかけてヒドイな・・・。

選挙で大阪都構想が否決され、白紙に戻すとしたはずなのに、
今度は代表者が変わったから、住民投票。
住民投票が否決されれば、内容が同じ条例を無理矢理通す。

大阪の感染者が増えるような政策を押し進めたクセに、
まるで他人事のような発言と態度。

あれで気付かないって、府民は選挙を人気投票だと思ってるらしい。
・・あっ、国中そう思ってるか・・・。
何から何までご都合主義

まあ、維新の場合は、上手にテレビを使って、人気投票を利用してますけどね。
元政治屋で特定政党と繋がりがあり、かつ社会的影響力のある人への批判です。


う~ん、世も末・・・。

こいつら政治屋の発言は、
ウチの学校に行かない
小学生の発言並みにご都合主義

(『行きたくないなら、行かなくていい。』 ・・・と言ってある。
         ・・・でも、手がかかって困ってる・・・。)


   
   


    ↓ 各種ランキングに参加しています。 ↓
     にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
      
         


2022.07/07 Thu 13:18|差別・人権・民主主義||トラックバック(0)TOP↑
天安門事件の報道を聞いた時、私は子どもながらに、
『近代国家にあるまじき行為だ。』、『いつの時代だよ。』
『中国はまだこんなことをするのか?。』 ・・・などと思った。

そして、ここ20年ほどの、
自民党のやりたい放題の日本の政治状況と、
民主主義的手続きを否定する風潮のネット上の言論や、
ヘイトスピーチを見ていると、
この国も、近代民主主義国家では考えられない体制に、
じわじわ近づいて行っているような気がする。

ウクライナでの戦争の悲劇を、ここぞとばかりに利用しようとする、
憲法の平和主義の放棄を声高に主張する自民党とその補完政党。
更には、もっと過激な主張をするネット民。

自国民の強制徴兵、及び、
強制戦闘参加を強いてるゼレンスキーさえも、
「日本は戦争放棄を決めた平和主義国家だ。」
・・・と、認識しているから、
日本に軍事的支援を要求しなかったのだと思う
のだが、
当の日本の政治屋 (自民、公明、維新、国民民主) は、
まるっきりそのことを理解していない。

アホなんですか?。

もちろん、多くの国民も。

ちゃんと声を上げておかないと、
些細なことも弾圧される国家になってしまうと思うんですけどね。

33年前の翌6月5日、前日の弾圧を目の当たりにしたにも関わらず、
こんな勇気ある行動に出る人の、激しい怒りと、
自由を求める強い信念に、ただただ脱帽する。


※戦車男 (タンクマン) と呼ばれる人です。
参照:無名の反逆者

私は、こんな強い人になれるだろうか?・・・。






 ↓ 各種ランキングに参加しています。 ↓
  にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
 
      


2022.06/05 Sun 02:24|差別・人権・民主主義コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
異常人格の人に痛い目にあわされたことが複数回ある人なら、
すぐにわかるだろう。
異常な人は、その動きや言動から判別がつく。

与党の政治屋や、与党と同様・・いやそれ以上に過激なことを言ってる
与党以外の政治屋の多くも、自分のことしか考えていない人なのが、
そこはかとなくわかる。

どうして、それがわからないんだろう?。
『見ればわかるじゃん。』 ・・ってヤツも多いけど、見てわかんなくても、
ソイツの言ってる話の端々から、わかると思うけど・・・。
ちょっと考えればわかりそうなモンだけどな・・・。


政治屋には、異常な自己中心的なヤツが多いけど、
かなりの狡猾な人物でなければ、
また、運の良さが無ければ、せいぜいがヒラ議員止まり。



プーチンなんて、ニュースに登場し始めた頃から、
『アイツ、カナリやっべーヤツだゼ。』 ・・って、私は言ってた。


カナリの実力を持った異常な人物は、すぐにわかるけど、
そいつが本領を発揮するかどうかは、その国の法制度にもよる。

異常者は、やりたい放題ができるように、
本質をぼかした話をして、少しづつ、でも着実に、
権力者に都合のいい法整備を整えていく。

同じようなことを、ここ20年ほどの日本で感じてる。





侵攻したロシアは、圧倒的に悪い。
しかも、侵略する側の軍隊に必ずある残虐行為。
ホント、ウンザリするし、心が重い。

でも、『戦争反対!。』 とすら言えないそのロシアでも、
危険を顧みずに、反戦を訴える人がいる。
20220224モスクワ
そういう素直で聡明な人は、投獄され、弾圧され、最悪は闇に葬られる。
自民党や維新の目指す、アベ・ハートの言う 「美しい」 戦前の日本と同じ。


かたや、
侵略者を力づくで追い返すために、国民総動員令を出したウクライナ。
18歳から60歳の男性は、出国を禁じられ、戦うことを強制される。
今の私の様に腰痛で動けない人は、“嘘扱い”で連れていかれるんだろう。
屋外や大人数の空間での言葉の聞き取りの悪さで、
兵として使い物にならないような私でも、連れていかれた上で、
その怒りを混乱に乗じてぶつけられたりするのだろう。

国家の為に個人の自由が制限される事態は、もはや民主主義ではない。

でも、自らが元気な健康体で戦ってる人は、『民主主義を守っている』 と言う。
タチアナさん
守っているのは、
政権や国と言った社会が決めた単純な枠組みであることに気づかない
(民主主義は、その枠組みを方向付けるもので、
戦闘を強制する権力は、果たして民主主義と言えるのか?。) 。


どちらの国でも、大人しい人や思慮深い人が犠牲になり、
騒ぎに乗じる人や、感化されて武装したり、
弱い人や意見の違う人を弾圧する人が結果的に生き残っていくなら、
本当にこの世の中はロクデモナイと思う。


ウクライナの話を聞いて、感動したかの様に、
『国の為に最後の一兵まで戦って死ね。』 という戦前の思想を、平気で言う政治屋。
もちろん、この人がそういう奴だってことは、私はとっくに知ってた。
お前が真っ先に戦ってくれ
どこの国の軍隊でも、いつの時代でも、
武器がなくなったり、圧倒的兵力差の前には、投降が許されてきた。
『勝利か死か。』 ・・と、ロンメルに命じたヒトラーと、大日本帝国は除いて。

その常識すら通じない人が、代表者として、
国会議員に選ばれているこの国の民主主義。


声の大きい人に、

威勢のいい言葉を並べる人に、

感化されてはいけない!





本日は憲法記念日。
基本的人権を国家権力に侵されないように保障している日本国憲法の主旨を、
ロシアの侵攻を取り巻く話から、じっくりと考えて頂きたく、
本稿を書きました。

『法の基礎とか、憲法の内容とか、わかって言ってますか?。』
・・って、言いたくなるような人にスパムコメント入れられたくはないし、
腰も痛いし、身体はボロボロだし、子どもは荒れてるしで、
PCを開く余裕もないので、コメント欄はいつも通りに閉じさせていただきます。






   ↓ 各種ランキングに参加しています。 ↓
    にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
     
        


2022.05/03 Tue 20:33|差別・人権・民主主義||トラックバック(0)TOP↑
菅直人のツイートとやらが、騒がれているらしい。

下の下の人の名を挙げて、

主張は別として、
 弁舌の巧みさでは

  第一次大戦後の混乱するドイツで
   政権を取った当時のヒットラーを思い起こす。

これって、ホメてるんだよね。

弁舌の巧みさを。


ホメちゃダメでしょ。

同じことをポルノ小説家のチン太郎に褒められた時は、
維新も下の下も喜んでた。


ポルノ小説家のジイサン曰く、
『彼の演説のうまさや迫力は、
若いときのヒトラーですよ。
ヒトラーの伝記を読むと分かるけどね、
ヒトラーに該当する政治家だね、
橋下徹ってのは。』
・・だそうだ (2014年12月16日の記者会見にて。) 。


何で、維新は怒ってるの?。

同じように褒めてもらったのに・・・。

それは、攻撃のチャンスだから。



私は、権力を好き勝手に行使する政治屋が嫌いだ。
だから、ブログで思ったことを書いている。

しかし、それと共に、毎回、当ブログで糾弾しているのは、
弱い者を叩いて、強い者には迎合する人たちだ。
与党とその補完政党の政治屋は、そういう人が非常に多い。

当選後にそういう醜い部分が膨らんで行く変容ぶりを、
言動からよくわかる人も沢山いる。


そして、特に、下の下氏個人も、維新という政党も、
権力には迎合しつつ、
権力に反対する人たちを叩くことで、


より弱い者、

自分が勝てそうな者を叩く快感
を欲している


大衆の心の中の闇の部分を利用し、

安直なポピュリズムを煽って、

勢力を拡大してきた。


※注※ ここで言う 「ポピュリズム」 は、排外主義的な右翼ポピュリズム。


陳情を訴える女子高生を泣かせて気炎を上げたり、
記者会見で、一人の記者を吊し上げにして、
トコトンまで罵倒したり、
自民党政治を批判する勢力に、徹底的に差別したり、
大衆が羨ましいと思う、しかし個人としては弱い立場の人 【= 一般の公務員】
を敵視し、攻撃し、ひれ伏せさせ、・・・etc・・・。
独裁者橋下徹


弁舌の巧みさだけでなく、
大衆扇動そのものも、
ヒトラーとかナチと同じじゃない?。

維新はナチス

私は、この世の差別の根源は、
個人の心の中にある 【弱い者を攻撃してやりたくなる思い】 だと思ってる。

まさに、そういう行動をとって、人気を得て、力を持ったのが、
下の下と、彼の作った政党 維新の会。


維新の会がナチスに例えられるのは、
そういう攻撃欲求だけではない。



ナチスにたとえられても、全くおかしくないのは、
障害者を無用のものと決めつけ粛清したナチスと
同様の行為を正当化する発言をしたことだけ取っても、
明らかだ。


舩後靖彦さんに、
『尊厳死議論の旗振り役になれ。』 と、
言った維新の馬場を私は忘れない。


尊厳死を安楽死と混同させて、
大衆を扇動しようとした維新を私は許さない。

(松井も含めて、障害者の死を推進する発言は、
維新の議員には多かった。 もちろん、自民党とか国民民主にもいたけど。
(冷笑) 所詮は、なんにも考えてないのだろうし、学ぶ気もないのだろう。)
(真面目な論調で、こういうヒドイ発言をする政治屋に、愚直に乗せられて、
ブログなどで同調する阿呆が多かったのも覚えている。 阿呆は罪だ!。)



※※ 追記 (どうでもいいことですが・・・。) ※※
舩後靖彦 議員は、“さん”付けなのに、何故、菅直人は呼び捨てなのか?。
それは、好きではないから・・・。
そのことについて述べてもいいけど、当ブログでは今のところ触れる予定はありません。






    ↓ 各種ランキングに参加しています。 ↓
     にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
     
         


2022.01/28 Fri 11:39|差別・人権・民主主義||トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

DANGER MELON 

Author:DANGER MELON 
はみ出し者と言われ続けて30数年の某県△△市在住197?年生まれ自称39歳の専業主夫。

履歴:高校在学中に無認可障害者施設開所運動に関わり、高校卒業と同時に開所。以後数年間施設職員。それ以後は仕事も無くアルバイト+他で何とか食い繋ぐ。医療職を目指し齢31で進学、6年次に難癖付けられて退学。以後専業主夫。

思想:平和と民主主義を望む。足元はブーツのみ。セーターとポロシャツは着ない主義。

嫌いなモノ:差別、キノコ、弱い者イジメ。

好きなモノ:お肉、他多数。書ききれません。当ブログ内で少しづつ紹介していきます。

過去の日付の遅延投稿 ならびに 最新追記 については、カテゴリー【おしらせ】をお読み下さい。友人の皆さんへのメッセージもあります。リンクについての記述もございます。 


※限定公開記事のパスワードは、連絡が取れる方は本人にご確認下さい。

※文書および画像の無断転載、また日記的出来事のエピソードの流用を禁じます。それらを発見した時は、法的措置を取らせていただきます。

※但し、政治屋批判の画像に関しては、遠慮なくご自由にお使いください。断りも入れなくて結構です。

※エピソード流用をご希望の方は、ご連絡下さい。

※どうしても連絡が必要な方は、連絡方法をご面倒ですがお探しください(何処かにあります。)。

参加しています
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
更新通知登録

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

申し訳ありませんが、追記や広告の更新・見直しによって、過去の記事も更新されることがあります。・・が、それも通知されるかどうかは、私にはわかりません。
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR