property="og:title" content="ページタイトル" /> property="og:image" content="画像URL" /> 靴 (リペア・手入れ・既成靴 等)はみ出し者の閾値
FC2ブログ
《はじめに》

靴や革細工を作る者として (最近は全然作ってないけど・・。苦笑) 、
時々手入れについて尋ねられることがある。

私は、この道で暮らしている訳ではないし、知っていることは少ない。
しかし、革業界で賃金を得て暮らしを立てている “プロ” であるからと言って、
革に知悉しているとは限らない。

多くの人は、雑誌や本などに載っていることを参考にして、
手入れをしてきたとは思うのだが、私は自分の経験から (失敗した経験だ。) 、
『コレ、革を傷めると思うけどな・・・。』 ・・・って思う記事も多い。

アメカジに目覚めた小学校6年生以来、ワークブーツが、また他の革製品が欲しくて、
アルバイトをしてお金を貯めて、中学1年で革靴とギャリソンベルトを購入、
中学2年からはワークブーツを履いているので、失敗経験は沢山ある。
中高生の間は、図書館で洋服や靴、革の本を読み漁り 身につけた知識、
地元では有名人である 行きつけの靴屋さんから教わった知識、
・・・それらを自分の持ち物で実践してきた。
それでも、失敗はある。

だからこそ、言えることがあると思い、ブログに書こうかなと思っています。
参考になれば幸いです。

また、主に靴について書かせていただきますが、鞄や財布なども
基本的には同じですので、その辺もご了承ください。
不定期に書きます。

知らないことやわからないことは、書いたりしません
(よく、雑誌などに、まるで正しいかのように書いてありますが・・・。) 。
不確かなことは、『~ではないか?・・と、思う。』 ・・と、言うように書きます。

IMGP7806.jpg
ウチの玄関です。

     《以下:本文です。》



靴が好きになったら、一日中 玄関に座って、
穴が開くほど靴を眺めたりするものです (私だけではないハズ・・?。) 。

・・・そして、やたらと手入れをしたくなるものです。

しかし、『過ぎたるは猶、及ばざるが如し。』 ・・・と、言うように、
“見つめてウットリとする” 以外の行動で、本当に手入れとして正しいのか・・
・・疑問である行動も多いです。


雑誌や専門家のインタヴューでも推奨されている手入れですが、
専門店で行うようなことを、高頻度でやっていいのか・・・?・・と、
言うと、大いに疑問です。


高い代金を払って、その靴にとって何年かに一度の大々的な復活劇である
お店でのメンテナンス。
顧客満足度を高めなければ、商売として成り立たないもの。

その様な店の広告の意味合いもあるし、
その様な店の広告依頼も収入のひとつである雑誌。

そして、高いメンテナンス用品。
使用頻度が上がれば、リピート売り上げも・・・上がる。

・・・そのあたりのことも念頭に置きながら、考えていただければ幸いです。


間違い1
手入れの方法の違いは、原皮の種類ではない。

『羊革、どんな手入れをすればいい?。』 ・・なんて時々訊かれるが、
手入れの方法の違いは、まずは仕上げの違いで分けられるべきだ。

表面をコーティングしたパテントレザーと、ナチュラルな仕上げをしたレザーでは、
手入れに使う薬品は全く違う。
また、ナチュラルな仕上げのレザーでも、ヌメ と オイルヌメ (オイルドレザー) 、
蝋をしみ込ませたブライドルレザー、・・etc・・、どれも使う薬品は違ってくる。

基本的には、薬品を使わずに、できれば毎日ブラッシングをするのが、
革製品の・・・特に靴の・・、手入れだ。


普通は、馬毛のブラシを、革の種類や色で複数個を使い分ける。
価格:1870円 (税込、送料無料) 。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドイツブラシセット(1セット)
価格:1870円(税込、送料無料) (2021/3/13時点)


ブラッシングの意義は、常にカビの胞子を払い落としておくことで、
革をカビさせないことにある。



間違い2
リムーバーは、大切なモノも落としてる。

所謂、「リムーバー」 とか呼ばれる薬品を使うと、染料が布に付いてくる。
そこまでキツイ薬品になると、銀面を傷めているのは確実だ
(リムーバーや汚れ落としクリームは、有機溶剤なんだから、当然と言えば当然だ。) 。
ドレスシューズのワックス上の傷を、ワックスごと取るには有効だと思うけど
(タウンユースでドレスシューズに付くのは、それくらいしかない。) 、
ドレスシューズを街で普通に履いていれば、
基本的にブラシや水分をきつく絞った布で落ちないような汚れが付くことは、
めったにない。
ワックスの上の傷を取って、またワックスをかけておく。その時に使う。

ワークブーツのようなナチュラルな仕上げのレザーにしみ込んだような汚れは、
キツイ リムーバーでも落ちないし、銀面を傷めるだけなので、無駄だと思う。
シミの元だし・・・。

ただ、既に仕上がっている革の上から、さらに染めたい場合 (染め替え) などは、
この有機溶剤の性質を利用して、あえて銀面を傷めて、
染色液を浸みこみやすい状態にさせることはできると思う
(2016年12月20日の投稿 【ペコスブーツのツートーンカラー化】 で使用したのは、
有機溶剤だが、同じような効果は有機溶剤系のリムーバーにもある。) 。

・・・という訳で、
私は、所謂リムーバー(有機溶剤系のキツイ物)は、ほとんど使っていない。
ポリッシュしたレザーの傷をワックスごと取ることも、頻度としてはあまりない。
大した傷も無いのに、リムーバーを高頻度で使うと、
銀面の劣化が早まるので注意。

汚れ落としの薬品は、いくつか持っているけど、後列のはキツイ。
IMGP7815.jpg
ハッキリ言って、使ってない。
どうしても必要な時は、キツクないモノを少し使う。
それも、黒色のワークブーツにだけ。

キツイリムーバーを使って、
ポリッシュされたワックス上の傷を取ったことはあるが、1回だけだ。
何年か前に、その1回を行った カミサンのジョッパーブーツ。
IMGP7827.jpg
フォーマルでしか使わないから、傷付けないように履くのが基本。
私は、この手のドレスシューズは持っていないが、フォーマルで履いている
Lucchese は、一度もリームーバーを使ったことはない
(そもそも、ワックスでポリッシュしてないし・・・。) 。
WAX上の傷よりも深い、銀面に付いた本当の傷については、
今回は書きません (また改めて書きます。) 。

オイルドレザーなどで、サドルソープを使うと、極細かい砂や埃などは
洗い流せてキレイにはなるが、黒ずみはほとんど取れないし、
ウエルトの隙間から水が浸入するのも、いただけない。
IMGP7822.jpg
ウチにはサドルソープが2つあったが、右のラベルが取れてる KIWI のは、
20年以上前に買ったものだし、ここ15年で3回使っただけ。
左の PENGUIN は、いつのかわからないが、新品だ。
余程の泥だらけになった時以外、ほとんど使わないので、今後も減らないと思う。



間違い3
オイルは、絶対に入れ過ぎてる。

ミンクオイルを始めとして、いろいろな種類がある 『革用の“油”』 。
IMGP7819.jpg
シューグリースとスノーシールは、ちょっと特殊だけど、やっぱり油だ。

ツヤを出すワックス類も、蝋なので油脂だ。
乳化性のクリームだって、主原料はワックスとかオイル・・・全て油だ。
IMGP7817.jpg

よく、『油分が抜ける。』 ・・って、言いますが、
水没したりしているわけでもないのに、そんなに (手入れで塗りたくっているほど)
革製品から油分が抜けているとは、常識的に考えて思えないのです。

昔、お世話になった 地元の有名人の行きつけの靴屋さんは、
オイルドレザーのワークブーツについて、
『多くても月に一回、ロングブーツで片足に付き、
 マッチ棒の頭くらいの量のミンクオイルを入れる。
  塗り過ぎは厳禁だよ!。』

・・・って、生意気盛りの私に言ってくれてた。



・・・以上の3点は、よくある間違いだと思うのです。



『じゃ、何でこんなに持っているんだ?!。』
・・って、思うでしょ?。


つまり、こうやって (いらない物を買って、使って‥) 、
間違いを繰り返してきたのです。


ですから、写真で紹介した (+α・・持ってる。) 革用の薬品類の2/3を、
玄関の飾りにしているだけです・・・ (苦笑) 。

・・・困ったモンだ・・・。



ポリッシュ用のワックスなら、↓ コレ ↓ ひとつでいいかな。
大英博物館開発のワックスだ。 200ml 価格:5250円 (税込、送料無料) 。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ルネサンスワックス 200ml
価格:5250円(税込、送料無料) (2021/3/14時点)



オールマイティーに使ってるのは、ラナパー。
250ml 価格:3201円 (税込、送料無料) 。 紹介しているのは、全て最安値です。


         にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
        
            


2021.03/14 Sun 01:44|靴 (リペア・手入れ・既成靴 等)||トラックバック(0)TOP↑

2年ほど前にデッドストックで手に入れた 1991年製 Red Wings 2265 だ。
IMGP7310-01.jpg

箱なしだったので、格安で手に入れることができた このブーツ。
週に2回くらい履いて、普段の手入れはブラッシングだけ。
オイルを入れたのは、この2年間で 1回だけ、それもミンクオイルではなく、
ラナパーを 「サッ」 と、簡単に使っただけだ
(「オイルを入れるのは、ひび割れの元なんじゃないか?。」 ・・と、
 某 靴メーカーの社長が、私とカミサンに言っていたが、
 14歳以降オイルドレザーのブーツを履き続けて来た経験から、私も、
 「たぶん、そうなんじゃないかなぁ?・・本当のことはわからないけど。」
 ・・と、思っている。) 。

コイツを手に入れる半年前に、やはりデッドストックで手に入れた 1999年製の
8156
も そうなのだが、あまり履き込まれていない、アッパーが綺麗なブーツでも、
使用していれば、コバは必ず擦れてくる。

履き込まれたワークブーツなら、コバも摩滅したように丸くつぶれてしまったり、
色も黒ずんだりしていても構わないのだが、
まだまだアッパーが綺麗なブーツだと、ワークブーツとは言え、アッパーも
『ドレスシューズ並みに・・』 ・・とは言わないが、元の革の色を大きく逸脱しない
ナチュラルな色のきれいなコバにして履きたいところだ。

大切に使用していたのだが、
このブーツは、全くコバの手入れをしてこなかったので、結構擦れてしまってる。
IMGP7316.jpg

よく、オッサンアメカジ雑誌のメンテ記事で、『コバの毛羽立ちに、オイルを・・』
・・とか書いてあるけど、
こういう状態の時、オイルを入れると、黒ずんでしまう。
私は、まだまだ綺麗なペコスブーツのウエルト (RW の場合、ソールまわりでは、
ウエルトだけがレザーなので、尚更だが、) の色が変わってしまうのは、嫌だ。

これ ↓は、 擦れたコバにオイルを入れた例だ。
IMGP7197.jpg
使い込んだワークブーツなら、これ ↑ でもいいのだが、
まだまだ綺麗に履きたいブーツは、これでは困る。

かと言って、蝋を溶かしてコテで仕上げるのは、ウエルト部分だけが革で
ミッドソールは樹脂である RW には、大袈裟な気がする
(それに、ブログでそんなことを紹介しても、靴づくりをしない コテとか持ってない人
にはできないし、不親切だ。) 。

私は、こんな場合には、いつも、お手軽にできるメンテナンスとして、
革細工の時、床面やコバを仕上げる ふのり や、 CMC 、あるいは
それらに相当するモノを塗って、指で磨いています。
IMGP7317.jpg
今回は、クラフト社の 【トコフィニッシュ】 という商品を使いました。
お安いので、革細工をしない人でも、普段からその手のモノを使っている人は、
財布などのメンテナンス用に持っていても、損はないと思います。

これを、2~3回繰り返したら、綺麗なコバに仕上がります。
IMGP7319.jpg
関係無いけど、グリーンのミッドソールも、全然目立たないものですね。
もっと、目を引くと思っていたのですが・・・。





菅も、今頃になって 『GO TO の停止。』 とか言ってないで、
感染拡大防止の効果を上げるために、就任と同時に停止にするべきだったんだよ。
それが、リーダシップってモンだ。 
この国は、いち国民から政治家まで、くだらないしがらみばっかり持ってる。
どいつもこいつも、足元、見つめなおせよ!。



         にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
        
            


2020.12/16 Wed 15:45|靴 (リペア・手入れ・既成靴 等)||トラックバック(0)TOP↑
先日のこと。

ゴールデンウィークに、友人O が結婚することになった。

すごくやさしくて、イイやつなので、
この歳までイイ相手がいなかったのを、ずっと心配していたのだが、
遂におめでたい日が来たのだ!。

O は、アルバイト兼自営業 なので、この馬鹿げた10連休のせいで、
収入が減るので、困っているのだが
  (私も、若い頃、連休や年末年始の度に、生活が大変だった・・。)、

今回は、連休ついでに式をすることになった
 (O曰く、 「親の見栄でやるのだ。」 ・・そうだ。 確かに、我々貧乏人には、
  式など無理だ。私も式は挙げていない。 この格差がわからない人が、
   ますます格差を作る自民党とそのお仲間政党を支持するのだ。
    そして、そう言う人たちは、私たちがお金に困っているのを、偽日本語の
     “自己責任” とやらを持ち出して、 “尤もそうに” 糾弾するのだ。) 。



・・・で、式に出るのであるが、
普段からアメカジで、滅多に正装をすることのない私 (機会も無いしね・・。) 。

一応、スーツは持ってる
 (昨今の若者は、かわいそうだ。
  今どき、あの情けないピチピチスーツしか売っていないのだから・・。
   もちろん、私のスーツはアレではない。)

・・・で、靴なのだが、
普段からアメカジを中心とするカジュアルスタイルで、
足元は、一年中ブーツを履いている。

(『夏、暑くない?』・・って、訊く人がいるが、暑いわけがない!。
 そんなの気になるなら、夏は普通の短靴だって暑いだろ!。
  それとも何か?、夏は草履履いてるのか?。)

ゴミを出しに行く時も、ウォーキングの時も、自転車に乗る時も、
・・・・・何時でも、ブーツだ。

それも、全てアメリカンスタイルのワークブーツだ。

もちろん、ブーツ以外は持っていない。
ローテクスニーカーは、カッコイイとは思うけど、所詮 私の履くモノではない!。

ウエスタンブーツも、アメリカのワークブーツの1種・・・
   ・・・とも言えない訳では無いが、個人的には好きでよく履いている。

・・・ってな訳で、正装の時は、ウエスタンブーツを履いている
 (カウボーイの正装にも使われるし・・。) 。

ステッチによる装飾の無い Lucchese だ。
Lucchse.jpg
   ↑コレ↑、新品の時に記念に撮った写真。

※ちなみに、単車だけの生活だった頃
(不安定なバイト掛け持ち生活になったので、移動が増えた結果、車を調達したのだ。) 、
正装の時にスーツに合わせていたのは、エンジニアブーツであった・・・
  (移動手段が、単車しかなかったので・・・。 大笑) 。



・・・でもね、長すぎて、PANTsの裾がモタつくし、
  それに、たまには編み上げも履きたいわけで・・・、


・・ってなことで、5年前に購入して家の中に飾ったまま、1度も履いていない
80年代のデッドストックのカナダ陸軍のオフィサーブーツを履くことにした。
IMGP3800.jpg
スチールトゥ・・とは言え、
将校の正装用のブーツなので、フォーマルに使用しても差し支えは無い。
オフィサーブーツとは、そもそも、
儀式にも出れるが、すぐに戦場にも出動できる
・・という前提で作られているのだから。

・・・まあ、しかし、
 フォーマルとして使用するには、少々ツライね・・、切りっぱなしだし・・
     仕上げも粗いよね・・・・・・・。

・・・で、このブーツ、ソール・ヒール共にビルトライトなのだが、
IMGP4845.jpg
できるだけ、減りを押さえたいので、ヒールにスチールを付けることにする。

・・ってなことで、今回もデッドストックのブレーキーを・・
IMGP4844.jpg
今回は、手前の2つを付けます。 今回は、付けかたもお見せします。


まずは、位置決めをして、革包丁で切ります。
IMGP4875.jpg
大腿の上でやってます。シマシマは、オーバーオール。

↓こんな感じに切り取ります。
IMGP4876.jpg
包丁の先がどこら辺を通っているか・・がわからない人は、切り過ぎると思う。
こういうのは、幼いころから作業をやってきたかどうかで決まる気がする。

・・後は、接着剤を塗布し、打ち込むだけ。

↓こんな感じに仕上がります。
IMGP4910.jpg

・・・・しかし、結局、履きませんでした・・・。
(正装には、ちゃんと縁を仕上げた靴を履きたかったので・・・。
  そういう意味では、ウエスタンブーツは、正装に使っても全く問題は無い。)


  まだしばらく、飾っておきますかね・・・。





↓同じ物・・だと思われるモノです。
   私が買った値段よりも、かなり安いです。↓
      価格:19990円(税込、送料無料)


ルケーシーは、↓こういうタイプの方が、カジュアルに履けていいと思う
(実は、↓コレ欲しい・・・。しかし、お金は無い・・・笑) 。
価格:59800円(税込、送料無料)



          にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
         
             


2019.05/29 Wed 00:56|靴 (リペア・手入れ・既成靴 等)||トラックバック(0)TOP↑
BLAKEYのスチール (靴底金具) だ。
大量に日本に入ってきていたようで、いまでもデッドストックが出回っている。
私のは、靴職人のおじいさんから頂いたものだ。
IMGP3873.jpg
made in England とは言え、全然大したことはない。
鋳物としても、決して 『出来がいい』 と言えるようなモノではなく、かなりの割合で、普通では製品として出荷できない位の鋳物不良が混ざっている。
さいわい、私の持っているモノにはないが、 『BLAKEY』 の文字すらマトモに読めないモノも何度も見かけた。
仕上げもかなりテキトーで、鋳型から抜いた後何もしていないらしく、大きなバリが残っているモノも多い。
一応、バリは落としてある (簡単にだけど・・。) 。

頂いた当時は、うっすらと錆が浮いていたが、それも全て落とした後に、被膜を張ってある。
普段は、これを50年代のアメリカの密閉ビンに入れて、玄関のブーツの脇に飾ってある。

装着するなら、すり減り予防に新しい靴に打ちたい。

できれば、盛り上がってしまわないように、スチールがピッタリ入るように削ってから打ちたい。

先日、カミサンがすごーく大事に履いている 安藤製靴 ZⅡ が、購入から10年以上経つのに、それほど削れておらず、踵の削れ具合がこのスチールに丁度良さそうなので、打つことにした。
すこーしだけ削って、装着した。
IMGP3866.jpg
装着後数回着用後の写真だ。

そして、先ごろ手に入れた Red Wings 8156 にも、打っておきたいところだったので、先月末に打っておいた。
ソールがすり減れば、交換すればいいのだが、
交換時には、どんなに丁寧に作業をしても、アッパーに力がかかってしまうものだ。
・・で、あるので、できるだけ交換はしたくはない。
だから、コイツを打っておくのだ。

IMGP3863.jpg
装着後十数回着用後の写真だ。
こちらの場合は、金具の形にヒールを削り出してから装着してあるので、より自然な感じなのだが、ヒールを金具の形に削り出すのは、かなりめんどくさかった。

新品の状態で、ヒールには金具、出し縫いの糸には樹脂を塗って履き始めるのが、私の履き方なのだが、これまでは金具が擦り切れたら、改めて金具を打つことはせずに、かわりに樹脂を足したり、無視したりしてきた (そうこうするうち、ソール交換もするけど。) 。
しかし、今回の 8156 は、できるだけオリジナルのまま履きたいと思っているので、金具が擦り切れたら、また改めて金具を打とうと思っている。






          にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
         
             

2018.07/29 Sun 17:06|靴 (リペア・手入れ・既成靴 等)||トラックバック(0)TOP↑
IMGP3861.jpg

2016年2月4日の投稿 【化学素材の中底は、結局ダメになる。】 で書いたが、
レッドウイングの pecos や一部モデルの発泡系の樹脂を使った中底 (インソール) は、
経年劣化なのか、使用したための劣化なのかはわからないが、使っていると劣化する。

・・その件に関しては、前述した過去の投稿を見ていただくとして、
そのインソール本体の劣化の前に、
カカト部分に申し訳程度に乗っている↓コレ↓
IMGP3913.jpg
・・・が、剥がれてくる。
変な合成皮革で作られているから、反ってしまって剥がれてくるのだ。

今回、紹介するのは、家で一番新しいブーツ、
Red Wing 8156 のカカト部分の中敷きだ。
持っているブーツの中でもいちばん製造年が新しいだけでなく、
ついこの前に手に入れたばかりのデッドストック品だ。
製造は1999年製、もう少し前の革が厚いのがほしかったのだが、
これでもその後のモノよりまだマシだ (正確に厚みを計ったわけではないから、
何とも言えないが、シャフトを触った感じは、明らかに違う。) 。
新品ではあるが年月が経っているため、
このブーツの場合も手に入れた時から、コレが剥がれかかっていた。

コレが剥がれてきて (縁がめくれあがって、剥がれかかってくる) も、
構わずにそのまま履いていると、ズレてしまって、履きづらくなるだけだ。

剥がして、履けばいいのだが、気になる人もいるだろう (糊が残ることもあるし・・。) 。

そもそも、こういうモノは (ハンドソーンで靴を作っているような場合だと・・・
・・・私はそれしか知らない・・。) 、踵の積み上げを固定するためのペイス
(木製の釘状のモノ) のでっぱりを切り取った跡が、
足底に当たらないように取り付けるモノだ。
なので、私は、これまで剥がしたまま履いていた。

気になる人は、革で同じパーツを作って、接着しておけばいいだけだ。
誰でもできるので、気になる方はやってみて下さいね。

今回、これを貼ることにしたのは、術後の足底が痛むためである。
今回は、約1.7mm厚のカーフを使用したのであるが、
痛みのおきる箇所に当たる部分のみ、裏側からかなり薄く漉いておいた
(そこだけ切り取ろうと思ったのだが、見た目が悪いので・・) 。

IMGP3910.jpg

・・で、出来上がったら、貼り付けて、完成。

IMGP3912.jpg


インソールの樹脂が変質してくるまでは、これでよし・・。







         にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
        
            


2018.07/20 Fri 06:10|靴 (リペア・手入れ・既成靴 等)||トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

DANGER MELON 

Author:DANGER MELON 
はみ出し者と言われ続けて30数年の某県△△市在住197?年生まれ自称39歳の専業主夫。

履歴:高校在学中に無認可障害者施設開所運動に関わり、高校卒業と同時に開所。以後数年間施設職員。それ以後は仕事も無くアルバイト+他で何とか食い繋ぐ。医療職を目指し齢31で進学、6年次に難癖付けられて退学。以後専業主夫。

思想:平和と民主主義を望む。足元はブーツのみ。セーターとポロシャツは着ない主義。

嫌いなモノ:差別、キノコ、弱い者イジメ。

好きなモノ:お肉、他多数。書ききれません。当ブログ内で少しづつ紹介していきます。

過去の日付の遅延投稿 ならびに 最新追記 については、カテゴリー【おしらせ】をお読み下さい。友人の皆さんへのメッセージもあります。リンクについての記述もございます。 


※限定公開記事のパスワードは、連絡が取れる方は本人にご確認下さい。

※文書および画像の無断転載、また日記的出来事のエピソードの流用を禁じます。それらを発見した時は、法的措置を取らせていただきます。

※但し、政治屋批判の画像に関しては、遠慮なくご自由にお使いください。断りも入れなくて結構です。

※エピソード流用をご希望の方は、ご連絡下さい。

※どうしても連絡が必要な方は、連絡方法をご面倒ですがお探しください(何処かにあります。)。

参加しています
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
更新通知登録

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

申し訳ありませんが、追記や広告の更新・見直しによって、過去の記事も更新されることがあります。・・が、それも通知されるかどうかは、私にはわかりません。
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR