property="og:title" content="ページタイトル" /> property="og:image" content="画像URL" /> 2012年04月はみ出し者の閾値
FC2ブログ
家事というのは、連続していて終わりが無い作業だ。
その作業と平行して、同様に連続した “育児” をするというのは、大変なことだ。
ウチは現在、育児休暇中のカミサンと、主夫の私の2人でやっているが、お金に余裕が無いので、早々にカミサンは職場復帰する予定だ。
育児も家事も2人でやっていても手抜きになっているのに、育児と家事が1人になると一体どうなるのだろう?。
世の中の1人で子育て中の主婦 (主夫) の方は、すごいと思う!。
・・・・と同時に、私もすぐに1人でしなければならないのだ!と言うことを思い出す・・・。


大変だとは言え、子どもに色々な物を感じてもらいたいので、散歩や外出はできるだけしたいところだ。
しかし、2人で対応しているにもかかわらず、出るまでに時間がかかったり、外出先でもバタバタと慌しく時が過ぎていく。
今日は15:00ごろから1時間散歩ができた。


〔散歩の後の流れはこんな感じだ (日誌はつけている) 〕
 16:00 帰宅 オムツ交換
 16:05 授乳 (母乳) その間、粉ミルク作り 他 家事
 16:15 授乳(粉ミルク) 同時にカミサンが外出
 16:25 哺乳瓶を洗う
 16:30 大量水様便オムツ交換(はみ出しのため、3枚も使ってしまった。)
 16:40 少し遊んだり、話しかける
 16:45 オムツ交換
 16:50 哺乳瓶洗いの続きを・・
 17:00 オムツ交換
 17:05 少し遊ぶ
 17:10 オムツ交換
 17:15 少し遊びながら、次の授乳の用意
 17:30 授乳(粉ミルク)
 17:35 ミルクを飲みながら寝る
 17:40 布団に寝かせる 私は休憩
 17:45 泣いて起きる→抱く(ムツは濡れていない)
 17:55 オムツ交換
 18:00 授乳(粉ミルク)
 18:05 もうミルクいらないみたい。ちょいと遊ぶ
 18:15 家事の続き
 18:20 オムツ交換
 18:25 カミサン帰宅

カミサンに買い物を頼んだのだが、本当に2人でも手一杯だ。

何故か、カミサンがいない時に、“オムツ交換”が集中している。
一体どういうことだ?。

この後も、かなりグズったり、寝付けなかったり、着替えさせたりで、やっと23:00頃に落ち着いた・・・。


本日のオムツ交換回数:21回(使用枚数:23枚)

・・・こんなんで、布オムツに移行できるのだろうか?。
しかも、便は大量に(はみ出すくらいに)出すし・・ (しかも、ほぼ毎回水様便だ・・・) 。
まあ、お金が無いから、できるだけ布にするしかないのだが・・・。


1人で、同時に家事もできるのかな?・・・。





にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村


2012.04/30 Mon 00:00|子どもと共に歩む||TOP↑

流行に関係なくずっと着れるから、アメカジが好きだ。

好みのスタイルは違っても、『大好きな服はいつまでも着たい。』と言う方は多いと思う。
しかし、アメカジの良さは、【ボロボロになっても、修理してあっても、おかしくはない】と言うところだと思う。
服飾産業に対しては、他にも言いたいことはあるが、後日改めて書かせていただくことにする。


今回は、もはや何ヶ所も修理の手が入った、BIG MACのコットンフランネルシャツのボタンホールの修理をおこなった。

bigmacnelreper2.jpg
↑袖のボタンホール部分が、長年の使用によりステッチ横の生地がちぎれてしまっている(右の穴が本来のボタンホール)。

まず、ボタンホールのステッチの残っている部分と穴の向こう側の生地を?ぐように、ジグザグにミシンをかける↓。
bigmacnelreper.jpg
私のミシンは汎用の職業用ミシンなので、ジグザグ縫いはできないので、ひと針ずつ縫いの向きを変えて繋げていく。

この後は、生地に沿って往復にステッチをかけて完成である。

右のように破損箇所が同じ色の場合は、ほとんど目立たない↓。
bigmacnelreperend.jpg


まだまだ着るよ!。
『もう捨てろよ』とか言わないでくれ! (笑) 。




            にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
            
               



2012.04/21 Sat 00:00|縫製 (リペア・改造 等)||TOP↑
※※2018年4月27日に、手違いで画像が消去されました。元の画像は残っていませんでしたが、新しく画像を追加しました (最終更新.2018年5月31日) 。※※

泣く時もそうなのだが、できるだけ子どもと共に時間を過ごすことで、安心感を得られるように配慮したい。

しかし、家事はやらなければならない。抱いていては手が使えない。
そのために、子どもが生まれる前から目をつけていたのが、背面に板が内蔵されたベッド状のスリングだ (首が座っていないので、どうしてもベッド状になったものが必要。布のスリングは不可) 。

現在は、おんぶや抱っこにも使用できる製品があるようだが、もちろんそんな物を買うお金はない (最近、3WAYのモデルをいただいたのだが、重要なパーツが足りないじゃないか!。何故だー!) 。
子どもが退院した翌日に、廃盤モデルの新古品 (↓コレ↓) を500円で手に入れて使用している。
F60.jpg
カジュアルな服装にもよく合って、ナカナカかっこいいのだ。
色も、合わせやすい。私のお気に入りだ。
実は、前々から狙っていたのだ。新古品が安くなるのも、ギリギリまで待っていたのだ。

我が家では、何故かこれを “フネ” と呼んでいる。


直接抱いている時とちがい、子どもの重心が親の重心から離れているため、非常に腰に負担がかかる。
しかも、子どもの向こう側で手を使った作業をするので、さらに重心が中心に集中せず、ますます腰に負担がかかる。

しかし、子どもを放置せずに済むので大変助かっている。
か細い男性や、小柄な女性だったら、これを使って家事ができるだろうか?。すごく大変だと思う。

私も、腰は痛いが、頑張っている。
しかし・・・・コレって、私も乗ってみたいものである・・・・。






            にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
            
               


2012.04/20 Fri 00:00|子どもと共に歩む||TOP↑
4月8日に書いた、“寄り目”発言について、親戚の彼が【もしかしたら、この中に、斜視を手術で治した人がいるかもしれない】とか、【寄り目って言葉は差別的発言だ】と考えられないように、この度の帰省旅行では同様の発言がかなり多く聞かれた。

たとえば、ウチの子どもが振り向かないことに対して、『つんぼか!』と言ったりするのだ (耳の悪い私が、気を悪くするとは考えられんのか?) 。

そういえば、生まれた報告をした時に『五体満足か?』と言われ、私は言葉を失ったよなー。

《一体いつの時代の人間だよ!。明治時代じゃないんだぜ!》
手足の欠損があったら悪いのか?。人間として認められないのか?。
【お国のために兵隊になれない人間は要らない】という富国強兵政策を唱えていた、明治時代から終戦までの政治に異議を見出せなかった被洗脳者が唱えているならわかるが、現代の人間だろ?!(現代においても、お国=国民のためではなく、一握りの人間の利益のためであるのに、“国益”って言葉に騙されているのだから、仕方がないのかもしれんが・・・)。


しかし、よくよく考えてみると、私はこの15年くらいの間、『この人たちに言っても無駄だわ』と思って、言うことをやめてきた。
それ以前は、はっきりと「それはおかしいと思います。例えばですね・・・・」などと語ってきたはずだ(嫌がられていたことは間違いないが・・)!。

そう考えると、彼らの現状の責任は私にもあるような気がするのだ・・・。




            にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
            
               


2012.04/17 Tue 00:00|差別・人権・民主主義||TOP↑
今回の旅行で、何人かの子育てをしている人の話を聞いた (私が直接聞いたわけではないが・・) 。


『子どもと向き合うことは、確かに難しいことだと思う。』


☆働いていれば、なおさら時間は限られてくる (もちろん、母子家庭・父子家庭なら尚更である。無理をしてはいけないと思うし、公的援助は全く足りていないと思う) 。
・・・しかし、夫婦2人が揃っていても、共に補い合っていない家庭が多いのだと (今回話を聞いたことから) 感じた。
共に助け合って家事や育児を分担していれば、いくら共働きであっても、もっと良い子どもとのかかわり方が出来る気がしてならなかった。


☆また、かかわる時間があっても、どうしても泣きやまなかったりすると、大人の側が「どうして良いかわからない」状態になってイライラする気持ちもわかる。
そこで、 “強い口調で接する” ことになったり、 “放置する” ことになったり、“おもちゃで誤魔化したりする”ことになるのだろう。

・・・しかし、言葉が通じないために大人にはわからないが、
≪泣くのには何か理由があるはずだ!≫ 。それが解らないままでもいいから、しっかりと向き合うべきだ。

強い口調で接するのは論外だ。強い口調は言うまでもなく乳児を不安に陥れる。

また、前にも書いたが、“人間は一人で泣いているとますます不安になるものだ”。だから私は、できるかぎりずっと抱いているようにしている。

おもちゃで気をそらそうというのも、間違っていると思う。誰だって、怒っているときに 「お前の好きな〇〇だよー」 などと言われたら、ムカつくはずだ! (ごくごく単純な人は、喜んで怒りを忘れるかもしれない・・・。しかし、失礼であることには変わりはない) 。
20年近く前に、泣く子の口に手のひらを連続して当てて、 『ア・ワ・ワ・ワ・ワ・・・』 とさせて笑わせて泣きやませる・・というやり方を得意げに講演している方の話を聞いた・・。すごく失礼だと思う。 「うちの子はこれで必ず泣きやみます」 って、単に慣らされただけだろ! (当時19や20才だった私にすら 「バカの話す、時間が無駄な話を聞いてしまったぜ」 とか思われていたのだから) 。
私もやってみたが、小手先の技術として2回使っただけで、子どもが少し驚いて一瞬泣きが止まった時に 「落ち着いて話を聞いてね…」 と話しかける。もちろん、3秒以下しかそんなことはしない (それに、多用して子どもがそれに慣れてしまったら、小手先の技術にすらならないし・・。今後は二度と使わないだろう) 。



何故こんな卑怯な対応になるのだろうか?。
要するに、バカなテレビ番組を見て、時間を無駄に過ごすことに忙しいのだろう。






          にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
         
             

2012.04/14 Sat 00:00|子どもと共に歩む||TOP↑
プロフィール

DANGER MELON 

Author:DANGER MELON 
はみ出し者と言われ続けて30数年の某県△△市在住197?年生まれ自称39歳の専業主夫。

履歴:高校在学中に無認可障害者施設開所運動に関わり、高校卒業と同時に開所。以後数年間施設職員。それ以後は仕事も無くアルバイト+他で何とか食い繋ぐ。医療職を目指し齢31で進学、6年次に難癖付けられて退学。以後専業主夫。

思想:平和と民主主義を望む。足元はブーツのみ。セーターとポロシャツは着ない主義。

嫌いなモノ:差別、キノコ、弱い者イジメ。

好きなモノ:お肉、他多数。書ききれません。当ブログ内で少しづつ紹介していきます。

過去の日付の遅延投稿 ならびに 最新追記 については、カテゴリー【おしらせ】をお読み下さい。友人の皆さんへのメッセージもあります。リンクについての記述もございます。 


※限定公開記事のパスワードは、連絡が取れる方は本人にご確認下さい。

※文書および画像の無断転載、また日記的出来事のエピソードの流用を禁じます。それらを発見した時は、法的措置を取らせていただきます。

※但し、政治屋批判の画像に関しては、遠慮なくご自由にお使いください。断りも入れなくて結構です。

※エピソード流用をご希望の方は、ご連絡下さい。

※どうしても連絡が必要な方は、連絡方法をご面倒ですがお探しください(何処かにあります。)。

参加しています
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
更新通知登録

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

申し訳ありませんが、追記や広告の更新・見直しによって、過去の記事も更新されることがあります。・・が、それも通知されるかどうかは、私にはわかりません。
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR