property="og:title" content="ページタイトル" /> property="og:image" content="画像URL" /> 2012年06月はみ出し者の閾値
FC2ブログ
買い物に行った先で、パンを買った。
私は子どもを抱いていたので、カミサンに『そのパンはどう?』と顎で商品を指して、購入決定は任せたのだが、カミサンは 《原材料表示》 を確認せずに購入したらしい・・・(土曜だったので、混んでいて慌てたらしい)。

ベンチに座って、私がそのパンを食べたとたん、嫌な味がした!。

『ゲッ!!これ、ソルが入ってやがる!!!』
そう確信した私は、《原材料表示》 を確認する。
そこにはしっかりと、ソルビン酸と、書かれているではないか!。
(※注※ 個人的に “ソル” と呼んでいる。)

カミサンは、今日に限って、表示を見なかったらしい


若い頃は、どうしても気持ち悪くて、口の中に入れられなかったのだが、今はなんとか食べることができるので、無理をして食べた。


私は、このような添加物を排除した生活で育てられた。
おかげで、買い食いをする年頃になると、このソルビン酸 (や、他の合成保存料など) が入っている商品の 【なんとも言えない、気持ちの悪い、薬臭さ】 に気が付き、驚いた。


高校を卒業して、貧乏暮らしになると、食べ物にも困る生活になり、嫌な物でももらえるものはみんな残さず食べた。
そうしているうちに、次第に舌が鈍感になり、ソルビン酸 (や、他の合成保存料など) が入っているものが、わからなくなってしまった。

そうなると、困ったもので、身体に悪い物を身体が判別できないのであるからジャンクフードも全く抵抗なく食べるようになってしまった
(せっかく母があたりまえの食べ物で育ててくれたのに、ダメダメだよね・・)

今は、もう一度、自分の食生活を見直して10年以上経つので、舌が少しは 【身体に悪そうな化学物質】 を、また感じるようになってきた。
また、添加物を普通に摂取して育ってきたカミサンも、添加物を排除した生活を続けるうちに、【身体に悪そうな化学物質】 を、舌が判別できるようになってきたらしい。
こういうことは、やはり継続していくべきだと感じる。



今日は、このようなことがあったので、夫婦で、かなり以前のマクドナルドの話を久しぶりにした。
それは、こんな話だ (以下) 。

前述した、【貧乏暮らしで、次第に舌が鈍感になり、身体に悪い物を舌が判別できなくなっていた】 頃のことだ。
施設職員の仕事をやめ、しばらく色々なことをしていたのだが、少しはお金があった頃、たまにマクドナルドに行っていた。
そのうち、かなりお金に困るようになり、完全に自炊だけにして買い食いを全くしなくなるのだが (それでもお金が無くて倒れたこともあったなぁ・・・。あの時助けてくれた幼馴染の親友TOMOには感謝している) 、そんなある日、マクドナルドのフライドポテトを見つけたのだ・・。
場所は、車の運転席の下だ
確かに、最後にマクドナルドを食べた1年半前、車の中でポテト (マックフライポテト) をこぼしてしまった事を思い出す、当時の私・・・。

当時、かなり驚いたのだが、1年半も経っているにもかかわらず(しかも車の中)、腐っていないし、カビもはえていないどころか、色も揚げたてそのままの色をしていた!。

そこで、当時の私は、それを食べてみたのだ (バカですね・・・) 

何本食べても (恥ずかしい話だが、全部食べた・・・バカだよ・・) 、冷めたマックのフライドポテトの味しかしなかったことをよく覚えている・・・。


あー、おそろしい!!!


最近、 『マクドナルドは腐らない』 と言われているらしい。

それが、本当かどうかは私は知らないが、これだけは言える・・・。

『15年ほど前のマックのポテトは、1年半経っても食べることができたぜ!』。

ちなみに、その時、お腹をこわしたりはしていません・・・・・。




以下:PR
↓これは、私のおすすめ。↓ここのおかきは、無添加・無化調・国産米使用で、すごくおいしいよ!。

私は、ここのおかきで、ビールを飲んでいます (最近は、カナリの減塩生活に慣れたためか、ココのでは塩分が強いと感じるし、カミサンはそのために食べないのだが、ビールにはちょうどいい。それでも、他社よりはずっと塩分は少ないとは思う。他社のはもう無理。でも、オレの為にもっと減塩にしてほしいゼ。) 。




にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村


2012.06/30 Sat 00:00|食べ物・料理||TOP↑
子ども用の布団が、スペースを取ってしまうため、半分に折りたたんで使用してきた (もちろん、布団カバーと言うかシーツというか・・も、折りたたみ分の余裕を持って設計&製作をしてある) 。

アパート用の6畳しかない 【居間兼、寝室兼、食事スペース】 では、半分に折りたたんだ子ども用の布団でないと、小さな食卓とは共存できない。

しかし、早くも5ヶ月を迎えると、半分に折り畳んだ布団ではもはや限界だ!。

そこで、キッチンで食事をすることができるように、ずっとキッチンに置くテーブルを探していたのだ。


長い間 (子どもが生まれる前から) 探していた甲斐があって、先日、中古の 小さな “アメリカンダイナーテーブル” を550円で見つけたので、カミサンに相談するために見に行ってきた。

クロムメッキの上に浮いた無数のサビを見て、売れ残っていたのだと思われる、そのテーブルであったが、
実物を見てカミサンが言った。
『いいね、買おう!』と・・。


・・・・・と言うわけで、購入したテーブルだが、安さだけに反応したカミサンとは違って、私には勝算があった。

《サビを取ったらメッキが剥げてしまう》 直径約5mm以上のサビは、10箇所もない!

あとのサビは全て、メッキの上の目には見えないピンホールが錆びている、いわゆる 《ピンホールサビ》 だ。ひとつひとつのサビの直径が大きく見えるのは、サビがピンホールの周囲のメッキの上にしみを作っただけだ。
このサビを落としても、メッキのツヤには全く影響はないはずだ。

足りないパーツも、全く違う用途の物から流用できる計算もあった。


・・・と、言うわけで、2晩かけてサビを取って、こうなった↓。
テーブル


流用パーツは192円で、総額742円だ!。

ちなみに、サビを取った後は通常は油を引くものだが、機械油を切らしていたので、オリーブオイルを引いてある。

アメカジの私としては、本物のアメリカのメーカーの、本物のダイナーテーブルが欲しかったのだが、お金も無いので、この “ニセモノ” で我慢するとしよう。

このテーブルに合うイスは無いので、作業台で使用しているパイプイスを使うしかないが (悲しい・・・) 、
これで、なんとか子ども用の布団を “本来の大きさ” で使用することができる。

イスも安く見つからないかなぁー・・・。




にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村


2012.06/26 Tue 00:00|未分類 (あれこれ)||TOP↑
多くの楽天のショップのメルマガを購読している。
もちろん、 “懸賞” のためにだ! (私、懸賞歴30年以上ですから・・)。

しつこいくらいの配信ばかりだったのが、震災をきっかけに “自粛” しているらしく、最近は削除に追われる事もあまりない (前から思っていたのだが、あんなにしつこいメルマガを送って、よくも客を失わないものだ・・。私は、しつこいメルマガのお店では買い物をしたくはない!) 。



先日送られてきた、あるエスニックアクセサリーを売っているショップのメルマガに、こんなことが書いてあった。

そこには、書き手の 『眠たい原因』 として、

 夜中に浮浪者が空缶をコレクションしにきまして
「ガシャン!ガシャン!」
漁っては潰していたんです!(怒) 
・・・・と。

“浮浪者” って、失礼だよね。見下している呼び方であり、あきらかに差別用語だよ。そのホームレスの人だって、好きでそんな状態になったのではないだろうし、懸命に生きているのに・・。


“コレクション” ってのも、その人の行動をバカにしているわけだ。相手の人間にとっては少ないながらも大切な収入源であるというのに、『オレだったらやらないからよぉー・・』ってな感じで、その人のやっていることを、お金を稼ぐ行為扱いをしないわけだ。


要するに、相手の立場に立てないわけだ。
夜中に音を立てるそのホームレスの人も確かに迷惑だが、大都会の名古屋だろ、いつも夜でもうるさいじゃない?。
ホームレスの人をバカにしているわけだ。どこぞの世襲議員みたいに、自分がたいした苦労もしないで生きて来れた事を、“実力”だとでも思っているのかな?。
(時々、 『好きでああいう生活しているんだろ』 っていう人がいるが、自分に同じような事が起こらないと理解できないのか?。好きであんな苦労をする人はいないよ!。)


こういう人間がやっている店だから、貨幣価値が違う国の少数民族のエスニックアクセサリーを、アンフェアなトレード安く持ってきて、売っているんだな。

・・相手の立場に立てない人間だからな・・当然か・・。

納得だぜ!。


フェアトレードのお店は私の住む町にはないが、だからといって、こんな差別意識のある人のお店では絶対に買わないよ!!!。





・・・・・・こんな風に、その人間の言葉の端々で醜い考え方がバレるものなのだが、どうもそれに気が付かない人大勢いるようだ。


気が付かないから、人間をコスト扱いするような政治屋が、議員大都市の首長に選出されるわけだ。

気が付かないから、お金持ちがますます肥え、貧乏人はますます苦しくなるような、大企業にやさしい法律がどんどん通るわけなんだな。

納得がいかないよ!。


※追記 (2018年8月14日) ※
この店が 『今でもやっているのか?。』 ・・と思って、検索したが、もうどこにも見当たらなかった。
弱い人をバカにしたり、差別したりする人間が没落するのは当然のことだとしたら、自民党や第2自民党、その他の同類政党の差別を助長する発言を堂々としている政治屋たちは、一体いつになったらバチがあたるのだろう?。
やはり、祖母の言う通り、 『この世でバチがあたる人はマシ、本当に悪い人間はあの世でバチがあたる・・・地獄に行く。』 ・・のであろうか・・・。
そうであってほしいが、この世に残した悪行や悪法、悪い世論は残るのだ。
だとすれば、一刻も早く閻魔様に召喚されてほしいものだ。








にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村


2012.06/21 Thu 00:00|差別・人権・民主主義||TOP↑
※※2018年4月27日に、手違いで画像を消去してしまいました。すみません。※※

子どもの便の多さから、布オムツを一旦あきらめて、それでも紙オムツの消費を少なくしたり、ゴミを少なくしたいため、<5月12日 “オムツ4”>で考えていた【仮称:ムツパット】の製作を検討するため、早速5月13日の朝にドラッグストアに行ってみた (ここでの報告まで、ひと月以上も経ってしまったが・・・) 。

すると、使い捨てではあるが、紙オムツの中にあてて紙おむつを節約するライナーが製品として販売されているではないか! (大人用もあるんだね。初めて知ったよ。私、福祉業界にいたとは言え、介護系ではなかったからなぁー)。

↓これだ。




形状や寸法を検討するために、この“おしっこ吸収ライナー”を購入しようと思ったのだが、買わないことにした
この製品はウチの子の履いているような小さいサイズのオムツにつける製品ではないようだったからだ。
お店でも、45枚入りが598円だったので、大きなサイズのオムツに使用すればオトクになるだろうが、ウチの子はまだSサイズを履いているので、私の検討したいサイズとは違うと思われた (SやMだと、あまりオトクではないと思われる)。


・・・・そこで、 「今回の検討の結果、余らせたとしても、いつか必ず使うから・・」 という理由で、生理用ナプキンの普通サイズを購入した。

(余談だが、私は生理用品だろうがブラジャーだろうが、パンティだろうが、買ってくることに抵抗はない。「男がそんなものを買えるか!」 って言う人は、 『自分に自信のない奴だ』 と思っている。そういう奴が、徒党を組んだり差別をしたり、弱いものいじめをするのだと思っている。口ではでかいことばかり言って、経済力のある者にはメスを入れようとしない “ニセの改革” を打ち出す政治屋なんかは、まさにそういう弱い者に対してのみ強くなれる人の典型で、裏を返せば《自分に自信のない奴》だと思う。そういう奴には、ナプキンは買ってくることはできないだろうな。・・て言うか、買う必要があっても、お付の人が買ってくるからいいのか・・・。)


帰宅後、早速、生理用ナプキンを紙オムツの内面に装着して、実験を開始した

半月の間、(全てではないが)生理用ナプキンを装着したところ、5回に1回は生理用ナプキンでは受け止めきれないが、ほぼ8割は生理用ナプキンだけで受け止めることができた
正確な位置を決めてやることが必要だが、かなりの効果があった(ウチのカミサンは“アバウト”な人なので、位置決めが適当で何度も失敗したが・・)。
そして、ゴミの量も出費も 約1/2 に減らすことができた。

これだけでも、かなりの節約になると思うので、オムツの節約をしたい人はぜひやってみることをお勧めします。
(注意点としては、生理用ナプキンには“香料”を使用している物がかなりあることと、真ん中が膨れたタイプの物は、チ○チ○に膨れ部分が当たって、 “よじれて” しまい、尿を受け止められないことくらいですかね・・)


※※2018年4月27日に、手違いで画像を消去してしまいました。※※


とりあえず今回の生理用ナプキンの使用で、 “使い捨てではない物” を製作するに当たっての問題としていた部分の【サイズ】は、なんとなく見えてきた。
但し、サイズアップも考慮して、少し大きめに作らねばなるまい。

【固定方法】は、同じように両面テープを使用するとして、
残りは 【一回のおしっこの量】である。
コレに関しては、実験を行った。なお、実験では、私がビールがわりに飲んでいる “第4のビール” = ウーロン茶を使用した(私は、結局のところアルコールが入ってなくてもいいのです。つまみが食べたいのですから・・)。

※※2018年4月27日に、手違いで画像を消去してしまいました。※※

その結果、最大量で、約40ccほどであった (最大限におしっこがたまった様子はあまりなかったが・・) 。
1回量は今後増加するであろうし、予備容量も考えて25%増し位で考えると、50ccくらい吸い込むものを作成すればいいと思われる。

最大の問題は、そんな暇があるかどうかだが・・・。


※※追記※※
この投稿の通り、生理用ナプキンの薄い物を使用して、これ以降1歳ごろまでうまく受け止めることができた。
それ以降は、1回量が増加するため無理ではあったが、これでかなりの節約になった。
それ以後にタオルを使って、吸い込ませるものを作ってはみたが、オムツ自体を無傷のまま維持することは困難であったため、3歳になる頃に自作の布おむつに移行するまでは、市販の紙おむつを使用し続けた。







            にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
            
               



2012.06/20 Wed 00:00|子どもと共に歩む||TOP↑

家事が全く進まない。
少しずつ、できる限りであるが、子どもとのかかわりの合間に家事をおこなっている。


洗濯機の分解掃除は、もう半年もやっていない。
和室の畳の裏まで掃除したのも半年前だ。それどころか、子どもが寝ていたら、掃除機はかけられないので、和室はなかなか掃除できない。
哺乳瓶の洗浄や、授乳やオムツ交換に追われて、自分の昼食も適当になる。夕食の用意もろくにできない日も多い。


それでも、子どもを見える所に寝かせて、たえず声をかけながら、炊事や洗濯をする (掃除は夜中に拭き掃除だ) 。

“昼間は【オヤジと2人の生活】なのだ” と、本人も慣れてきたものだとばかり思っていた。



しかし、今日は少し違った。
家事をしだすと泣き出してしまい、いくら声をかけても泣き止まない。
ミルクも飲んだばかりだし、オムツも濡れていない。

抱いてみると泣き止むが、すぐに泣き出しそうになる。
しばらく抱いて、機嫌が良くなったようなので降ろすと泣き出す (降ろそうとすると、それを察したかのように泣き出す)。



考えられるのは、ただひとつだ。

母親がいないから、不安なのだ。
具体的に (子どもが理解できうる範囲で) 愛情を感じられないのだ。



なぜ、早く気がつかなかったのだろう。
《相手の立場に立って、その気持ちに寄り添うこと》 は、指導員 (この言葉嫌いだけど) としての先輩であり、私の経験のない福祉の分野でも常に“現場”にこだわって真面目に取り組んできた、尊敬する母から受け継いだ、これまでの仕事で大切にしてきた基本の中の基本であるのに!。

すっかり、信じ込んでいたのだ。
『 “父と昼間の時間を過ごすこと” に慣れた』 のだと・・・・。



私は、何て愚かなのだろう。家事を進めることにばかり気を取られていたのだ。
“声をかけて” さえいれば、子どもが納得してくれると思っていたのだ。

母親との絆は、子どもは体感的に持っているはずだ。それがない父親には、母親以上にスキンシップが必要になるはずだ。
母親でさえ、声かけだけではうまくいかない事もあるのに、たった3週間で子どもが父親だけの生活に慣れるわけがないのだ。

きっと、我慢していたのだと思う。


母親は偉大だ。父親は母親の代わりを完全にはできないのだ。

私にできるとすれば、ずっと抱いてやることしかない。
3時間ばかり抱いていた。
眠ってしまっても、降ろすと起きてしまうので、ずっと抱いていた。


というわけで、夕食の用意は全くできなかった・・・・。


それに対して、文句ひとつ言わないカミサン。

理解のあるカミサンでよかった。
世間の “主婦 or 主夫” の皆さんは、配偶者や家族に理解してもらえないで困っている人も多いと思う。

私は、幸せ者だ。








            にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
            
               


2012.06/15 Fri 00:00|子どもと共に歩む||TOP↑
プロフィール

DANGER MELON 

Author:DANGER MELON 
はみ出し者と言われ続けて30数年の某県△△市在住197?年生まれ自称39歳の専業主夫。

履歴:高校在学中に無認可障害者施設開所運動に関わり、高校卒業と同時に開所。以後数年間施設職員。それ以後は仕事も無くアルバイト+他で何とか食い繋ぐ。医療職を目指し齢31で進学、6年次に難癖付けられて退学。以後専業主夫。

思想:平和と民主主義を望む。足元はブーツのみ。セーターとポロシャツは着ない主義。

嫌いなモノ:差別、キノコ、弱い者イジメ。

好きなモノ:お肉、他多数。書ききれません。当ブログ内で少しづつ紹介していきます。

過去の日付の遅延投稿 ならびに 最新追記 については、カテゴリー【おしらせ】をお読み下さい。友人の皆さんへのメッセージもあります。リンクについての記述もございます。 


※限定公開記事のパスワードは、連絡が取れる方は本人にご確認下さい。

※文書および画像の無断転載、また日記的出来事のエピソードの流用を禁じます。それらを発見した時は、法的措置を取らせていただきます。

※但し、政治屋批判の画像に関しては、遠慮なくご自由にお使いください。断りも入れなくて結構です。

※エピソード流用をご希望の方は、ご連絡下さい。

※どうしても連絡が必要な方は、連絡方法をご面倒ですがお探しください(何処かにあります。)。

参加しています
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
更新通知登録

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

申し訳ありませんが、追記や広告の更新・見直しによって、過去の記事も更新されることがあります。・・が、それも通知されるかどうかは、私にはわかりません。
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR