property="og:title" content="ページタイトル" /> property="og:image" content="画像URL" /> 2013年08月はみ出し者の閾値
FC2ブログ
数か月前に、家からそこそこの距離に良さそうなパン屋ができた。

何がイイ (良さそう) のかと言うと、
◇小麦粉にこだわっていて、小麦粉の種類別に製品がある (もちろん、全粒粉のモノがあるので、私には嬉しい限りだ。) 。
◇店主が一人で作っている (ケーキ屋もそうだが、アルバイトで長年雇用を続けるのは、ズルいよ。 それに、パートスタッフに全てをやらせて、自分は遊んでいるだけなのに職人ヅラしてイバっているのは、私が一番嫌いなタイプだし・・。) 。
◇無駄に大量に作っていない (夕方近くには、ほとんど残っていない。) 。
◇堅めのパンを売っている (添加物で柔らかいパンは、子どもには食べやすいが、子どもに食べさせたくないし、そんな手抜きの商品にカミサンが稼いできた大切なお金を払いたくない。) 。
◇オシャレなお店にしているが、ブランドバッグを持って外車で来店するような客層をターゲットにしていない (謳い文句・価格・ディスプレイされている小物・・・などで・・・だ。) (ああいう客が来る店だと、色のハゲたボロくてかっこいい私の軽で乗り付けると、イヤがられる。←それを私は気にしないのだけど、そもそも、ああいう人たちを見るのがイヤなのだ。) 。

・・・まあ、とにかく、店主の態度や接客の姿勢、店の内装にいたるまで、自然体で素朴そうで、私はすごく気に入ったのである。

で、あんまりパンにお金をかけられないが、外出時に子どもの昼食や間食が遅くなりそうな時や、食事の用意が無い時などに、時折行っては少しだけ買っていたのである。


そして、先日、遅くなってしまったので、昼食を車内でパンで済ませようと思い、子どもと共に買いに行った。

子どもの食べるパンはあったのであるが、私のおなかに満足感がありそうなものは、ベーコンとポテトの入ったパンしかなかった。
こういう場合、どんなにこだわっているパン屋でも、化学調味料いりのベーコンであることがほとんどだ。しかし、子どもに食べさせるわけではないので、 「私が食べるだけならば・・・まっ、いいか・・。」 と、思い、仕方なく買った。

車内で包みを開けて、子どもにパンを食べさせながら、私もそのベーコンとポテトのパンの包みを開けた。

次の瞬間、その香りを嗅いだ私は、とてつもない頭痛に襲われた。

『うわっ、ソルベーだ!』 と、声を出した。
ソルベーとは、もちろん、 【ソルビン酸入りベーコン】 のことだ (私と私の友人は、ソルビン酸のことを、 「ソル」 と呼んでいる。ちなみに、 “ソルビン酸入りハム” のことを 「ソルハム」 、 “ソルビン酸入りウインナー” のことを 「ソルウインナー」 と呼んでいる。 これら合成保存料は、肉加工製品に入っていることが多い。ハムやベーコン、ウインナーソーセージなどは本来は保存が効くようにするための加工であるはずなのに、本来の作り方をせずに手抜きをして、燻製の代わりに香料で “燻製っぽい” 香りを付けたりしてテキトーに作っているので、保存料を入れることになる訳だ。そんなニセモノにお金を使うのは、とてももったいないね。) 。
しかもこの偽ベーコンには、相当な量のソルが入っているらしく、ものすごい頭痛で、更には吐きそうになった。 

子どもの手前、食べない訳にはいかないので (車内にこの臭いが充満して、子どもが吸い込むのは避けたいのもあるし・・・) 、即断即決で、無理やりに10秒ほどで食べてしまうことにした。
まるで薬品を食べているような感じ・・・、久しぶりにかなり気持ち悪かった・・・・。


10時間以上、頭痛は取れなかったよ・・・・。


こういうことがあると、そのお店に行く頻度は落ちるんだよなぁ~。




にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村


2013.08/26 Mon 01:56|食べ物・料理||トラックバック(0)TOP↑
久しぶりに結婚式に出席することになった。

私はスーツを着る機会が与えられて、とても嬉しいのではあるが (何年ぶりだろ?) 、子どもの洋服の用意が大変だ。
結果として、もらい物の子ども服の中にあった白いシャツのワッペンを外し、リサイクルショップで買ってきた半スラックスとネクタイで行くこととした。

しかし、ベルトをするわけにもいかず(幼児体型なので、意味がない)、サスペンダーを付けることになるのだが、リサイクルショップで探してもフォーマルなモノが無いので作ることになってしまった。

とりあえず、材料として、黒い平ゴム (15mm巾) と、調節金具を用意した。 革は、ロングブーツを作ろうと思って用意してあったモノから少しだけ持ってきた。
サスペンダー製作
 
型紙を作って、革を裁断する。
メダリオンもいれたので、中に挟む革はもちろん、全ての革パーツを漉かねばならない (スラックスとの接続部分であるボタンホール部の革も貼り合わせで作ったので、その部分のパーツもだ。) 。
こう何点も漉くとなると、漉き機が無いのが困るのだが、仕方がない。いつものように革包丁で漉いた。
縫製は♯30の皮革用ポリエステルスパン糸で、ヘリは曲げずに磨きで仕上げた。

サス完成

サスペンダーボタンは解体した紳士シャツから取ったものをスラックスの内側に縫いつけ、サスペンダーが落ちないようにシャツの肩にに白い平ゴムでループを作った。

フォーマル
こんな感じ。ベストを作ろうかとも考えたのだが、メンドクサイのでやめた。




にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村


2013.08/22 Thu 03:49|縫製||トラックバック(0)TOP↑
ウチで子どものオムツ交換をしている割合を言えば、 【 私 : カミサン = 97 : 3 】 ・・・といったところだろう。
それは仕方がない。私は主夫だし、一日中子どもと過ごしているのだから。

久しぶりにカミサンが子どものオムツを変えたら、おしっこがオムツから漏れた。

「おかしいなぁ」 と思いながら、綺麗にした後に、カミサンが子どもにオムツを履かせたのを見て驚いた。

一度上まで引き上げた後・・・・
【まず、ギャザーを広げた上で、】
【次にしっかりとオムツを引き上げる】


・・・と言う、基本が全くできていないのだ。

そりゃあ、漏れるよ・・・・。





            にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
            
               



2013.08/17 Sat 03:27|子どもと共に歩む||トラックバック(0)TOP↑
ウチの子は、まだ話ができないのであるが、それは発語が無いだけで、言語的理解が皆無なわけではない事は8月10日の投稿 “1歳半の発達2” で触れた。

1歳3カ月の頃、もらい物の絵本で、積み木を積んでいる絵がかいてあるものを見せたことがあったのであるが、
その本に合わせて、積み木を積んで見せたわけではないのに、積み木を積んでいるその絵本のページを私の所に広げて持ってきて、その後、積み木を指さして 『同じものを作って』 と言わんばかりに要求してきたことがあった。

積み木と絵本
ヘレン・オクセンバリー 作 (1981) 『あそび』 文化出版局
子どもが持っているのは、FELIXのケチャップの空容器。


つくってやると、絵本の通りに真似をして壊すのであるが、何度も作ってくれとせがむ。
3度目位になると、作り終わるのが待ちきれないようで、積み上げている最中に壊しはじめる・・・。
せっかちな奴だぜ (笑) 。


実は、いわゆるブロック系のおもちゃにせずに、積み木にこだわっている理由がある。

それは、まず、 ≪保存できない事≫ が挙げられる。
最初から作り直さねばならないことで、立体を構成する能力を何度も繰り返し使わねばならなくなる。

次に、 ≪重力との関係において、組み合わせが限定される≫ 。
重力に逆らった組み合わせができないため、構成に工夫が必要であったり、支えとなる仮のパーツを見ないようにして立体造形物を鑑賞するという、より高度な認知が要求される (それどころか、単なる積み上げさえもしてくれないのだが・・・・。笑) 。

そして、 ≪壊れない≫ と言うこと。
原材料は木なので、ひとつひとつのパーツが壊れない。

最後に、 ≪搾取で作った製品は買わない≫ って事。
ブロックの類はほとんどが、貨幣価値の違う国の人たちからの搾取で作られているが、積み木ならまだそのメーカーのある国で作られているモノもある。

↓HEROS ( ハーマンロスバーグ社 )の積み木はmade in Germany。50ピース入りがオススメ。




↑『白木』 って書いてありますが、白木ではありません。透明コーティングされています。その方が、よだれだらけになっても洗えるので私は好きです。

ウチでは、色付きと色なしの2つを混ぜて使っている。
もちろん、ウチのは中古だけど・・・。

絵本はコレ↓。古い本だが、なかなかいいよ。字が全く無く、絵だけ。
ヘレン・オクセンバリー 作 (1981) 『あそび』 文化出版局

ヘレン・オクセンバリー 作 (1981) 『ともだち』 文化出版局

ヘレン・オクセンバリー 作 (1981) 『しごと』 文化出版局

ヘレン・オクセンバリー 作 (1981) 『かぞく』 文化出版局

ヘレン・オクセンバリー 作 (1981) 『したく』 文化出版局

にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村


2013.08/17 Sat 02:42|おもちゃ・絵本||トラックバック(0)TOP↑
加賀の友人から送られてきた山代の煉栄昌堂の羊羹である。
『れんの羊羹』 って、日本海側に住んでいた頃、かなり有名だったから、食べてみたかったのだ。

煉栄昌堂

練り羊羹と、白と抹茶。それぞれ細身の羊羹だ。

羊羹は、今でも昔ながらの材料で作っている所が多いが、近頃はそうでもない菓子屋も時々ある。そんな所の羊羹は、私は買ってやらないし、友人もそこら辺はわかっているのであろう。こちらの羊羹の原材料も ↓ この通りである。
煉栄昌堂2



食べてみると、かなりの甘さである。
細身の羊羹をかなり薄く切って食べても、まだ甘い。

煉栄昌堂3
(フェデラルのオーロラボウルは、直径125mmのモノ。少量なのがわかると思います。それでも甘い。)


きっと、200年前の甘味が少なかった時代から、頑固に甘さを変えていないのであろう。
凄いことだ!。

何故細身なのかよく理解できた。

濃い抹茶を点てなければならんね。




にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村


2013.08/12 Mon 21:20|羊羹||トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

DANGER MELON 

Author:DANGER MELON 
はみ出し者と言われ続けて30数年の某県△△市在住197?年生まれ自称39歳の専業主夫。

履歴:高校在学中に無認可障害者施設開所運動に関わり、高校卒業と同時に開所。以後数年間施設職員。それ以後は仕事も無くアルバイト+他で何とか食い繋ぐ。医療職を目指し齢31で進学、6年次に難癖付けられて退学。以後専業主夫。

思想:平和と民主主義を望む。足元はブーツのみ。セーターとポロシャツは着ない主義。

嫌いなモノ:差別、キノコ、弱い者イジメ。

好きなモノ:お肉、他多数。書ききれません。当ブログ内で少しづつ紹介していきます。

過去の日付の遅延投稿 ならびに 最新追記 については、カテゴリー【おしらせ】をお読み下さい。友人の皆さんへのメッセージもあります。リンクについての記述もございます。 


※限定公開記事のパスワードは、連絡が取れる方は本人にご確認下さい。

※文書および画像の無断転載、また日記的出来事のエピソードの流用を禁じます。それらを発見した時は、法的措置を取らせていただきます。

※但し、政治屋批判の画像に関しては、遠慮なくご自由にお使いください。断りも入れなくて結構です。

※エピソード流用をご希望の方は、ご連絡下さい。

※どうしても連絡が必要な方は、連絡方法をご面倒ですがお探しください(何処かにあります。)。

参加しています
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
更新通知登録

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

申し訳ありませんが、追記や広告の更新・見直しによって、過去の記事も更新されることがあります。・・が、それも通知されるかどうかは、私にはわかりません。
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR