property="og:title" content="ページタイトル" /> property="og:image" content="画像URL" /> 2018年03月はみ出し者の閾値
FC2ブログ
セントジェームスのバスクシャツは、大好きだ。
普段は、濃いアメカジの私だが、時々キレイ目のカジュアルにしたくて、秋口や春先にバスクシャツを着ることを楽しみにしている。


今回の投稿は、↓この↓タグが付いていた頃のセントジェームスの話である。
IMGP3729.jpg

この頃のは、身頃は細身で、丈が長い。
更には、袖の先がテーパーしておらず、着用すると、袖先がフレアパンツのようにバタつく (この状態を、私は 『袖ブーツカット』 と呼んでる) 。

そこで、ひっくり返して、肘部分からつめる。
IMGP3730.jpg

↑写真ではわかりづらいが、ジッポの上部から眼鏡のテンプルの先まで縫ってある。
所要時間、2分。


こんな感じ。ほんの少しつめるだけで、かなり着た時のラインは変わる。
IMGP3728.jpg
簡単にできるので、 『んなもん、着れるか!。』 とか言わずに、持ってる人は試してください。


改造前はロールアップしてましたが、それもナカナカいい感じなので、面倒な人はそういう着かたもいいですね。
半袖に改造するのも いいかも・・。


裾が長いのに関しては、このモデルの場合、裾を詰めると模様がオカシクなってしまうので、ボリュームのあるパンツを合わせてバランスをとって着ています。
私の場合は、M47を合わせていることが多いです。


しかし・・・、昼間は・・・
この南国並みの△△市の気候じゃ、もう暑くて着れないよ・・・。





         にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
        
            

2018.03/31 Sat 02:30|縫製 (リペア・改造 等)||トラックバック(0)TOP↑

やっと、子どもの幼稚園が終わる。

カアチャンBに振り回され続けたが、この1年はできるだけ顔を合わせないように過ごしたし、幼稚園の会合にも一切出なかったので、送り迎えの時に顔を合わせる程度であったのだが、それすらも私にはかなりのストレスであった。
おかげでがんになってしまったくらいだ (それ以前に、脳の変性疾患の症状が出だしたのだが・・。これも、カアチャンBとカアチャンAのせいだ!。) 。

後半は入院してたし、顔を合わせずに済んだ。退院後も週に2回は延長保育を利用して顔を合わせないようにしてた。


これからは、幼稚園という接点がないのであるし、住んでいる所はお互いに△△市の中でもかなり遠いので、カアチャンBと顔を合わせることも、ほとんどないであろう。
それに、私はカアチャンBがよく出没する場所を押さえているので、ソコを避ければ普段は大丈夫のハズだ。
今後、私のこと ( “ある事無い事” ではなく、 “無いこと100%” だ!) をアチコチで言い触らすことももう無いはずだ。
もし、言い触らし続けたとしても、もうとっくにカアチャンBの発言で、私は信用を失っているので、それを信じない人との関係だけが、あぶり出しのように残っていくだけだろう。
付き合いが残る人とだけ、今後も付き合っていくだけだ。

Bさん、バイバイ。2度と顔見たくないよ。

・・・が、しかし、問題はある。
新しい問題だ
小学校の事だ。
また同じような事になることが予想されるのだ。
1学年に1クラスだけの田舎の過疎小学校で、地元意識の強い人が、旧来の価値観に疑問すら抱かずに、もはや人権侵害ともいえる地元自治会やPTAをますます盛大にやりたがっている感が、窺えるのだ。
それは何も想像ではなく、就学説明会に行った際の、周囲の地元を仕切っている様子の同年代のカアチャン達の発言の端々や態度から、ヒシヒシと感じられるのだ。

もう既に、私はすごくイライラしてる。

カミサンに、 『初日に、PTAに入らない方向で、クラスの親全員を言いくるめて、役員にそれを突き付けてやろうと思う。』 ・・って、話したら、
『好きにしていいけど、その時は、〇〇〇くん (私) に委員を振られた時にしてね。それもないのに、波風立てちゃダメだよ。』 ・・って、答えが返ってきた。

私は言う、
『そういうのを、 “見て見ぬふり” って言うんだよ。問題に気が付かない人間ならともかく、気が付く以上は発展方向に向かって進むのが、この進化した脳を持つ生き物である人間だろう。』

私がそう言うと、
『そりゃあ〇〇〇くん (私) の昔からの自論は正しいけど、波風が立って苦労するのは1人じゃないよ。家族もだよ。』
・・と、カミサンが言う。

家族には全く迷惑がかからない位に、相手を負かす為の手段は・・・・
確かにあるのだ。
だが、それを使うには、やっぱり相手から、私に委員になるように振ってもらわなければいけなかった・・。

(結局のところPTAのやっていることは、民主主義の原則に反して、『任意団体なのに、入会の強制』であり、『ボランティアによる運営なのに、運営側への参加の強制』であり、更にはその強制を逃れるためには、『差別的発言を受ける恐れがあるにもかかわらず、個人情報を他者全員に晒さなければならない・・と言う、プライバシーの侵害』なのだ。 だから、私の状況を最大限に利用して、侵害を公にすればいいのだ。)

うまく振ってもらえれば、この 『ガンの原因』 のクソみたいな人間関係から、オサラバできるんだけど・・。


※※後日追記※※
入学式の後の、PTAの強制加入会にて、私に振ってはもらえなかったし、言う機会も逸したのであった。
同じ学年を仕切っている四六時中ウルサイカアチャンCも、そんなに喋りたければ、サッサと立候補でもすりゃあいいのに、何故かダンマリ・・・・。
挙句の果てに、強制投票で選ばれたのは、ウチと同じで他の親とはつながりのない、誰も知らない人。
しかも、プライバシーも無視して、 『免除できません』 とかってエラそうに宣言されて、気の毒だったので、私はちょろっとだけ横槍を入れておいた。
これで、他の人にも、私が 『曲がったことは、大嫌いだ!。』 ・・ってことが分かったハズ。・・・にもかかわらずに、ご近所を仕切っているカアチャンCは、後日ウチのカミサンに訳の分からん理由を付けて、使いッパシリにさせるのであった・・・。
私は、かなり頭に来てる。






         にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
        
            

2018.03/30 Fri 13:48|未分類 (あれこれ)||トラックバック(0)TOP↑
IMGP4025.jpg


ユニセフからロヒンギャ支援の緊急募金のお願いが届いていた。

スーチー女史は否定するけど、いろいろな情報から見れば、どうひいき目に見たって、ミャンマー政府がロヒンギャに好意的な様には見えない。

所詮、アウンサンスーチーも、ただのお嬢様だったんだな。

何で弱い者の立場に立って考えられないんだろ?。

同じように裕福な家に生まれたのに、フィデルやチェは、弱者の側に立ち続けた。
この違いは何なんだろう?。

外国で困っている人たちに対して、私には何もできないのが悔しいのだが、
とりあえず先の入院のことで、儲かった (共済の保険金) ので、お金だけ出すことにした。




         にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
        
            

2018.03/11 Sun 03:14|未分類 (あれこれ)||トラックバック(0)TOP↑
※未UPの原稿は依然としてあるが、とりあえずは報告である。その26※

IMGP4405.jpg


退院から3カ月が経ち、転移の有無をこれから定期的に調べていくこととなる。

なんせ、メラノーマなので、転移の可能性は高い。

今回は脳転移の有無を画像にて調べる。

結果は、
『全体的に気になる陰影は見られず。但し、細部は精密検査無しには、転移なしとは断言できず。』
・・って所であった。


まあ、こんなもんでしょう。




         にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
        
            

2018.03/09 Fri 01:51|未分類 (あれこれ)||トラックバック(0)TOP↑
※未UPの原稿は依然としてあるが、とりあえずは報告である。その25※


今回のメラノーマの件では、ツイていることばかりであったが、結局移植に失敗し、ツイてないこともあった。
しかし、摘出したリンパ節に転移も無く、追加切除片にもがん細胞は無かった。
トータルでは、最高にツイていたと思っていた。

そして、今回の入院費の総額は (事前に通院で行った検査の費用などを入れず、純粋に退院時の請求金額だ。) 、16万円であった。
その16万円に、事前の検査費用や、1回目の摘出の費用、近所の皮膚科の診療費、処置の為の薬代や用品代などを加えると、退院時点でのトータルの支出は、ざっと25万円ほどである。
社会保険制度をやめたい老害爺の麻生太郎をはじめとする自民党の政治屋や、アンポンタンアナウンサーのハセガーの言う通りに、社会保険制度が無かったら・・・と、思うとゾっとする。


共済に入っていたので、この時点では、プラス収支になるのだが、今後の通院でどのくらいの出費があるのかは わからないし、
定期検査だけでも年間で5万円以上はかかるはずだ。
まして、インターフェロン局注の費用は、1回6500円程、とてもじゃないが収入のない身にはツライ。

・・で、少しでも もらえるモノはもらっておきたかったのであるが、共済の支払いのお知らせを見て驚いた。

『入院期間が3週間に満たないので、退院給付金は支払い対象外に・・・』
・・って、書いてある。

移植の失敗で瘢痕化したことも、今後の生活の事を考えると かなりのダメージなのだが、そのために入院日数が短縮した為に、受け取りも減ってしまっているとは・・・。

自分では 『オレ、やっぱツイてる!。』 ・・って思ってたけど、
大してツイてないなぁ!。


でも、そのおかげで、
幼稚園の保育時間の臨時短縮の日、カミサンの仕事上抜けられない日、
・・・があったのだが、何とかなった・・ (退院した日から、迎えに行った。) 。

まっ、『ツイてる!。』

・・って事にしといてやるか・・。



つづく←コレ、今後は書きません。メラノーマの件は、今後の人生でしばらくは、ずっと経過を観察していかねばならないし、瘢痕部もできるだけ機械的刺激を避けて生活しなければならない。したがって、ブログ内ではこの報告を続けていくつもりである。


     ↓ 手芸のお店 ↓




         にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
        
            

2018.03/08 Thu 15:09|未分類 (あれこれ)||トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

DANGER MELON 

Author:DANGER MELON 
はみ出し者と言われ続けて30数年の某県△△市在住197?年生まれ自称39歳の専業主夫。

履歴:高校在学中に無認可障害者施設開所運動に関わり、高校卒業と同時に開所。以後数年間施設職員。それ以後は仕事も無くアルバイト+他で何とか食い繋ぐ。医療職を目指し齢31で進学、6年次に難癖付けられて退学。以後専業主夫。

思想:平和と民主主義を望む。足元はブーツのみ。セーターとポロシャツは着ない主義。

嫌いなモノ:差別、キノコ、弱い者イジメ。

好きなモノ:お肉、他多数。書ききれません。当ブログ内で少しづつ紹介していきます。

過去の日付の遅延投稿 ならびに 最新追記 については、カテゴリー【おしらせ】をお読み下さい。友人の皆さんへのメッセージもあります。リンクについての記述もございます。 


※限定公開記事のパスワードは、連絡が取れる方は本人にご確認下さい。

※文書および画像の無断転載、また日記的出来事のエピソードの流用を禁じます。それらを発見した時は、法的措置を取らせていただきます。

※但し、政治屋批判の画像に関しては、遠慮なくご自由にお使いください。断りも入れなくて結構です。

※エピソード流用をご希望の方は、ご連絡下さい。

※どうしても連絡が必要な方は、連絡方法をご面倒ですがお探しください(何処かにあります。)。

参加しています
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
更新通知登録

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

申し訳ありませんが、追記や広告の更新・見直しによって、過去の記事も更新されることがあります。・・が、それも通知されるかどうかは、私にはわかりません。
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR