property="og:title" content="ページタイトル" /> property="og:image" content="画像URL" /> 2019年12月はみ出し者の閾値
FC2ブログ
※※※おことわり※※※
・本稿で言う『ジーンズ』は、デニム製衣料全般と、一般に定義されるジーンズセットアップの形を持った非デニム素材の衣料を指すこととします。
・本稿で言う『ジーパン』は、デニム製のパンツ全般と、一般に定義される
5 pocket jean (パンツ) のスタイルを持った非デニム素材のパンツを指すこととします。
・本稿は、普段の一人称 「オレ」 で述べさせて頂く事をお許しください。
(以下:本文)


【ジーパン保守】で書いた通り、
普段は 『民主主義と平和』 とか、 『自由と平等』 ・・などと言っているオレだが、
ジーンズの持つ 『自由』 や 『ブルーカラー』 の象徴と反する
『不自由』 な思想を持っている・・・ 『ジーパン保守』 なのだ。
とても恥ずかしいが、そうなのだ。


しかし、 『多種多様なジーパン』 に見向きもしない保守のオレでも、
昨今のベーシックなジーンズの愛好家の中に広がる、
【レプリカジーンズメーカー崇拝】の、
【ブランド愛好家的行動】には、辟易する!。


着こなしや、組み合わせを楽しもうともせずに、
『こいつ履いてりゃ安心。』 『コレ持ってりゃ安心。』 ・・ってな感じで、
値段の高い、“大多数の個を持たぬヤツラが騒ぎそうなモノ” だけを、
トントン・・っと、身に付けているだけの・・なんかそんな感じ。

レプリカジーンに、バイカーウオレット、
・・・レプリカメーカーのハワイアンシャツ もしくは、同 Tシャツ、
足元は、雑誌で持ち上げられているモノ・・・。
そこには、個性もこだわりも見えやしない・・・。

『キミ、本当にジーパン好きなのか?。
 それとも、周囲に自慢するためにそのジーパン履いてんのか?。』

   ・・・って、訊いてやりたくなる!。


さらに、ビンテージの良さもわからないのに、
自慢するためにビンテージジーンズを求める、
【高価格の品 崇拝】の、
【ブランド愛好家的行動】にも、辟易する!。

・・・そんなヤツ、いるのかよ? ・・って、思ったんだけど、
アメリカ古着を扱ってる店をやってる友人や先輩、過去に世話になった知人の古着屋のオーナーさん、また直接は知り合いではないが、友人の “友人や知人” の店やってる人からのまた聞きの話なんかでよく聞くのだ。
・・・話によると、店に入ってくるなり、
『この店には、ビンテージありますか?。』 ・・って訊く
らしいのだ。
本当に好きなら、見ればわかるハズなのに・・・。



そういう風潮に違和感を感じるから、80年代から90年代のアメリカ製のジーパンを、主に履いているのではない。

501で言えば、80年代中期以降のモノは、
ちょうど自分の体形や着方に必要な股上の深さがあって、
かつ、膝下が広すぎず狭すぎない細身のストレートがジャストフィットのハワイアンシャツと合うからである
(但し、この頃のモノは、L38以上の長いレングスのものを裾上げして、L34くらいにする方が自分にあっていると思うし、好きなので、そうしてる。) 。

また、ワーク系のウェアに合わせる場合は、66モデル以前ならば、
深い股上があって、膝から裾までは太めのラインを出すからだ。

・・ってな具合に、本当にジーンズが好きな人は、自分なりの意見を持っていると思うのだ。


今どきのアメカジ好きは、どいつもこいつも・・・とは言わないまでも、
あんまり自分の意見がないように見えるのだ。




         にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
        
            


2019.12/31 Tue 18:36|服飾 (主にアメカジ)||トラックバック(0)TOP↑
少し古い HANCO (M.Handelsman Co) のスウェットパーカーである。
20年ほど前に古着で手に入れた。

色が変わっていて、薄いエンジに、濃いエンジのツブツブが混じってる。
リヴが柔らかめなのが気に入っている。

丈が長く、スリムなシルエットも気に入ってTる。
スウェットシャツの類は、カットが気に入るモノにはナカナカ出会えないので、
大概は身幅を詰めたりして改造しているのだが、
コイツは無改造。
ちょっとタイトだけど、なんとか着ている。

・・って事で、無理がたたったのか、寿命だったのかはわからないが、
わき部分が裂けている。
しかも、左右両方。

IMGP5607.jpg

広がる前に直しておこう。

まず、あて布を用意するのだが、普通のエンジは違い過ぎる。
縫ってしまえばほとんど見えないのだが、
60~70年代のスウェットシャツの赤の濃いエンジを “スウェットはぎれ入れ” から選ぶ
(デニムと違って、スウェットのはぎれは、30種ほどしかストックはない。) 。
かなり色が違うが、ほとんど表には出ないだろうし、これで良しとしておこう。

IMGP5604.jpg

糸は、真ん中のが近いみたい・・・。

ピッチは 3/32 くらい。

IMGP5633.jpg


手早く終了。 こんな感じ。





         にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
        
            

2019.12/28 Sat 00:19|縫製 (リペア・改造 等)||トラックバック(0)TOP↑
ニュースを読んで、ビックリした。

余った給食を持ち帰っていた教員が、弁償させられたし、減給になったらしい。

『余った』 ・・って事で、廃棄される牛乳とかパン・・だゼ!。


ゴミも少なくなるし、

無駄なバチ当たりな廃棄も減らせるし、

もらって帰れば食費も浮く。



・・・なのに、何故?。


堺市教育委員会・・・アホなのかしら?。

こんなことを、
鬼の首取ったみたいに通報するヤツも阿呆!

子どもでも、残して捨てるのがオカシイ!・・・ってわかるぜ。

そういえば、ウチの子の通う小学校でも、
時間内に食べられなかったミカンとかパンとか牛乳を廃棄させてる。

『そんなのオカシイ。』・・って言って、コッソリ持ち帰ってる子も何人か知ってる。
子どもの方が、正しいことをわかってる。



・・もうやめようゼ、こういう行き過ぎた行為は・・・。

死んだら、地獄で閻魔様から怒られて、地獄で鬼の食べ物生産させられるぞ!
(ウチの子が米粒を残したら、 『死んだら、地獄で閻魔様に、
「お前、米粒残してたから、地獄で米作り3000年!」 って刑を言い渡されるぞ。』
 ・・って言ってる。笑)。


持ち帰ってた教員がアベの友達とかだったら、
“お咎めなし” にする 根性無しばっかりの国なのにね・・・。

あ~あ、ヤダヤダ、
 弱い者ばっかり叩くこの国の風潮はよぉ・・。



   

         にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
        
            

2019.12/26 Thu 14:40|未分類 (あれこれ)||トラックバック(0)TOP↑
久しぶりの、 岩谷堂羊羹 だ。

キャラメルの箱くらいの小さいサイズが売られていたので、
『これは、ちょうどイイ!。』 ・・と、購入したのだ。

IMGP5505.jpg

カミサンと子どもを送り出した後、ほんの少しの時間の休息タイムにいただいた。

以前と変わらぬ味 (・・・だと思う。) 。

小豆の香り、風味が感じられる。
甘さはそれほどでもなく、お茶とよく合う。



  ↓これ↓ は、大きなサイズです。 価格:1512円(税込、送料別)
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

回進堂 岩谷堂羊羹 本練り
価格:1512円(税込、送料別) (2019/12/24時点)



          にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
          
             

2019.12/24 Tue 04:21|羊羹||トラックバック(0)TOP↑
※※※おことわり※※※
・本稿で言う『ジーンズ』は、デニム製衣料全般と、一般に定義されるジーンズセットアップの形を持った非デニム素材の衣料を指すこととします。
・本稿で言う『ジーパン』は、デニム製のパンツ全般と、一般に定義される
5 pocket jean (パンツ) のスタイルを持った非デニム素材のパンツを指すこととします。

(以下:本文)



いつも当ブログにて、
無意味な古い価値観を引きずっている人間を糾弾したり、
自分の所属する集団を妄信し、正当化する人間を糾弾したり・・・
・・etc・・・しているのであるが、
実は、私は 『保守』 なのである。

・・但し、
『アメカジとしては・・』の、話である。

・・と、言う訳で、以下を読んでいただきたいです。


ジーンズは、 『自由』 や 『ブルーカラー』 の象徴的な衣料だと解っていても、
ジーンズ好きな私は、ある意味、 『不自由』 な思想を持っていることは認める。
とても恥ずかしいが、認める。
その不自由な思想とは、次の通りである。


ジーンズを生んだ国アメリカは、
『他人の自由を侵す自由』 までも、権利として主張するような思想を持つ者も多いし、
そういった部分には同意できないとしても、
『多種多様なジーパン』 くらいは、認めてもよさそうなモンである。

しかし、僭越ながら 『正統派』 のアメカジ を名乗る私は、
5 pocket jean 以外を、 『ジーパン』 として認めていない
(他人が履くのは自由だし、気にも留めないが、自分は絶対に手を出さない・・・
 ということです。 また、それを履いている人たちが、そのジーンズを
  使い捨てにしない限り、批判をするつもりもありません。) 。

・・・つまり、ここ20年ほどで花開いた 【変則的なカッティングのジーパン】 や、
【変則的なデティールのジーパン】 を、全く履く気もないし、試す気すらないのである。

つまり、私は、 『ジーパン保守』 なのである。

日ごろから、口うるさいほどに 『民主主義と平和』 とか、 『自由と平等』
・・などと事あるごとに叫んでいる人間にあるまじき

『Right-wing about Jeans』 なのである。

恥ずかしながら・・・・。

IMGP5319.jpg
↑ジーパン保守である私の所有するジーンズの9割以上は、
   3大ジーンズメーカーの made in USA だった頃のモノだ
(写真のジーンズは全て USA製 だ。 Lee JAPAN のレプリカや国産レプリカジーンズはココには入れていない。
Lee が3本、Wrangler が2本写っているのだが、ジーンズ好きなら、色でどれかわかるだろう。
ちなみに、残りは全て Levi's であるが、517が1本で、残りは全て501である。) 。


親友のMなどは、 【革新】 ・・ってな人間らしく、様々な価値観にトライするし、
昨今の 【変則的なカッティングのジーパン】 や、 【変則的なデティールのジーパン】 を取り混ぜたりしているのだが、
私には、そのような柔軟性は、ない!。
恥ずかしながら・・・・。

・・・と、ここまでを読んでいただければ、私の持っている
恥かしくも不自由な思想についてわかっていただけたかと思う。
つまり、
ジーパンに関しては、
 全く融通の利かない 『保守』 なのだ。


私はこのことを、
『ジーパン保守』 とか、『ジーパンにおける右翼思想』
・・・と呼んでいる。



私はここに、告白する。
『ジーパン保守』 であることを・・・。
恥ずかしながら・・・・・。



アメカジ好きな人の何割かは、 『ジーパン保守』 ではないかと思います。




※※注1※※
昨今の 【変則的なカッティングのジーパン】 や、 【変則的なデティールのジーパン】 を
自在に履きこなしていたとしても、一時の流行として履いているだけで、
「はやらなくなったら、履かない。」 ・・と言うのであれば、
ソイツは 『ジーパンリベラル (なんだよ!ソレ!) 』 ではない!!!。
ソイツは、服飾における 『日和見主義者』 であり、
流行を追うだけのただの個性の欠片も無い、服飾における 『全体主義者』 だ!。


※※注2※※
この前提を書いておかなければ、
今後の投稿の解釈が誤解されると思い、書かせていただきました。
恥ずかしながら・・・・。
本稿に関係したジーンズについての今後の投稿は、いずれ少しづつ UP します
(連続して投稿はしません。不定期です。) 。


※※注3※※
“ジーパン保守” ではあるが、年に数回はベルボトムも履く。
・・・そういうことで、話の分からない意固地な保守ではない。
・・と、言い訳がましく書いておきます (笑) 。




         にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
        
            

2019.12/15 Sun 16:46|服飾 (主にアメカジ)||トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

DANGER MELON 

Author:DANGER MELON 
はみ出し者と言われ続けて30数年の某県△△市在住197?年生まれ自称39歳の専業主夫。

履歴:高校在学中に無認可障害者施設開所運動に関わり、高校卒業と同時に開所。以後数年間施設職員。それ以後は仕事も無くアルバイト+他で何とか食い繋ぐ。医療職を目指し齢31で進学、6年次に難癖付けられて退学。以後専業主夫。

思想:平和と民主主義を望む。足元はブーツのみ。セーターとポロシャツは着ない主義。

嫌いなモノ:差別、キノコ、弱い者イジメ。

好きなモノ:お肉、他多数。書ききれません。当ブログ内で少しづつ紹介していきます。

過去の日付の遅延投稿 ならびに 最新追記 については、カテゴリー【おしらせ】をお読み下さい。友人の皆さんへのメッセージもあります。リンクについての記述もございます。 


※限定公開記事のパスワードは、連絡が取れる方は本人にご確認下さい。

※文書および画像の無断転載、また日記的出来事のエピソードの流用を禁じます。それらを発見した時は、法的措置を取らせていただきます。

※但し、政治屋批判の画像に関しては、遠慮なくご自由にお使いください。断りも入れなくて結構です。

※エピソード流用をご希望の方は、ご連絡下さい。

※どうしても連絡が必要な方は、連絡方法をご面倒ですがお探しください(何処かにあります。)。

参加しています
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
更新通知登録

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

申し訳ありませんが、追記や広告の更新・見直しによって、過去の記事も更新されることがあります。・・が、それも通知されるかどうかは、私にはわかりません。
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR