property="og:title" content="ページタイトル" /> property="og:image" content="画像URL" /> 2023年03月はみ出し者の閾値
fc2ブログ
洋服が好きな人は、洋服のメーカーやブランド名が記されたタグや、
品質表示タグ、洗濯表示タグも好きだと思う (もしかして、私だけか?。) 。

古い時代のタグであろうと、現行品のタグであろうと、
洗濯や使用によって取れたりした場合は、
速やかにタグを付け直す。

要するに、タグが好きなのだ。
メーカーの個性を表している所も好きだし、
デザインや、文字の配置のバランスなど、楽しい見どころが満載だ
(「・・・そんな所が楽しいんだ。ふ~ん。」 ・・・と、カミサンは私に言う。) 。


だが、イギリスのマフラーや、ストールなどのタグは、
最初から、“タグを外して着用すること” を前提として、
四隅を1点だけ縫って、留めてあることも多い。
↓ こういうの ↓ とか、
RIMG1779.jpg

↓ こういうの ↓ だ。
RIMG1780.jpg
本来であれば、こういうタグは外して使うのが推奨されるんだろうけど、
もちろん、私は、タグを取らずに、そのまま使う
(ジャケットの袖にあるのとかは、外した方がいいと思うけど・・・。) 。

この場合は、使ってるうちに糸が切れて取れそうになることがある。
その時は、同じように点で糸を手縫いでかけて、元のように戻す。



タグの両端だけをミシンで縫ってある場合もある。
↓ こういうの ↓ とか、
RIMG1776.jpg

↓ こういうの ↓ だ。
RIMG1774.jpg
上の2点は、タグを縫い付ける縫製が極めて甘い。
こういうのも、“取り外して使うこと” を前提として、タグを付けているのであろう
(上のモノは、メーカー名さえ無い。宣伝する意図の欠片も無いということ?。) 。
だから、スグに解れてくる。
MURRAY BROTHERS の方は、右側のステッチを見てもらえばわかる通り、
解れたために、私がミシンで縫いなおしたモノだ。

この様に、メーカの考え方として、「タグを取り外して使用してほしい。」
・・・と、言う思いがある場合もあるが、
同じようにタブの両端だけにステッチをかけてあるメーカーでも、
タグが外れない様に、ある程度しっかりとステッチをかけてある場合もある。
↓ これ ↓ なんかがそうだ。
RIMG1778.jpg
こういう場合は、“タグを付けたまま使用すること” を、
メーカーが意図しているのだろう。



タグの全周をしっかりと縫ってあるメーカーは、
同様に、“タグを取り外さないこと” を推奨しているのだろう。
↓ こういうの ↓ とか、
RIMG1775.jpg

↓ こういうの ↓ だ。
RIMG1777.jpg
全周にステッチがかかってるモノは、タグが外れたりしないから、
安心できる。



さて、それ以外の場合である。
80年代以前のものに多いと思うのであるが、
アイロン接着糊で、タグを止めている場合。
例えば、↓ こういうの ↓ 。
RIMG1768.jpg

これって、メーカーは単に合理主義で、やってたのだろう。
確かに簡単には取れない。
でも、割と普通に使用してたら、捲れてくるものだ。
RIMG1772.jpg
洗った後、アイロンをかけて伸ばすであろうから、
その時にまた再接着されることを想定しているのだろうか・・・?。

心配なのは、取れる時は、一気に取れてしまうこと。
↓ これ ↓ なんかも、どこかで落としてなくしてしまいそうだ。
RIMG1781.jpg
カミサンは大物だから、なくしても気にしない。
これまでにも、何個もこの手のタグを紛失してきた
(そういうのはもう、やめてくれ~!。) 。

でも、私は、絶対、無くしたくはないんだよな~。

だから、時々タグをミシンで縫い付けている。
↓ これ ↓ なんか、上で紹介した全周縫ってあるメーカーのモノだが、
RIMG1773.jpg
元は、アイロン接着だったのだ。
見ておわかりの様に、ウールではなく化繊だから、
【安物には、手間をかけなくていい。】 ・・・と、いう方針なのかもしれない。
でも、化繊だからこそ、ウールより取れやすいんですけど・・・
(デッドストックで見つけた時、既にタグは取れていて、
 乾いた糊の上に載ってるだけの状態だった。 
 余談ですが、『〇〇〇くんって、ウールしかしないと思ってた。なんで買ったの?。』
 ・・・とか言われますが、色が独特で、「イイ」 ・・・と、思ったこともあるし、
 なんせ値段が100円だったから・・・。私の買い物なんてそんなモンですよ。) 。


取れそうになったタグを、

縫い直しているのは、

私だけですかね?



ほかの国のマフラーのタグについては、またの機会にでも・・・。
(書くのかよ?オッサン!。そんな投稿、誰も望んでないのでは?・・・。)






    ↓ 各種ランキングに参加しています。 ↓
     にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
     
         


2023.03/10 Fri 14:14|服飾 (主にアメカジ)コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
今年は、収入があったので、
市民税の申告を本来の期間内にしようと思った。

例年は、扶養の証明をカミサンの職場に求められてから、
市役所に行っていたのだ。

今年来た封書を開いて見ると、去年までは無かった
【マイナンバーカードのコピーを添付】
もしくは、
【マイナンバー通知書のコピーを添付】
・・・と、書かれている。

例年は、マイナンバーを書き込むところにすら、窓口で
『マイナンバーは別に入れなくてもいいですよ。』 ・・・と、
言われていたのだが・・・。

「まいったな・・・。」 ・・・と、思いつつも、通知書は紛失してしまったので、
代わりに11月頃届いた申請書をコピーしようと思い、
開封してみた。
RIMG1756.jpg
これ、申請書だけで、個人番号が入ってない・・・。

仕方がないので、
代わりに個人番号入り住民票の写しを入れておこうと思い、
近くの市役所の出張所に出向いた。

出向いたのは、2月6日だったのだが、
朝8時半前にもかかわらず、
駐車場にも入れないし、
出張所の前に、高齢者が列を作っている。

一体何事だ?。
出直して、昼過ぎに行ってみた。
やはり混んでいる・・・。

結局、次の7日の朝もそこそこ混んでおり、
昼に行ったら、
小さな出張所の中に30人くらいになっていた。
こりゃあ、感染するだろうな・・・。

私以外、全員高齢者・・・。
特に、ジーサンは、マスクから鼻が出てる割合多し・・・。
顎にマスクをかけているだけのマスクの意味ゼロのジーサンまでいる・・・。

入ってみて、混んでいる原因が分かった。
もらえるうちに・・・って、ずっと言ってる。

日中暇そうな高齢者が、
醤油とか食パンとかの景品目当てに、
怪しげな説明会に集まってるのあるじゃない?。
まるで、アレと一緒だよ・・・。


金券をバラ巻けば、
こうも簡単に民主主義のルールが瓦解しても、
誰も不満を言わないのだ・・・。

一体この為に、どれだけ税金を無駄に使ったのだろう。
毎日、ネットCMも、新聞広告も見ない日は無い・・・
(ウチにはテレビは無いが、テレビもだろうな・・・・。) 。


ほとんどの人は、マイナンバー申請で来ていたのだが、
マイナンバーの手続きは、他の窓口でもやっていた。

呼び出し番号が呼ばれ、
窓口に住民票の写しの申請書類を出して、目的を告げると、
窓口の人から、こう言われた。

『コピーとか要らないですよ。

例年通り、そのまま郵送していただければ

大丈夫ですよ。』



・・・・何の為にここまで来たんだろう・・・。
しかも、2日間も・・・。
こんなことなら、電話で確認するべきであった・・・。


しかし、カミサンの確定申告の代理で行かねばならない為、
カミサンの住民票の写しだけはもらってきた。

利権を得た企業からの献金を目当てに利権をバラまき、
政治ごっこをやっている悪徳政治屋の皆さん、

私は、税金の無駄遣いには反対です。
任意だと法律で定められているカード取得を、
国会を通すこともなく、事実上の強制にするのは、
民主主義をないがしろにしていると思います。
よって、最後の1人になるまで申請はしません!。


税金は、本当に困っている人の為に使うべきです。





   ↓ 各種ランキングに参加しています。 ↓
    にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
    
        


2023.03/01 Wed 16:40|差別・人権・民主主義||トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

DANGER MELON 

Author:DANGER MELON 
はみ出し者と言われ続けて30数年の某県△△市在住197?年生まれ自称39歳の専業主夫。

履歴:高校在学中に無認可障害者施設開所運動に関わり、高校卒業と同時に開所。以後数年間施設職員。それ以後は仕事も無くアルバイト+他で何とか食い繋ぐ。医療職を目指し齢31で進学、6年次に難癖付けられて退学。以後専業主夫。

思想:平和と民主主義を望む。ブーツしか履かない主義。セーターとポロシャツは着ない主義。

嫌いなモノ:差別、キノコ、弱い者イジメ。

好きなモノ:お肉、羊羹、ドライフルーツ、アメリカのワークウェア&ワークブーツ他多数。書ききれません。当ブログ内で少しづつ紹介していきます。

過去の日付の遅延投稿 ならびに 最新追記 については、カテゴリー【おしらせ】をお読み下さい。友人の皆さんへのメッセージもあります。リンクについての記述もございます。 


※限定公開記事のパスワードは、連絡が取れる方は本人にご確認下さい。

※文書および画像の無断転載、また日記的出来事のエピソードの流用を禁じます。それらを発見した時は、法的措置を取らせていただきます。

※但し、政治屋批判の画像に関しては、遠慮なくご自由にお使いください。断りも入れなくて結構です。

※エピソード流用をご希望の方は、ご連絡下さい。

※どうしても連絡が必要な方は、連絡方法をご面倒ですがお探しください(何処かにあります。)。

参加しています
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
更新通知登録

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

申し訳ありませんが、追記や広告の更新・見直しによって、過去の記事も更新されることがあります。・・が、それも通知されるかどうかは、私にはわかりません。
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR