property="og:title" content="ページタイトル" /> property="og:image" content="画像URL" /> Sさんの死 (恵まれた人には、わかんねーんだろうなー。)はみ出し者の閾値
fc2ブログ
※最後の部分で、口が悪いことをあらかじめお詫びします。※

若い頃一緒に無認可施設をやっていたMちゃん (・・・とは言っても、私より一回り以上年上なのだが・・・。) からの年賀状に、
『昨年はSさんの死など・・・』 
・・と、書いてあったので、ビックリして年賀状に 『近々、TELします。』 ・・・って、書いておいた。
その年賀状が付いた後、正月気分も抜けた頃を見計らって、電話をし、事情を尋ねようと思っていたのであるが、なんだかゴタゴタ続きで電話をする時間など取れなかった。すると、先日Mちゃんの方から気を効かせて電話があった (17日の事だ。前回までの投稿にあるY子の電話の2時間ほど前にかかってきたのだ。) 。



Sさんは、私より一回りと少し年上で、私が20歳の時に、30代半ばだった。
有名国立大学を卒業後、バブルの真っ最中であったが、それでもSさんには就職先は無かったようで、Sさんは色々な団体の事務的な専従者などをパートでやってきた・・・って話であった。
タメ口をたたく私にも、にこやかに付き合ってくれたSさんだったが、時々 『当事者じゃないとワカランよ。』 ・・と、言ったものであった。

Sさんは、外見的なハンデが大きかった。
体は人一倍小さいし、体力が必要な仕事は、アルバイトすら雇ってもらえないのは誰にでもわかる。
詳しくは書かないが、他にもイロイロとハンデは大きかった。

しかしながら、Sさんは、施設運営の資金集めの1つである廃品回収も一生懸命にやっていたし、施設に通って来ている なかま達 にも人として対等に接していた (私たちの作業所では当たり前に求められることだった。) し、何よりも指導員として 『今、この人にどんなことを言うのが効果的なのか?。』 ・・がわかる人であった (これがわかる人は、ほとんどいないのだ。) 。
それに加え、対象となる人に私が言った “声掛け” の効果を十分に大きなものにできる、フォローの声掛けがとても優れていた (←これ、できる人もすごく少ない。 せっかくの声掛けを台無しにする一言を言っちゃう人って、多いのだ。) 。

だから、若い頃の私は、Sさんを呼び捨てにしてタメ口を叩いてはいたが、すごく頼りにしていた。
施設職員を辞めてから、誰かに 『また作業所やらないの?。』 ・・と尋ねられる度に、私は 『やるとすれば、一緒にやる奴が肝心だな。どうしても必要な人材が揃えばやってもいいけど、そこらへんの奴とじゃダメだな・・。』 ・・と言っていたものだった。
・・・・・ 『どうしても必要な人材』 それは、もちろん、Sさんの事だ。

私たちがみんなで作り上げた施設は、私が去った後に数々のトラブルがあったようで、詳しくは知らないが、草創期のメンバーは全員辞めさせられたらしい。
10数年前、真っ先にそのターゲットになったのは、私と共に施設の旗揚げに参加した私の元上司だったらしいのだが、この元上司の息のかかった人間を排除することが、現在施設を動かしている人たちの望む所だったらしい。
そして、元上司が辞めさせられてから2年とたたずに、元上司の退職の件も “素知らぬ顔” を決め込んでいたSさんを始めとする面々も退職に追い込まれたらしい。

しかし、歳のせいだけでなく、Sさんに再就職があるはずなどない!。
Sさんより一回り以上若い私が、再就職ができなかったのだ。
まして、外観も先だって書いたように、大きなハンデがある。

Sさんを取り巻いていた人たちとも距離を置き、兄が借りた部屋でつつましやかに遺産で生活をしていたらしい。
偶々、Mちゃんとバッタリ出会って、口を濁しながら、近況を伝えたのが一昨年だったらしい。
その時に、 『困ったことがあったら、いつでも電話してね。』 と、言って渡したMちゃんの連絡先に電話をかけてきたのが、去年の盆過ぎだったらしい。 その時はすでに、 【立っているのもやっと】 の状態だったらしい。
すぐに検査入院して、少し元気になったらしいが、9月の上旬に亡くなったらしい。

親族が亡骸を引き取ったようだが、葬儀の告知も無く、死因その他も全く分からないままであったそうだ (昨今は尋ねても、 [守秘義務] とやらで教えてもらえないからね・・・。それくらい教えてもよさそうなもんだが・・、Mちゃんは、入院時の保証人であったにもかかわらず、死因はおろか親族の連絡先も教えてもらえなかったらしい。) 。

私もSさんにひとこと言いたかった。
『Sさんのこと、デキる指導員として、信用してるゼ。』 ・・・と。




・・・・そして、

オレは凄く怒っている。


まず、Sさんの職を奪った奴らに・・・だ。
あのSさんが、もう一度仕事に就けるとでも思っていたのか?。
オレの元上司もだ。彼女は仕事にありついていない。
そして、この2人が心にどれだけの傷を負ったのかわからないのか?。


また、Sさんには、友人が大勢いたはずなのであるが、オレは・・・
Sさんの取り巻きだった奴らにも、怒っている。
Sさんが距離を置くと言うことは、Sさんが再就職しないのをSさんのせいにしたのではないか?。
オレに沢山の人が言った様に、
『探す努力をしていない。』  とか、
『選ばなければ、仕事なんていくらでもある。』  とか (←選ぶのは会社側であることすらわからないらしい・・。) 、
『社会のせいにして、甘えてる。』  とか (←本当に社会のせいじゃねーかよ。)
言ったんじゃないのか?。


まっ、恵まれた奴らには、わかんねーんだろうなー。

※ ↓ 一応書いておく ↓ 。※
オレは、Sさんよりずっと恵まれていることは、十分にわかっているつもりだ。




にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村

関連記事

2015.01/20 Tue 23:52|未分類 (あれこれ)||トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
プロフィール

DANGER MELON 

Author:DANGER MELON 
はみ出し者と言われ続けて30数年の某県△△市在住197?年生まれ自称39歳の専業主夫。

履歴:高校在学中に無認可障害者施設開所運動に関わり、高校卒業と同時に開所。以後数年間施設職員。それ以後は仕事も無くアルバイト+他で何とか食い繋ぐ。医療職を目指し齢31で進学、6年次に難癖付けられて退学。以後専業主夫。

思想:平和と民主主義を望む。ブーツしか履かない主義。セーターとポロシャツは着ない主義。

嫌いなモノ:差別、キノコ、弱い者イジメ。

好きなモノ:お肉、羊羹、ドライフルーツ、アメリカのワークウェア&ワークブーツ他多数。書ききれません。当ブログ内で少しづつ紹介していきます。

過去の日付の遅延投稿 ならびに 最新追記 については、カテゴリー【おしらせ】をお読み下さい。友人の皆さんへのメッセージもあります。リンクについての記述もございます。 


※限定公開記事のパスワードは、連絡が取れる方は本人にご確認下さい。

※文書および画像の無断転載、また日記的出来事のエピソードの流用を禁じます。それらを発見した時は、法的措置を取らせていただきます。

※但し、政治屋批判の画像に関しては、遠慮なくご自由にお使いください。断りも入れなくて結構です。

※エピソード流用をご希望の方は、ご連絡下さい。

※どうしても連絡が必要な方は、連絡方法をご面倒ですがお探しください(何処かにあります。)。

参加しています
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
更新通知登録

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

申し訳ありませんが、追記や広告の更新・見直しによって、過去の記事も更新されることがあります。・・が、それも通知されるかどうかは、私にはわかりません。
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR