property="og:title" content="ページタイトル" /> property="og:image" content="画像URL" /> タカリ その1はみ出し者の閾値
FC2ブログ
□○さんは、私の先輩で、朴訥なイイ人だ。誰かを攻撃するような事も無ければ、 『人のイイ所を見よう』 と言う思いで、毎日を生きているのが、誰の目にもわかる人である。

そんな□○さんなので、小さな会社内で仕事を過剰に押し付けられているらしく、夜中まで休日もほとんどなく働いていた。
そのことを私が指摘しても、『いやいや、俺は会社じゃ一番の古株だから、こんなもんだよ。』 ・・と言って毎回誤魔化されていた。
10年以上もこの状態で、年に2回くらい私が指摘するたびに誤魔化してきたのも、ここへ来て色々なことが重なったこともあり、どうやら限界が来たようで、やっと素直に話してくれることとなった。
私は、労働組合運動を指導してきた人に相談することを提案し、□○さんもそのようにすることに同意してくれた。
その結果、社長が配慮してくれたようで、ある程度解決に向かったようであったが、仕事の押しつけが特に多い人物には、これ以上のことがあったら、私が直接出向いて脅しをかけてやろうと思っている (去年は友人のパワハラ相談で、頭のイイ人材が揃っていたのに、結局友人が損をさせられてしまった。 『私が出て行けば、あそこで言いくるめられることなど無かったのに・・・・』 ・・と、思った。二度とあんなヘマはしない。反対されても出ていけばよかったのだ!。) 。

・・・で、その件がある程度の方向性が見え、やっと少し□○さんの心も落ち着いたと思われたので、私は次の話をすることにした。

それは、Y子のことだ。

Y子は、10年ほど前に私が□○さんに友人として紹介したのだ。
当時、Y子もうつ病から立ち直ったばかりで、過去の性格の悪さも消えたようであったし、過去の事もある程度反省はできていると思ったので、迂闊にも2人が似たような年齢の独身者であったこともあり□○さんに紹介してしまったのだ (つまり、今回の “タカリ” の件の元凶は、私のこの紹介にあるのだ。) 。


Y子と私は20年ほど前に友人たちの中で知り合い、時々電話で呼び出されては、茶を飲んで話をしたりしたものであった。
私がアルバイト生活になった時が、一番よく会っていたのである。最初は普通の友達だったのであるが、16年ほど前にバイト先の社長の息子とY子と私でスキーに行った時、社長の息子とY子とが 【私を県外のスキー場に置いて行くこと】 を公言し、一日中ずっと脅されたりしたことがあり、私はその後Y子に痛烈に 『二度とあんなことをするな。次にしたら絶対に許さん。』 と、批判した・・・といったこともあった。
その日以来、調子に乗ったのか、その時の私の批判などものともせずに、その後は電話がかかってくるたびに、 『バイトで遊んで暮らしてる。』 『働く気が無い。怠けてる。』 『危機感が足りない。』 ・・・などと、何度も言われるようになった。 
そして更には、私を通して知り合った私の友人たちを集めて、私が 『働く気が無い。怠けてる。』 などと炊きつけて、当時付き合っていた彼女 (今のカミサン) を呼び出して、炊きつけられた友人たちと共に、『 「別れる」 ・・って脅すか、何とかして働くようにしむけろ。できないなら、本当に別れなさい。』 ・・と、言ったりした 
(余談であるが、今でも私の主夫生活に異を唱えて、文句をつけてくる人物の何人かは、この時Y子に炊きつけられた奴だったりする・・・。 Y子も含め、奴らは当時の私が、バイトに明け暮れて時間が取れなかったり、万年金欠でつつましい生活をしつつ密かに学費を貯めていたりしたために、 【飲み会】を断っていたことが気に入らなかったに過ぎないのだが・・。 ) 。

・・・と、そんなであったので、私はY子とは距離を置いていたのである (その後、私は日本海側を離れ、今の△△市に転居したこともあって・・だ。) が、Y子も色々と辛いことが重なったらしく、12~3年前くらいから何度も私に電話で相談をしてきていたりして、私もイヤイヤ話の聞き役になっていたのである (何をアドバイスしても、子どもじみた思考内容のままであり、私もただただ、 「ウン、ウン」 と言って聞くだけしかできなかった。) 。 そして、・・・そのうちにY子はうつ病になったのである。

ほどなくして、そこから回復し、 『私、心を入れ替えて生きようと思っている。誰か、やさしい人紹介して。』 ・・と、私に頼んできたのである。そこで□○さんを紹介したのが、ちょうど10年ほど前である。



その□○さんが、 『Y子にタカられているのではないか』 ・・と、思ったのは、実は昨年の6月である。 

  つづく・・・






にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村

関連記事

2015.01/10 Sat 01:32|未分類 (あれこれ)||トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
プロフィール

DANGER MELON 

Author:DANGER MELON 
はみ出し者と言われ続けて30数年の某県△△市在住197?年生まれ自称39歳の専業主夫。

履歴:高校在学中に無認可障害者施設開所運動に関わり、高校卒業と同時に開所。以後数年間施設職員。それ以後は仕事も無くアルバイト+他で何とか食い繋ぐ。医療職を目指し齢31で進学、6年次に難癖付けられて退学。以後専業主夫。

思想:平和と民主主義を望む。足元はブーツのみ。セーターは着ない主義。

嫌いなモノ:差別、キノコ、弱い者イジメ。

好きなモノ:多数。書ききれません。当ブログ内で少しづつ紹介していきます。

過去の日付の遅延投稿 ならびに 最新追記 については、カテゴリー【おしらせ】をお読み下さい。友人の皆さんへのメッセージもあります。リンクについての記述もございます。 


※限定公開記事のパスワードは、連絡が取れる方は本人にご確認下さい。
※文書および画像の無断転載、また日記的出来事のエピソードの流用を禁じます。それらを発見した時は、法的措置を取らせていただきます。
※但し、政治屋批判の画像に関しては、遠慮なくご自由にお使いください。断りも入れなくて結構です。
※エピソード流用をご希望の方は、ご連絡下さい。
※どうしても連絡が必要な方は、連絡方法をご面倒ですがお探しください。

※月別・カテゴリー別・記事検索結果は、古→新と表示されますので、最下部のOLDをクリックしても、新しい記事になります。

参加しています
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセス
閲覧中
現在の閲覧者数:
リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR