property="og:title" content="ページタイトル" /> property="og:image" content="画像URL" /> 社会に出る第1歩はみ出し者の閾値
FC2ブログ
子どもが幼稚園に行くようになった。

初めての登園日は、何が何だかわからないまま 【ポカーン】 とした顔で、私と別れた。

次の日からは、ずーっと 【離れられない】 時間が続く 。
30分くらいしたら、他の子の様子も見て、シブシブ納得してくれるのだが、例のPTAの委員の事で 【私が幼稚園の建物内にいる】ことで、なんとか納得しているようだ。

PTAの役員の集まりの合間にコッソリ見ていると、園での時間を退屈そうに過ごしている。何をしていいかわからなさそうに、ぼーっとしたり (教諭に声をかけられて、一緒に連れていかれているのに、 【心 此処に在らず】 ・・ってな感じ。) 、三輪車に乗って3mくらいの間を行ったり来たりしている。
朝は、毎日のように車の中で、だんまり・不機嫌そうだ。会話もなく、こちらからの問いかけにも反応しない (反応が少ないのは、いつもなのだが・・・。) 。

これも、人間社会で生きていくための、集団生活への第1歩、 “社会化” の1つ なのだ。
『おーちえん、いくなん (「なん」は、「NO」の意) 。』 と言う子どもに説明をする。
聴いているのか?いないのか? (他人の話をきいていなさそうなのは、いつものことなのだが・・。) ・・・最後には、私の 『すぐにお迎えの時間が来るよ。』 という言葉に、シブシブ従う。

・・そう、あっと言う間なのだ。
幼稚園に入ったばかりの年少児、保育時間は、まだまだほんのわずか。
幼稚園に入るのに30分もかかっていれば、私も帰っている暇なんてない。片道40分を帰ると、何もできないまま戻ってこなければならない。
週に1度は、11時に終わるのだが、その日は絶対に家に帰れない。

帰れないのは、それだけではない。
PTAの役員の集まりがあるのだ。
ウチのクラスの委員さんはおとなしく真面目そうな方ばかり。
私は、卑怯な “だんまり” で、難を逃れる気などサラサラなかったのであるが、カミサンによってまるで卑怯者であるかのような印象を付けられて、更には 【カミサンの勧めで、シブシブ役員になった】 かのような印象も付けられてしまったが、その方たちに負担を押し付ける気は無い。クラスの代表者になって、とりあえずは、他の親御さん達へのお知らせなど、私がやれることはやるようにした。
しかし、 ≪PTAの役員の集まりをこんなに頻繁にしなければならないかは、疑問だ!。≫ ・・ってくらいに、集まりがあるのだ。

しばらくの間、専業主夫で何処へも行っていなかった私にとっても、集団生活への第1歩、 “社会化” なんだよなぁ~。

集団行動は、したくはないんだけど・・・・。



にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ なんちゃって主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ
にほんブログ村

関連記事

2015.05/22 Fri 04:59|子どもと共に歩む||トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
プロフィール

DANGER MELON 

Author:DANGER MELON 
はみ出し者と言われ続けて30数年の某県△△市在住197?年生まれ自称39歳の専業主夫。

履歴:高校在学中に無認可障害者施設開所運動に関わり、高校卒業と同時に開所。以後数年間施設職員。それ以後は仕事も無くアルバイト+他で何とか食い繋ぐ。医療職を目指し齢31で進学、6年次に難癖付けられて退学。以後専業主夫。

思想:平和と民主主義を望む。足元はブーツのみ。セーターは着ない主義。

嫌いなモノ:差別、キノコ、弱い者イジメ。

好きなモノ:多数。書ききれません。当ブログ内で少しづつ紹介していきます。

過去の日付の遅延投稿 ならびに 最新追記 については、カテゴリー【おしらせ】をお読み下さい。友人の皆さんへのメッセージもあります。リンクについての記述もございます。 


※限定公開記事のパスワードは、連絡が取れる方は本人にご確認下さい。
※文書および画像の無断転載、また日記的出来事のエピソードの流用を禁じます。それらを発見した時は、法的措置を取らせていただきます。
※但し、政治屋批判の画像に関しては、遠慮なくご自由にお使いください。断りも入れなくて結構です。
※エピソード流用をご希望の方は、ご連絡下さい。
※どうしても連絡が必要な方は、連絡方法をご面倒ですがお探しください。

※月別・カテゴリー別・記事検索結果は、古→新と表示されますので、最下部のOLDをクリックしても、新しい記事になります。

参加しています
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセス
閲覧中
現在の閲覧者数:
リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR