property="og:title" content="ページタイトル" /> property="og:image" content="画像URL" /> DUBBLE WORKS Lot不明 バックポケットの穴あき リペアはみ出し者の閾値
fc2ブログ

誕生したばかりの頃のダブルワークスのジーンズだ。

私は、加工モノは基本的に買わないのだが、
その理由は、加工賃が上乗せされているからでもあるし、加工によって本来の寿命が短くなっているからもある。
また、環境負荷や、色落ちの不自然さなども理由に挙げられるのだが、
2000年をこえた頃からの各メーカーの加工は、まるで本物の古着のようだ。
このジーンズも、初めて見せてもらった時 (かなり前だ。) は、ビックリするような加工であった。

加工モノを買わない私は、このジーンズの持ち主ではない。
友人K のジーンズだ。
・・とは言え、友人Kも、
「ノンウォッシュから糊落としをして履き込む or 古着を履く」
・・しかしない男なので、ほとんど履いていないらしい。

たまーに (2年に1回・・って言ってた。そんなに履かないのなら、買うなよ!。) 、
履いていたらしいのだが、ポケットの加工スレの横糸が切れてしまったので、
『直してほしい。』 との依頼であった。

wwhpbefore.jpg
『自分のジーパンも直していないのが山積みなのに、
       人のジーパンなんて直してらんねーよ!。』
・・と言う私に、
『いつでもいいからさ。頼む。』
・・・と言う、友人K。
とりあえず、K が提示した金額 2000円 で引き受けることにした
(久々の “作業による” 現金収入である。) 。


古着の場合でもそうなのだが、
横糸が切れてしまったら、リペアはデニムの貼り付けになる。

まずは、ポケット部分なのでミシンをかけられるように開いておく。
IMGP1653.jpg

そして、切れた横糸を切り落とす。 
IMGP1654.jpg

古着デニムの切れ端の在庫から、よく似た色を探す。
IMGP1655.jpg
切れ端在庫は、段ボール箱12個もあるので、少しでも減らしたい所なのだが、
この程度じゃ全然減らない (笑) 。
減らすために、久しぶりにパッチワーク生地を作ろうかとも思ってる
(パッチワーク生地で、服やカバンを作るのである。かなりメンドクサイけど・・。)。

501の赤ミミ最終期の切れ端在庫の1つが、よく似た色かな・・。切って当ててみた所。
IMGP1656.jpg

繋ぐためのミシン糸は、#50 にしようか、#60 にしようかとも思ったのだが、
『丈夫なのにしてくれ。』 ・・とのKからの依頼であったので、#30 を使うことにした。
自分のジーンズで、同様の修理の時は、やはり丈夫にしたいため#30 を使ってる。
IMGP1663.jpg
切れ端と穴を繋げてしまったら、元通りにポケットを縫製して完成。
ポケットの縫製糸は、少し色が違うが、 #30 のコアヤーン糸を使用した。

いくら同じような色のデニムを使っても、繋げるミシン糸が太いと目立つ。
IMGP4468-3.jpg

まあ、強度の為だ、仕方がない。

Kに納品すると、
『いいね!。サンキュー。来年の夏に履くわ。
   ・・んで、これからは年に1回は履くことにすっかな・・。』 ・・だと・・。





          にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
         
             

関連記事

2018.12/07 Fri 09:44|縫製 (リペア・改造 等)||トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
プロフィール

DANGER MELON 

Author:DANGER MELON 
はみ出し者と言われ続けて30数年の某県△△市在住197?年生まれ自称39歳の専業主夫。

履歴:高校在学中に無認可障害者施設開所運動に関わり、高校卒業と同時に開所。以後数年間施設職員。それ以後は仕事も無くアルバイト+他で何とか食い繋ぐ。医療職を目指し齢31で進学、6年次に難癖付けられて退学。以後専業主夫。

思想:平和と民主主義を望む。ブーツしか履かない主義。セーターとポロシャツは着ない主義。

嫌いなモノ:差別、キノコ、弱い者イジメ。

好きなモノ:お肉、羊羹、ドライフルーツ、アメリカのワークウェア&ワークブーツ他多数。書ききれません。当ブログ内で少しづつ紹介していきます。

過去の日付の遅延投稿 ならびに 最新追記 については、カテゴリー【おしらせ】をお読み下さい。友人の皆さんへのメッセージもあります。リンクについての記述もございます。 


※限定公開記事のパスワードは、連絡が取れる方は本人にご確認下さい。

※文書および画像の無断転載、また日記的出来事のエピソードの流用を禁じます。それらを発見した時は、法的措置を取らせていただきます。

※但し、政治屋批判の画像に関しては、遠慮なくご自由にお使いください。断りも入れなくて結構です。

※エピソード流用をご希望の方は、ご連絡下さい。

※どうしても連絡が必要な方は、連絡方法をご面倒ですがお探しください(何処かにあります。)。

参加しています
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
更新通知登録

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

申し訳ありませんが、追記や広告の更新・見直しによって、過去の記事も更新されることがあります。・・が、それも通知されるかどうかは、私にはわかりません。
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR