property="og:title" content="ページタイトル" /> property="og:image" content="画像URL" /> スウェットシャツ 肘の擦れ穴補修はみ出し者の閾値
FC2ブログ
80年代後期の FRUIT OF THE LOOM のスウェットシャツだ。
ちょうどUSA生産の最後期になるのだろう。
90年代中期ごろからは、生地だけがアメリカで縫製は別の国になってる
(北米貿易協定のせいで、いったいどれだけのアメリカのブルーカラーが職場を追われたんだろうか・・・。 ・・ってな訳で、私は、これ以降のアメリカの服がどうも好きにはなれないのだ。) 。


コイツは新品を1990年に買って、それ以来 着ていたものだ。

私の好きな、吊り編みの柔らかなリヴのモノではないので、
耐久性はあるのだが、さすがに28年も経つと、少しづつダメージが出てきてる。

左の肘が、擦れて穴が開いてる。
IMGP3548.jpg

同じような色の生地は、この (右) 60年代スウェットシャツの端切れしかない。
IMGP3551.jpg
今回直すスウェットシャツ (左) と比べると、若干色が違う。

やり方は簡単。
裏から、当て布して、ミシンで縫うだけ。
・・・但し、袖なので、ミシンが入らないので、一苦労・・。

まっ、こんな感じ。
IMGP3554.jpg
ちょっと色が違うけど、目立たない。 どうせなら、全然違う色でもよかったかもね。


△△市も、ようやく寒くなってきたので、スウェットシャツとか、ウールシャツを出してきてる。
ウールシャツの修理待ちが12枚、スウェットシャツが7枚・・・

・・カミサンには、 『できるだけ早くなおしてね。』 ・・って言われるけど、
ウチのことやら、子どものことやら・・・で、手一杯。

おまけに、ミシンのある部屋は、洗濯物を部屋干ししてる。

前途多難・・・。






          にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
         
             

関連記事

2019.01/16 Wed 17:53|縫製 (リペア・改造 等)||トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
プロフィール

DANGER MELON 

Author:DANGER MELON 
はみ出し者と言われ続けて30数年の某県△△市在住197?年生まれ自称39歳の専業主夫。

履歴:高校在学中に無認可障害者施設開所運動に関わり、高校卒業と同時に開所。以後数年間施設職員。それ以後は仕事も無くアルバイト+他で何とか食い繋ぐ。医療職を目指し齢31で進学、6年次に難癖付けられて退学。以後専業主夫。

思想:平和と民主主義を望む。足元はブーツのみ。セーターは着ない主義。

嫌いなモノ:差別、キノコ、弱い者イジメ。

好きなモノ:多数。書ききれません。当ブログ内で少しづつ紹介していきます。

過去の日付の遅延投稿 ならびに 最新追記 については、カテゴリー【おしらせ】をお読み下さい。友人の皆さんへのメッセージもあります。リンクについての記述もございます。 


※限定公開記事のパスワードは、連絡が取れる方は本人にご確認下さい。
※文書および画像の無断転載、また日記的出来事のエピソードの流用を禁じます。それらを発見した時は、法的措置を取らせていただきます。
※但し、政治屋批判の画像に関しては、遠慮なくご自由にお使いください。断りも入れなくて結構です。
※エピソード流用をご希望の方は、ご連絡下さい。
※どうしても連絡が必要な方は、連絡方法をご面倒ですがお探しください。

※月別・カテゴリー別・記事検索結果は、古→新と表示されますので、最下部のOLDをクリックしても、新しい記事になります。

参加しています
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセス
閲覧中
現在の閲覧者数:
リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR