property="og:title" content="ページタイトル" /> property="og:image" content="画像URL" /> バックルが当たる部分の擦れ 綿糸による手縫いリペアはみ出し者の閾値
FC2ブログ
バックルが当たって、この部分が擦れるのは、『私だけ?。』 ・・と、
長年にわたり思っていたのだが、他の方のブログにあったジーパンも、
その部分がダメージを負っていた。

ここの擦れは、悩む所だ。
他の擦れる部分がしっかりと色落ちするほど履いていないにもかかわらず、
ここだけに、早い色落ちができ、ダメージを受けるからだ。

写真は、2020年4月2日の投稿 【ジーパン保守のオレでも、昨今のジーパンについてエラそうなことを語るヤツラの、凝り固まった裾上げの価値観には辟易する】 で書いた、 SUGER CANE である。
IMGP6338.jpg
変わった丈にしたため、毎日のようにメインで履くことも無いので、
あまり色は落ちていない。
にもかかわらず、ベルトのバックルが当たる部分は、
擦れて白くなって、破れている。


ココの修理で困るのは、糸の色である。

毎回、所謂たたきリペアをするのであるが、
今後の色落ちを考えると、薄めの色の糸をチョイスせねばならない。
・・・となると、どうしても目立ってしまう。

かといって、濃い色の糸を使うと、今後履き込んだ時に、
ここだけ色が濃い糸が残って、目立ってしまう。

・・・というわけで、毎回、履き込んで目立ってきたら、
再度薄い色の糸で修理しなおしていた。


だが、今回は、破れの少ないうちに、手縫いで修理することとし、
使用する糸も、色落ちが見込まれる綿糸にすることにした。
IMGP6343.jpg
使用したのは、#20の綿糸。

この修理箇所が、今後、どのように変化するのか、
しばらく見ていこうと思う (当ブログで報告します。) 。




         にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
        
            

関連記事

2020.05/27 Wed 16:40|縫製 (リペア・改造 等)||トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
プロフィール

DANGER MELON 

Author:DANGER MELON 
はみ出し者と言われ続けて30数年の某県△△市在住197?年生まれ自称39歳の専業主夫。

履歴:高校在学中に無認可障害者施設開所運動に関わり、高校卒業と同時に開所。以後数年間施設職員。それ以後は仕事も無くアルバイト+他で何とか食い繋ぐ。医療職を目指し齢31で進学、6年次に難癖付けられて退学。以後専業主夫。

思想:平和と民主主義を望む。足元はブーツのみ。セーターは着ない主義。

嫌いなモノ:差別、キノコ、弱い者イジメ。

好きなモノ:多数。書ききれません。当ブログ内で少しづつ紹介していきます。

過去の日付の遅延投稿 ならびに 最新追記 については、カテゴリー【おしらせ】をお読み下さい。友人の皆さんへのメッセージもあります。リンクについての記述もございます。 


※限定公開記事のパスワードは、連絡が取れる方は本人にご確認下さい。
※文書および画像の無断転載、また日記的出来事のエピソードの流用を禁じます。それらを発見した時は、法的措置を取らせていただきます。
※但し、政治屋批判の画像に関しては、遠慮なくご自由にお使いください。断りも入れなくて結構です。
※エピソード流用をご希望の方は、ご連絡下さい。
※どうしても連絡が必要な方は、連絡方法をご面倒ですがお探しください。

※月別・カテゴリー別・記事検索結果は、古→新と表示されますので、最下部のOLDをクリックしても、新しい記事になります。

参加しています
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
アクセス
閲覧中
現在の閲覧者数:
リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR