property="og:title" content="ページタイトル" /> property="og:image" content="画像URL" /> SALTY DOG (大石貿易) 改はみ出し者の閾値
fc2ブログ
去年の8月のこと。
クビになったガッコに在学中に、他科の学生だった 若い友人 H から、
電話があった。
(学生時代は、現役生より歳もとってたし、「学内で知らない人はいない。」
・・って、言われていたり、他科の学生に相談を受けていたりしたので、
はみ出し者の私でも、少しは他科にも友人ができた。
学生相手に、ジーパンの修理屋もしてたし・・・。)

電話での会話。 
 【以下:オ=私、H=H氏】
H : 『ソルティドッグって知ってる?。』
オ : 『飲んだこと無いけど、グラスに塩ついてるヤツだろ?。』
H : 『酒じゃなくて、ジーパン、ジーパン。』
オ : 『えっ?、知らんなぁ。』
H : 『大石貿易、ビッグストーンって、・・・』
オ : 『大石貿易は知ってる。レプリカ全盛の時に、復刻 出してたわ。』
H : 『もらってよ。尾錠付きのモデル。丈も足りると思うけど・・・。』

・・・と、いう訳で、もらうことになった。

数日後、近隣の ◇市 の H の勤め先の近くのコンビニの駐車場で落ち合った。
ちょうど、子どもが夏休みの宿題をやらないことを、私のせいにした為、
数日間家を空けることにしたのだが、その1日目のことだ。

なんでも、数年前に、インターネット上で、
格安の値段で投げ売りされていたのを買ったのだそうだが、気に入らないらしい。
何回か洗濯はしたようで、少しだけ色が落ちているが、履き込んだアタリは皆無。
IMGP7498.jpg

私は、ボンネットの上にジーパンを広げて、Hと話す。

オ : 『いいじゃん、コレ。どこが気に入らネーの?。』
H : 『自分でもわかんないけど、例えば、リベットが打ち抜きじゃないし・・。』
オ : 『えっ、コレ、打ち抜きリヴェットだと思うけど・・。』

私は、鞄からルーペを出してリヴェットを見る。

オ : 『やっぱ、打ち抜きだよ。コレ。』
H : 『でも、デニムがはみ出してないじゃん。』
オ : 『丁寧にやれば、はみ出さネーよ。それに、でっぱりの根元が、
   ちゃんとカドが出てたり、スジ入ってたりするだろ。』
H : 『そういうスジの入った かぶせリベット じゃないの?。』
オ : 『そんなデティールをカネかけて追加するより、打ち抜きにした方が
   早ぇーよ。それに、そんなスジ入れたら、厚くなっちゃうし。』
H : 『うーん・・・。』
オ : 『ホレ、ここにデニム、はみ出してんぞ。』
IMGP7586.jpg
H : 『ホントだ。でもな~、なんとなくな~、気に入らないんだよね。』
オ : 『生地もそんなに悪くないと思うけど。今のに比べたら劣るけどね。』


オ : 『たぶん、オマエが気に入らネーのは、糸じゃネーか?。』
オ : 『このオレンジ系の茶色の糸は、ポリエステル糸だし。』

ちょうど、バックストラップの裏に糸のはみ出しがあったので、
私はHからライターを借りて炙ってみる。

オ : 『うん、やっぱり、この糸はポリエステルスパン。』
H : 『そうか~、それが気になってたのかな~?。』
オ : 『イエロー系の細い糸は、たぶん、コアヤーン糸じゃないかな?。』
H : 『そんなん、わかるの?。』
オ : 『うん。見た感じでわかるよ。それより、バックポケットの当て布の糸、
   コレ、たぶん綿糸じゃないよね。これだけは、オレも気になるね・・・。』
H : 『コアヤーンとかじゃない?。』
オ : 『コアヤーン糸ならわかる。特に濃い色のはね。』

・・・そんなこんなで、ちょっと話をして、『本当に貰ってもいいのか?。』 と、
何度も念を押したが、くれると言うので貰ってきた。


ナカナカのデティールだ。
IMGP7499.jpg
2本針シンチバック、本革レザーパッチ、コンシールリヴェット・・・。

ただひとつ、私が気になっていたのは、
バックポケットの下部の当て布を縫い付けてある糸だった。



ジーンズ好きの人には説明不要だが、興味のない人にもわかるように説明すると・・・
ポケットの下部の補強布は、
アメリカの一部のワークウェアに残っているデティールだが、
これがあった頃のジーンズは、綿糸で縫われている。
紺や黒は、特に定着が悪いので、洗いと共に色落ちするのが普通だ。

↓ 姉が子どもに履かせるために買った
ビンテージレプリカジーンズ (現:ウチの子 使用中) を例に挙げる ↓ 。
IMGP7580.jpg
だが、ポリエステル糸だと、色落ちしない。
使い込んだ時に不自然になるのだ。


今回のジーパンのこの部分のステッチは、
明らかにポリエステル糸だ!。綿糸に変えなきゃ!。

色落ちした時に不自然になるから、
この部分の糸を綿糸にしなければ、このジーパンは履けない!

ジーンズ好きな方なら、わかっていただけると思いますが、
興味のない方にとっては、どうでもいいことですね (笑) 。


暇を見つけて、作業しようと思ってきたのだが、
実際にミシン作業ができたのは、1月の中旬過ぎであった。

ミシン作業の前に、眺めていて気が付いた。
あれっ?、よく見たら、
アーキュエイトステッチもどきも入ってる!!。

IMGP7504.jpg
この黒い (濃紺か?。) 糸も、ポリエステル糸だ。
まずは、この糸を取ろう。
IMGP7506.jpg

あて布の縫製糸を、綿糸に変えるためには、まず ポケットを外す。
IMGP7510.jpg

IMGP7584.jpg

同じ色のコアヤーン糸があってよかった。
IMGP7621.jpg

できあがり。・・って、見た目はほとんど変わらないけど・・・ (笑) 。
IMGP7620.jpg

何回かしっかりとロールアップして履きたかったのだが、そこまでの長さはなく、
わずかに 20mm ほど曲げるくらいの長さだったので、
同じ色のコアヤーン糸を使って、ジャストの丈に裾上げした
(綿糸にしようかと思ったのだが、あえて他の部分に合わせた。) 。
IMGP7686.jpg


そろそろ、ダメージを気にせずに、メインで履く 次のジーパンを
調達しようと思っていたのだが、
毎度のことながらお金に余裕がなく、困っていたのだ。
H のおかげで、1本増えてよかった!。




         にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
        
            

関連記事

2021.02/05 Fri 19:57|縫製 (リペア・改造 等)コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
いや 会話がすごいです wwww
ほんとお好きなんですね ^^

やはり こだわるならここまでこだわらないと と感じました。 しかもポケットを外して 糸を変えるって 考えたことも無かったです

大事にされるんでしょうね ^^
ジーパンも本望でしょう・・・・ 僕の所に来るよりは ^^

  駐在おやじ
From: 駐在おやじ * 2021/02/06 09:39 * URL * [Edit] *  top↑
Re: 駐在おやじ 様
いつも、楽しい異国の食文化の紹介、夫婦で楽しみにしています。
今回の投稿のジーパンの改造は、ハッキリ言って、興味のない人からすれば
どうでもいいことなんですが、色が落ちた時に違いが出るので、
長期間にわたって楽しめると思います。
結局、普段着ですから、しばらくすれば破れてきたりして、
その修理にも追われるのですが・・・(笑)。
From: DANGER MELON  * 2021/02/07 02:17 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

DANGER MELON 

Author:DANGER MELON 
はみ出し者と言われ続けて30数年の某県△△市在住197?年生まれ自称39歳の専業主夫。

履歴:高校在学中に無認可障害者施設開所運動に関わり、高校卒業と同時に開所。以後数年間施設職員。それ以後は仕事も無くアルバイト+他で何とか食い繋ぐ。医療職を目指し齢31で進学、6年次に難癖付けられて退学。以後専業主夫。

思想:平和と民主主義を望む。ブーツしか履かない主義。セーターとポロシャツは着ない主義。

嫌いなモノ:差別、キノコ、弱い者イジメ。

好きなモノ:お肉、羊羹、ドライフルーツ、アメリカのワークウェア&ワークブーツ他多数。書ききれません。当ブログ内で少しづつ紹介していきます。

過去の日付の遅延投稿 ならびに 最新追記 については、カテゴリー【おしらせ】をお読み下さい。友人の皆さんへのメッセージもあります。リンクについての記述もございます。 


※限定公開記事のパスワードは、連絡が取れる方は本人にご確認下さい。

※文書および画像の無断転載、また日記的出来事のエピソードの流用を禁じます。それらを発見した時は、法的措置を取らせていただきます。

※但し、政治屋批判の画像に関しては、遠慮なくご自由にお使いください。断りも入れなくて結構です。

※エピソード流用をご希望の方は、ご連絡下さい。

※どうしても連絡が必要な方は、連絡方法をご面倒ですがお探しください(何処かにあります。)。

参加しています
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
更新通知登録

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

申し訳ありませんが、追記や広告の更新・見直しによって、過去の記事も更新されることがあります。・・が、それも通知されるかどうかは、私にはわかりません。
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR