property="og:title" content="ページタイトル" /> property="og:image" content="画像URL" /> カカ・ムラドはみ出し者の閾値
FC2ブログ
「カカ・ムラド」 とは、パシュトー語で、
「ナカムラのおじさん」 ・・と、いう意味だそうだ。

パシュトー語とは、パシュトゥーン人の使う言語であるが、
パシュトゥーン人とは、アフガン人のことで、
パキスタンの西部からアフガニスタンに住んでいる人たちだ。


中村哲さん (と、ペシャワール会のスタッフ) は、
文字通りというか、パシュトー語通りというか・・・、
現地の人と共に、地に足のついた活動をしてきた。

そして、今も、ペシャワール会の現地の事業体 PMS が、
引き続き活動している。

IMGP7753.jpg

この本、【カカ・ムラド ー ナカムラのおじさん】 (双葉社) は、
アフガニスタンで出版された2冊の絵本の日本語版に、
解説を加えたものです。
ペシャワール会のことを知らなくても、読んでいただければ、
どのような活動をしているかもわかってもらえるし、
中村哲さんが、どのような意思を持って、どのようなことをやり遂げたのかも
わかっていただけると思います。

↓ここが、死の谷と呼ばれた砂漠だったとは、信じられないでしょ?。
ガンベリの変容2019

2007年にペシャワール会のことを知った時は、すごくびっくりした。
現地で存続できる方法を模索して、水路を作る計画を実行していることが、
とても素晴らしいと思った。
お金や物や、先進国の一時の物量での工事とは、まるで違う、
本当にその地域で継続していけることをやっている
(そのあたりのことは、この絵本にはないですが、
コンクリートの水路ではなく、蛇籠による護岸を用いている。
だからこそ、現地で修繕が可能。) 。


元の2冊の絵本は、作者も違うし、画家も違うのだが、
どちらもとても良かった。
しかも、似てるし。
IMGP7754.jpg
素朴なタッチの絵もいい!。


ウチの子には、少し早いかとも思ったが、前々から中村さんの事や、
ペシャワール会のことを話してあったので、読んでくれるだろうと思って、
また、私もカミサンも欲しかった本なので、購入した。


中村哲さんは、『一隅を照らす。』 ・・という言葉が好きだったそうだ。

むやみやたらに大きなことを言って、
結局は自分の利益のことばかりになってしまう政治屋とか、
偉そうなことばかり言って、
そのクセ 弱い立場の人には目もくれない偽善者には、
この言葉の意味、わからないんだろうな・・・。

私も、地道に、目の前のできることを ひとつひとつ やっていきたい。

ペシャワール会の活動や、会員登録など・・は、
こちら → ペシャワール会

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カカ・ムラド~ナカムラのおじさん [ ガフワラ ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/2/22時点)





         にほんブログ村 ファッションブログ アメカジ系へ にほんブログ村 健康ブログ 健康オタクへ 
        
            


関連記事

2021.02/22 Mon 14:48|おもちゃ・絵本||トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
プロフィール

DANGER MELON 

Author:DANGER MELON 
はみ出し者と言われ続けて30数年の某県△△市在住197?年生まれ自称39歳の専業主夫。

履歴:高校在学中に無認可障害者施設開所運動に関わり、高校卒業と同時に開所。以後数年間施設職員。それ以後は仕事も無くアルバイト+他で何とか食い繋ぐ。医療職を目指し齢31で進学、6年次に難癖付けられて退学。以後専業主夫。

思想:平和と民主主義を望む。足元はブーツのみ。セーターとポロシャツは着ない主義。

嫌いなモノ:差別、キノコ、弱い者イジメ。

好きなモノ:お肉、他多数。書ききれません。当ブログ内で少しづつ紹介していきます。

過去の日付の遅延投稿 ならびに 最新追記 については、カテゴリー【おしらせ】をお読み下さい。友人の皆さんへのメッセージもあります。リンクについての記述もございます。 


※限定公開記事のパスワードは、連絡が取れる方は本人にご確認下さい。

※文書および画像の無断転載、また日記的出来事のエピソードの流用を禁じます。それらを発見した時は、法的措置を取らせていただきます。

※但し、政治屋批判の画像に関しては、遠慮なくご自由にお使いください。断りも入れなくて結構です。

※エピソード流用をご希望の方は、ご連絡下さい。

※どうしても連絡が必要な方は、連絡方法をご面倒ですがお探しください(何処かにあります。)。

参加しています
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
更新通知登録

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

申し訳ありませんが、追記や広告の更新・見直しによって、過去の記事も更新されることがあります。
RSSリンクの表示
最新トラックバック
QRコード
QR